向島の「志゛満ん草餅」・・・



東京都墨田区堤通の「志゛満ん草餅」(じまんくさもち)にお邪魔しました・・・

創業百十余年というこちらのお店では、手作業で粗い繊維を取り除いた房総産のよもぎを草餅に使用しているそうです。そして、こしあんには十勝産の小豆が使われているそうです・・・



こちらは、志゛満ん草餅「草かしわ」です・・・

今回は残念ながら草餅が売り切れてしまったので、こちらの草柏を買いました・・・ひと口頂いてみると・・・口の中によもぎの香りがぱあっと広がりました・・・ああ、私は今「自然の恵み」を頂いているんだなぁ・・・そう感じる事が出来る柏餅でした・・・また、柏餅の表面には、柏の葉の「葉脈」がうっすらと映し出されていて、ここにも「自然の恵み」が感じられます・・・

「これならば・・・お土産で買っていったら、人に『志゛満ん』出来るだろうなぁ・・・」

ちなみに、定休日は 水曜営業時間は 9:00〜17:00 です・・・

元祖人形焼 木村屋本店 の「人形焼」・・・



浅草・仲見世の元祖人形焼「木村屋本店」「人形焼」(あん入り)です・・・

人形焼の型は、上から時計回りに「雷様」「五重の塔」「提灯」「鳩」の4つです・・・

創業は明治元年・・・昔ながらの「浅草の味」・・・ああ、熱いお茶が一杯怖くなってきた・・・

浅草土産と、不思議な怪奇現象・・・



浅草土産と云えば・・・沢山ありすぎて、誰もが選ぶのに困ってしまうと思いますが、まぁ、誰もが思い浮かべる定番の一品と云えば・・・そう、舟和「芋ようかんとあんこ玉」・・・

創業明治35年(1902年)の舟和の芋ようかんは、原材料となるさつま芋を一本一本手で皮を剥き、添加物を一切使わずに作られているそうです。あのほくほくっとした口当たりと自然な甘みは、もう思い出しただけで熱いお茶が一杯欲しくなります・・・

綺麗で可愛らしいあんこ玉は、写真手前から「苺」「抹茶」「珈琲」「杏」 「いんげん」「小豆」だそうです・・・これだけ種類があると、食べるのに迷ってしまうなぁ・・・

ちなみに、我が家の冷蔵庫では、大事にしまっておいたあんこ玉が日に日に減ってゆくという怪奇現象が勃発しております・・・はたして、その犯人は・・・?

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM