DIC川村記念美術館の「シャクナゲ」と「シロヤマブキ」・・・


ツツジを見た後は、「川村記念美術館」敷地内の「自然散策路」を散歩しました・・・

池の向こう側の総合研究所と併せて約30ヘクタール(約9万坪)という広さの敷地内では、約200種の樹木と約500種の植物が美しさを競います・・・そして更に、木々の魅力に誘われて此処に集う様々な鳥類・昆虫との出会いもあります・・・但し、こちらは県条例による自然保護林ですので、動植物の採取は一切禁止されていますので、どうぞご注意下さい・・・



こちらは、蓮池の近くで咲いていた「石楠花」(シャクナゲ)の花です・・・

ツツジ科ツツジ属の「シャクナゲ」は、主に北半球の亜熱帯から熱帯山地までの広い範囲に分布し、野生種・園芸種としても多くの種類があるそうです・・・

ご年配のご夫婦が、カメラに三脚を備え付けて仲良く記念撮影・・・なんとも微笑ましい光景で・・・ところで、うちのカミさんと息子は・・・何処へ行ったの?



こちらは、美術館入口付近で咲いていた「シロヤマブキ」の花です・・・

バラ科シロヤマブキ属の落葉低木「シロヤマブキ」は、葉の形は先が尖った卵形で、縁には鋭い重鋸歯(じゅうきょし)と呼ばれるギザギザがあります・・・

花期は4〜5月という事ですので、これからの時季も楽しめる花ではないかと・・・小さいけれども、凛と咲いている所が何とも健気ではありませんか・・・


七重八重 花は咲けども山吹の 実の一つだに無きぞ悲しき・・・(兼明親王)


山吹といえば、「山吹伝説」の太田道灌が思い出されますが・・・こちらの「シロヤマブキ」は、一つの花に黒い実が4個つくそうで・・・野暮天で失礼・・・

小さな「ユキヤナギ」の花に寄せて・・・



我が家の庭先で、「ユキヤナギ」が小さな花を咲かせています・・・

バラ科の「ユキヤナギ」は、日本では古くから親しまれている花木で、地表近くから伸ばした枝は緩やかな弧を描き、小さな白い花を枝いっぱいに咲かせます・・・

この小さな花の様な「善意」という一人ひとりの心が今、様々な場所に集いつつあります・・・そして、いつの日か「希望」という大きな樹へと育つ事を祈って・・・

「君よ 朝の来ない夜はない」・・・扇谷正蔵氏著の本の名前を、ふと思い出しました・・・


「佐倉被災地支援の会」 (「東日本大震災」に対する救援物資の受付と義援金の募金) 
 ※ 日時・場所については赤文字をクリックして下さい

江東区夢の島の「夢の島熱帯植物館」・・・その1



江東区夢の島の「都立 夢の島公園」内の「夢の島熱帯植物館」にお邪魔しました・・・

住所は 江東区夢の島2−1−2、昭和63年(1988年)に開設された植物館で、主に熱帯植物を展示・紹介しており、様々なイベントや講習会が開催されています・・・こちらの温室の暖房や館内の冷暖房は、新江東清掃工場から送られてくる高温水が利用されています・・・



こちらは、「ウナズキヒメフヨウ」という名前の花で、主にメキシコ・コロンビアに分布するアオイ科の常緑低木で、秋から春にかけて花を咲かせるそうです・・・

えっ・・・「なぜ『つぼみ』の写真なの?」ですって・・・いえ、実はこれで「花が咲いている状態」なのです・・・ウナズキヒメフヨウは、雄しべに花びらが巻きついていて、花が開かない状態で咲くのだそうで・・・なので、英名は「スリーピングハイビスカス」・・・(納得!)



こちらは、真っ赤な「ウナズキヒメフヨウ」・・・色が違うと、印象も異なりますね・・・

ちなみに、つぼみの時は上を向いていますが、花が咲くにつれて次第に下を向いてゆくそうです・・・で、名前を漢字で書くと・・・「頷き姫芙蓉」・・・(再び納得!)

この寒い時季に、珍しい「熱帯の植物」と触れ合うのも、なかなか素敵ですよ・・・

休館日は 月曜(祝日の場合は翌平日)・年末年始(12/29〜1/3)
開館時間は 9:30〜17:00 (入館は16:00まで) です・・・

日立総合経営研究所の「秋の庭園公開」・・・その2



我孫子市高野山、「日立総合経営研究所」「秋の庭園公開」で撮影した紅葉です・・・

ボランティアの方が説明していらっしゃいましたが・・・紅葉は「逆光」がお薦めだそうで・・・


でも・・・私の場合にも言える事ですが・・・この眼でしっかりと心に焼き付けるのがベスト・・・

香取神宮の「紅葉」・・・その2


千葉県香取市の「香取神宮」へ参拝に伺いました・・・

住所は 千葉県香取市香取1697、東関東自動車道「佐原香取」インターを降り、一つ目の信号を左折、少し進むと右手に香取神宮の正面駐車場があります・・・

香取神宮は、国土開発の祖神と崇められる「経津主大神」(フツヌシノオオカミ)を奉祀する名大社で、日本全国に約400社あると云われる香取神社の「総本社」だそうです・・・



総門石段の脇で凛と立つ「狛犬」を、イチョウの木をバックに・・・

それにしても・・・見事な前脚だこと・・・脚が丈夫なのはうらやましい・・・



こちらは、先日ご紹介した「手水舎」の屋根の上の紅葉です・・・

角度や時間によって、多少印象が異なります・・・が、そこが面白いのかも・・・


紅葉の始まる時季ですが・・・日最低気温が10℃以下になると紅葉が始まり、更に5℃以下になると紅葉が加速するそうです・・・そして、寒暖の差が激しい方が綺麗に色づくそうで・・・

また、紅葉を狭い定義に於いて分類すると・・・葉が赤色に変化するのが「紅葉」(こうよう)で、黄色く変化するのが「黄葉」(おうよう)・・・そして更に、褐色に変化するのを「褐葉」(かつよう)と呼ぶのだそうです・・・が、実際にはそこまで細かく分類するのは困難なようで・・・


まぁ・・・細かい事は置いておいて・・・綺麗というひとくくりで宜しいのではないかと・・・
 

水郷佐原水生植物園の「オニユリ」・・・


香取市扇島の「水郷佐原水生植物園」にお邪魔しました・・・

こちらの日中友好ハス園では、日本では珍しい千弁蓮や小型の碗蓮など、中国の南京市から贈られたハスを中心に300種以上のハスがこちらを訪れる人々の眼を楽しませてくれます・・・その他にも天然記念物の「大賀蓮」やスイレンも美しさを競っております・・・



こちらは、水郷佐原水生植物園で咲いていた「オニユリ」です・・・

7月から8月にかけて咲く「オニユリ」・・・オレンジ色の花弁には独特な斑点があります・・・「ヤマユリ」と比較すると、花弁がかなり反り返っているのが分かりますね・・・

「コオニユリ」と「オニユリ」の違いは・・・この写真の左下にも確認出来ますが・・・濃褐色の粒状の「ムカゴ」(地面に落ちると発芽する器官)が葉の付け根に出来るのが「オニユリ」で・・・ムカゴが出来ないのが「コオニユリ」だそうです・・・

花言葉は、「賢者」「愉快」「華麗」「陽気」だそうです・・・とても夏らしい花ですね・・・

DIC川村記念美術館の「ヤマユリ」・・・


佐倉市坂戸の「川村記念美術館」敷地内の「自然散策路」を散歩しました・・・

池の向こう側の総合研究所と併せて約30ヘクタール(約9万坪)という広さの敷地内には、約200種の樹木と約500種の植物が美しさを競い、その魅力に誘われてここに集う様々な鳥類や昆虫たちと出会う事が出来ます・・・ただし県条例による自然保護林ですので、動植物の採取は一切禁止されていますのでご注意を・・・



関東地方に梅雨明けが発表された今日・・・「ヤマユリ」が綺麗に咲いていました・・・

ユリの王様とも呼ばれる「ヤマユリ」は、山中に生える事からその名がつけられたそうです・・・花期は7月から8月頃で、花の大きさは直径で約20cm位になります・・・その花の重みのせいで、茎は下に向かって緩やかにしなります・・・コンニャクにも含まれる糖の一種「グルコマンナン」を多く含んだ球根は、縄文時代には既に食用にされていたそうです・・・



その甘い香りに誘われたのでしょうか・・・小さなチョウが、風に揺れながら必死にヤマユリの蜜のご相伴に預かっておりました・・・風に飛ばされない様に気をつけて・・・

スイレンの咲く池にはトンボが・・・セミも賑やかです・・・ああ、いよいよ夏だなぁ・・・
 

成田山の「ヤブツバキ」・・・



梅が終わりを迎え・・・そして、次は桜・・・でも、私は私・・・ただそこに咲くだけ・・・


食べられない・・・「ケーキ」!?



花屋さんの店先で、フラワーアレンジメントの「ケーキ」を見かけました・・・

とても綺麗なのですが・・・当然ですが、残念ながら食べられません・・・

目と心に「オイシイ」ケーキという事で、皆様にはどうぞご勘弁を・・・w 

赤い「ヒガンバナ」・・・



この季節によく見かける「ヒガンバナ」『マンジュシャゲ』(曼珠沙華)とも呼ばれます・・・

ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草で、学名は「 Lycoris radiata 」というそうです・・・
ちなみに、『 radiata 』は「放射状」の意味だそうです・・・

ヒガンバナは水田の畦(あぜ)でよく見かけます・・・これは、ヒガンバナの鱗茎に含まれている「アルカロイド」(リコリン)と呼ばれる毒を利用して、ネズミやモグラ等の水田を荒らす小動物を寄せ付けないためにわざわざ水田の畦に植えられていると言われています・・・

私も、なるべく綺麗な物には近づかない様にしています(笑)・・・絵画は別として・・・

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM