鴨川市平塚の「大山千枚田」・・・その2



鴨川市平塚の「大山千枚田」にお邪魔しました・・・

房総半島のほぼ中央に位置する大山千枚田は、東京から一番近い棚田だそうです・・・

稲作の機械化や農業従事者の高齢化という問題を抱え、全国の棚田は次第に姿を消していきました・・・そこで大山千枚田では新たに「オーナー制度」を導入し、再出発を果たします・・・現在は大勢の人に農業体験の場を提供し、地域の活性化を目指しています・・・



一番上の写真を撮影した翌朝、ほぼ同じ場所から撮影した「大山千枚田」です・・・

時間が経つと、この様に「表情」が変化します・・・これが自然の魅力なのでしょうね・・・

嶺岡の麓に拡がる約4ヘクタールの傾斜地に、大小375枚の棚田を持つここ大山千枚田は、「日本の棚田百選」の一つに選ばれ・・・そして、千葉県の名勝にも指定されました・・・



ちなみに・・・この大山千枚田は、日本で唯一雨水のみで耕作を行っている・・・いわゆる「天水田」だそうで・・・その為、貴重で珍しい動植物も数多く生息しているそうです・・・

私がお邪魔した日は、あいにくの雨模様でした・・・棚田の近くの坂道を上ると、足元の土はかなりの粘土質で・・・この土が、美味しい長狭米(コシヒカリ)を支えているのかァ・・・

唯一・・・デジタル一眼カメラを自宅に置いて来てしまったのが悔やまれ・・・(・_・。)グスン  

笹川湖畔の紅葉・・・その2



紅葉の季節・・・君津市笹の「笹川湖」にお邪魔しました・・・

笹川湖は、房総スカイライン出口を右折し、鴨川方面に少し進んだ場所です・・・君津市内にある5つのダムのうち最も新しいダムで、小櫃(おびつ)川水系・笹川に位置します・・・

ダムの周辺には、整備された親水公園や渓流広場、また貸しボート屋があります・・・ブラックバス等の魚がいるので、ボートで釣りをする人の姿も見られます・・・



では・・・今日は、かたくら橋を渡ってすぐ右側にある「レンタルボート笹川」さんにお邪魔して、手漕ぎボートをお借りしましょう・・・おっと、乗り場の前もいい景色で・・・

湖の向こう岸に見えるガードレールは、道路と共に今は湖底に沈んだ場所へと続きますが、現在は通行禁止・・・道路が湖へゆるやかに入ってゆく場所があります・・・



ライフジャケットを着て、いざ漕ぎ出でぬ・・・と・・・人には告げよ、海人のつり舟・・・ちなみに、『ぬ』は完了を表す助動詞で、(・・・してしまった)・・・と訳します・・・w

それにしても・・・釣り人以外でボートに乗ってるの・・・俺たちだけみたい・・・



では・・・岩の谷や中島に向かってボートを漕いでみましょう・・・少し風があるから、漕ぐのもちょっと大変・・・でも、いい運動にはなるね・・・よっこらしょっと・・・ハァ・・・

紅葉を下から眺めるのも、風情があってなかなか素敵ではないですか・・・でも、そろそろ疲れが・・・カミさん、漕ぐの代わって〜・・・危ないから、座りながら移動・・・



先程までは曇り勝ちだったのに、次第に陽が差してきたね・・・おおっ、ゆっくりと空の青さが増してきた様な気が・・・山の上の方を飛んでいるのは、トンビかな・・・?


たまには、こんな静かな場所で・・・ゆっくりと空を見上げてみるのもいいよな・・・


笹川湖では、湖周辺で「もみじまつり」が・・・近くの亀山湖では「亀山オータムフェスティバル2010」が、それぞれ12月5日(日)まで開催されます・・・
 

房総スカイラインの紅葉・・・



こちらは、君津市の「房総スカイライン」から見た紅葉の様子です・・・

房総スカイラインは、君津市から鴨川市まで続く道路で、君津市東粟倉〜笹は「房総スカイライン有料道路」で、君津市笹〜鴨川市打墨は「鴨川有料道路」だそうです・・・

高い橋の上から少し身を乗り出して撮影している私のすぐ脇を、大型バスが通り過ぎるので、その度に橋が大きく揺れて・・・((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

業務連絡・・・「Kさん・・・笹川湖の紅葉の様子は、明日更新の予定です・・・」・・・w

鴨川市平塚の「大山千枚田」・・・その1



鴨川市平塚の「大山千枚田」にお邪魔しました・・・

嶺岡の麓に拡がる約4ヘクタールの傾斜地・・・そこには大小375枚の棚田があります・・・

房総半島のほぼ中央に位置するここ「大山千枚田」は、東京から一番近い「棚田」なのだそうです・・・昨今、稲作の機械化や農業従事者の高齢化等の問題により、棚田は次第にその姿を消していきました・・・そこで新たに「オーナー制度」を導入し、再出発した「大山千枚田」は現在、大勢の方々に農業体験の場を提供し、地域の活性化にも貢献しているそうです・・・
そしてこちらは「日本の棚田百選」の一つに選ばれ、県の名勝にも指定されたそうです・・・

またこの「大山千枚田」は、日本で唯一雨水のみで耕作を行っている天水田だそうで・・・そのため、貴重で珍しい動植物も数多く生息しているそうです・・・



こうして眺めてみると・・・丁寧に管理されているのが、とても良く分かりますね・・・

山あいを流れる風・・・すると、一斉に稲穂が揺れ・・・「緑の波」を奏でます・・・



はるか遠くから聞こえる鳥の声・・・全ての物がここにはある・・・そんな気がして・・・

古き良き、日本の原風景・・・それが手に届く所に・・・いつまでも存在する・・・

そうあって欲しいし・・・そうでなければいけないですね・・・これからも・・・

 

笹川湖畔の紅葉・・・その1



「道の駅 ふれあいパーク きみつ」 のある笹川湖」にお邪魔しました・・・

今日から12/6まで、「笹川湖畔もみじまつり」が開催されます・・・

秋の山は、これから益々その色を深めていく事でしょうね・・・

道の駅 富楽里 とみやま の「コスモス」・・・その2



今日は、館山からの帰路の途中「道の駅 富楽里(ふらり)とみやま」 にお邪魔しました・・・

「道の駅 富楽里とみやま」のすぐ前の休耕田では、ただ今「コスモス」が満開です・・・

11月3日(火・祝)までの土日祝日は、「コスモスまつり」が開催されるそうです・・・


花摘みもいいけれど・・・こんなに素敵な花畑なら、ずっと埋もれていたいなぁ・・・

千倉の「高家神社」・・・その2


南房総市千倉町南朝夷の「高家(たかべ)神社」にお邪魔しました・・・

場所は 南房総市千倉町南朝夷164、内房線「千倉」駅より南に向かって約1.5km進み、川尻川に架かる「千倉橋」の手前・白浜タクシーの前の丁字路を右折し、約600m進んだ右側にあります・・・左側には駐車場があります・・・

料理の祖神である「磐鹿六雁命」(いわかむつかりのみこと)を祀る日本唯一の神社です・・・



こちらは、平成12年10月に竣工した新しい「拝殿」です・・・萱葺きが綺麗ですね・・・



こちらは、「庖丁塚」です・・・毎月17日には「庖丁供養祭」が行なわれるそうです・・・



こちらは、参拝に訪れた方々が奉納された「絵馬」です・・・

では、ちょっと失礼して・・・絵馬に記された神様へのお願いを拝見させて頂きます・・・

料理の神様へのお願いですので、「料理が上手になりますように」「調理師になれますように」「商売繁盛」「料理上達」等の内容が多いですね・・・そしてこの中には、昨年の料理コンクールで優勝出来た事への感謝の気持ちをお伝えしに、わざわざ鹿児島から訪れた方もいらっしゃいました・・・こうした前向きな気持ちと感謝の気持ちを併せ持った方で、努力を惜しまずに精進なさったからこそ、料理コンクールで優勝なさったのでしょうね・・・納得!

なんか・・・こうして奉納された絵馬を拝見させて頂くと・・・私も頑張らねば・・・という気持ちが芽生えてきます・・・私も、来月は書道展が開催されます・・・頑張って練習しよう・・・


そして、この数多い絵馬の中で、具体的に努力目標を掲げていた方がおひとり・・・


「○○専門学校で『一生懸命勉強します』ので、成果が実り資格が取れますように・・・」


そして先日、車内で何気にラジオを聴いていたら、ある方がおっしゃるには・・・


「『強く願えば、願い事は必ず叶う!』という言葉を耳にしますが、あれは間違いです・・・
あきらめずに強く願い、そして更に努力しなければ、願い事は叶わないのです・・・」



・・・我々が生きていく上で、あきらめずに願い続けて、必死で努力しても叶わない出来事というのはきっとあると思います・・・我が家に関しても、もしかしたらたぶん叶わないであろう・・・という願い事がありますし・・・事の大小はともかく、皆さんにもおありではないかと・・・

・・・でも、諦めてしまっては、そこからは何も生まれないのではないかと・・・そう思います・・・生きていく上で、悩み事は決して尽きる事はございません・・・が、今我々が具体的に出来る事が何であるかを考え、これが最良であると信じられる事を、諦めずにこつこつと重ねていく事が大事なのでしょうね・・・具体的に実行すとなると、これがなかなか難しいのですが・・・

・・・さて、今日はこちらの神社に絵馬を奉納された方々が、日々研鑽を重ね、立派な料理人に成長して下さる事をお祈りさせて頂きましょう・・・もちろん、愛する家族の為に、日々家庭で料理を作っていらっしゃる方々も・・・食に携わった様々な仕事をなされている方々も・・・皆さん、すべて「立派な料理人」です・・・(美味い物をブログに更新してるだけのワタクシは?)




こちらにおわします方が、料理の祖神「磐鹿六雁命」(いわかむつかりのみこと)です・・・

景行天皇が皇子日本武尊の東国平定の事績を偲び、安房の浮島の宮に行幸された際に、侍臣である磐鹿六雁命が弓の弦を海に入れて鰹(かつお)を釣り上げ、砂浜を歩いていて足に触れたものを拾い上げると白蛤(しろうむぎ=はまぐり)だったそうで、磐鹿六雁命はこれらを膾(なます)にして景行天皇に差し上げた所、その料理の技を篤く賞せられたそうです・・・こちらの絵でも、磐鹿六雁命の手には鰹が、足元には白蛤が確認できますね・・・

高家神社では、毎年10月17日(旧神嘗祭)と11月23日(旧新嘗祭)に「庖丁式」が奉納されるそうです・・・心地良い潮風に吹かれながら、厳かな儀式を拝見してみては・・・


千倉の「高家神社」・・・その1



南房総市千倉町南朝夷の「高家(たかべ)神社」にお邪魔しました・・・

場所は 南房総市千倉町南朝夷164、内房線「千倉」駅より南に向かって約1.5km進み、川尻川に架かる「千倉橋」の手前・白浜タクシーの前の丁字路を右折し、約600m進んだ右側にあります・・・左側には駐車場があります・・・

料理の祖神である「磐鹿六雁命」(いわかむつかりのみこと)を祀る日本唯一の神社です・・・

我々の世代にとってはなんとも懐かしい料理漫画「庖丁人味平」の「荒磯の板場編」で、主人公の塩見味平と、「無法板の練二」こと鹿沢練二が荒磯勝負を行なう場所が、静岡・焼津の沖にある「高家島」(もちろん架空の島です・・・)という島で、その島の名前の由来となった神社が、ここ「高家神社」である・・・という設定でした・・・私にとっては憧れの場所です・・・

私が神社に到着して、鳥居の前に来ると・・・強い風雨の勢いが、急に治まりはじめ・・・



私が訪れた際はアジサイが綺麗でした・・・鳥居の向こうに拝殿が見えます・・・

では・・・のんびりと参道を歩いて拝殿に向かい、高部神に参拝しましよう・・・



参道の途中で「高家音頭の碑」を見つけました・・・作詞・作曲:大里一郎氏・・・

♪ 千倉よいとこ 房州に ・・・ アソレ ソレ ・・・

・・・という歌詞で始まるそうです・・・



石碑の脇にあったこのボタンを押すと・・・湯浅みつ子さんの歌声が流れるそうです・・・

♪ 高家音頭で ソレ ・・・ 高家神社で シャシャントネ ・・・

ああ・・・ほんのちょっと「勇気」が欲しい・・・w



(次回に続く・・・)

道の駅 富楽里 とみやま の「コスモス」・・・



今日は、「道の駅 富楽里(ふらり)とみやま」 にお邪魔しました・・・

道を挟んだ「道の駅」の前の休耕田では、ただ今「コスモス」が満開です・・・

11月1日(土)〜3日(月・祝) 10:00〜15:00までの間・・・何と一人10本まで、無料でコスモスを摘む事が出来ます。花は持ち帰りOKで、なんとハサミも貸して下さいます・・・



花畑で道に迷ったのって、生まれて初めての経験かもしれないなぁ・・・

シャチの「オーバーヘッドキック!」・・・



「鴨川シーワールド」のシャチの見事なキックです・・・

旧サイト「時たま日記」では、『幸(シャチ)多かれ・・・』という事でこの写真でブログを更新させて頂きましたが、個人的に好きな写真ですのでこちらでも更新させて頂きました・・・

前列に座るお客様に関しては、冬だろうが何だろうが、シャチ君は決して容赦はしません・・・そのかわり、シャチからの洗礼を受けた後は、周囲の観客からの注目度は「No,1」っすよ・・・ただしその視線は、多少同情の色を帯びているような気がしますが・・・w
ちなみに、濡れる危険性のあるシートは、係員の方々が親切に教えて下さいますし、シートも分かりやすく色分けされていますので、カメラ等の機材が心配な方もまずはひと安心といった所でしょうか・・・撮影の際、逆光を避けるためには、日差しの方向に注意して下さい・・・

夏場はとても気持ちよさそうですね・・・アナタもぜひチャレンジ・・・します?

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM