海の食処 なむらの「イワシ漬け丼」と「海の餃子」・・・



南房総市和田町の「海の食処 なむら」にお邪魔しました・・・

住所は 南房総市和田町海発196−1、富津館山道路「富浦IC」から「館山バイパス」に合流し、館山方面に向かって約6km南下し、「北条バイパス」手前の交差点を左折して、国道128号線「外房黒潮ライン」を南三原方面に向かって約9km東に向かって進んだ右側、JR内房線「南三原」駅の西側約1kmの場所です・・・水色の建物が目印です・・・

鴨川産「カタクチイワシ」と北海道産「コンブ」で作った「ひしこ押し寿司」が有名です・・・



こちらは、海の食所 なむら「イワシ漬け丼」「海の餃子」です・・・

本来はそれぞれ「単品メニュー」なのですが、この日は一つのお盆に載せて頂きました・・・新鮮なカタクチイワシの「づけ丼」は、青じそとショウガの爽やかな香りが食欲をそそります・・・ああ、美味・・・これほどシンプルな素材で、こんなにも美味しい丼は久しぶり・・・

もちろん新鮮な素材という事もあるのでしょうが、イワシ特有の臭みは全く感じられません・・・ご主人の腕の確かさが感じられます・・・新鮮な海の幸、十分堪能しました・・・

そして、この「海の餃子」・・・肉の変わりにイワシを使った餃子です・・・その他にも、タケノコやネギ等が入っています・・・なかなか面白い風味ですね・・・ポピュラーに醤油をつけても宜しいかとは思いますが、右側のトマトベースのソースがこれまたピッタリ合うんです・・・

会計の際、奥様とおぼしき方とお話させて頂きましたが、こちらの建物で営業を始められたのは今から約五年半ほど前からだそうです・・・以前、鴨川シーワールドで頂いた「ひしこ押し寿司」は大変美味しかったです・・・と申し上げたら、素敵な笑顔を頂戴しました・・・

お米は、地元鴨川の「長狭米」を使っているそうで・・・ご飯が美味しい嬉しさよ・・・

定休日は 水曜営業時間は 11:00〜15:00 です・・・

名代亭の「おらが勝淵┘奪ス)丼」の正体は・・・?



鴨川市寺門の お食事処「名代亭」(なだいてい)にお邪魔しました・・・

住所は 鴨川市寺門148−1、内房線「安房鴨川」駅より加茂川沿いの「長狭街道」(県道34号線)を金谷・保田方面に向かって西へ約9km・・・長狭小学校よりも少し西・・・鴨川寺門郵便局のすぐ近くです・・・駐車場は、店舗脇に5台分のスペースがあります・・・

鴨川市商工会食文化研究会が提唱した「おらが丼」が頂けるお店の一つです・・・

ですが、ここの「おらが丼」には・・・『勝戞淵┘奪ス)が付きます・・・???



こちらが、名代亭「おらが勝淵┘奪ス)丼」です・・・2つの丼は重ねて運ばれて来ます・・・

長狭米を使った「海鮮ちらし丼」ですが、その日に揚がった近海の魚介類を使うので、丼に何が乗るかは、その日になってみないと分からない・・・だから『勝戮覆里世修Δ如ΑΑ

下の段には・・・ご飯の上に、脂の乗ったマグロ・・・軽く火で炙った白身の魚・・・そして厚焼き玉子と超豪華!・・・そして、長狭米の酢飯は酢が控えめでこれまた美味・・・

新鮮な海の幸・・・そして、地元長狭米のご飯って・・・夢じゃないよな?



そしてこちらが、「おらが勝淵┘奪ス)丼」の上段・・・うわぁ、魚や貝がいっぱい・・・

アジの刺身と・・・カツオの刺身・・・そして、この貝は・・・さ・・・「サザエ」っすか!?

おいおい・・・こんなにたくさんの魚介が乗って、これで「1,300円」って・・・マジ?

おらが丼の「おらが」は「我が家の」という意味だそうで、現在は商工会に加盟している48店舗のお店がそれぞれの工夫を凝らした、個性豊かな「おらが丼」を提供しているそうです・・・が、素材は長狭米を始めとした新鮮な海の幸・山の幸を使い、季節感が感じられる健康的な丼を提供し、入荷がなければ欠品も已む無し・・・と、しっかりとした姿勢を持って「おらが丼」の提供に努めているそうです・・・(上文・緑色の「おらが丼」の文字をクリックしてね・・・)

飲食・サービス業に携わる方々にも、色々なご苦労があると思います・・・が、それぞれの個性やアイディアを活かしながら、これからも頑張って頂きたいと・・・そう思います・・・

営業時間は 11:00〜19:30 定休日は 木曜(祝日の場合は変更あり) です・・・

「Oh!・・・『あなご天丼』」



こちらは、富津市の漁師料理「かなや」「大穴子天丼」です・・・けど・・・で、デカいっす!
穴子、丼からはみ出してるじゃん・・・!

館山自動車道・富津竹岡ICから国道127号線に出て、館山方面に進むか、館山自動車道・金谷ICから国道127号線に出て、今度は逆に木更津方面にしばらく進むと「かなや」があります。広い駐車場からは、天気が良い日は海の向こうに久里浜や富士山が見えます・・・

店内はとても広く、3月から11月までは、海風に吹かれながらご飯が頂けるテラス席も利用できます。今回、私は「大穴子天丼」を注文しました。

そして、私の目の前に丼が・・・って、アナゴ、はみ出てます・・・w

これ・・・どんぶりだって、けっこう大きいっすよ・・・?

では、いただきま〜っす・・・はむっ・・むぐむぐっ・・・ゴクッ・・・いやぁ・・・大きくて柔らかい、とても美味しい穴子ですね・・・タレはしょうゆ差しの器に入って運ばれて来ますので、自分の好みで量を加減して、穴子の天ぷらの上からかけて頂きます。タレは薄めの味付けです。

天ぷらの衣は柔らかめで、カラッとした衣が好きな方は好みが分かれるかもしれません・・・ご飯の量は少なめですが、穴子の大きさとのバランスを考えると、これで丁度いいかも・・・でも、さすがの私もこれだけの穴子の天ぷらは食べきれないなぁ・・・えっ! お持ち帰り用のタッパが用意されているの?・・・いゃあ・・・これはありがたいっす!

持ち帰った穴子の天ぷらは、丼に温かいご飯をよそってっと・・・本日二杯目の「穴子天丼」と相成りましたとさ・・・w

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM