三峰ビジターセンターの「紅葉」・・・

 

11月3日(土)秩父市三峰の「三峯神社」(みつみねじんじゃ)に参拝に伺いました・・・

 

住所は 埼玉県秩父市三峰298−1、アクセス方法は交通案内をご覧下さい・・・

 

秩父神社・宝登山神社と共に秩父三社に数えられる三峯神社は、何と「狼」を守護神とした珍しい神社で、狛犬の代わりに至る所に狼の像が鎮座しています・・・

 

自宅をAM5:00過ぎに出発したのですが、関越自動車道が予想以上の大渋滞・・・結局、三峯神社手前の秩父市宮駐車場に到着したのは何とAM10:00過ぎ・・・

 

それでも、これ程までに綺麗な紅葉を目の前にしては、渋滞もさほど気にはならず・・・駐車場入口にいらした方に伺った所、紅葉は今がピークではとの事で・・・

 

 

こちらは、三峰山駐車場にほど近い「三峰ビジターセンター」の紅葉の様子で・・・

 

三峰ビジターセンターは三峰周辺の自然・登山情報・動物・植物・鉱物・歴史等、三峰に関する様々な展示が行われている、入場無料のビジターセンターです・・・

 

アンモナイトの化石や、様々な鳥類や動物の剥製があります・・・センター内の写真撮影はOKの様で、鳥類以外の動物の剥製は何と優しく触れる事も可能で・・・

 

シカやクマの毛皮に触れる機会はなかなかございません・・・貴重な体験で・・・

 

 

こちらは、三峰ビジターセンターのお隣の「成蹊殿」の紅葉の様子で・・・

 

成蹊殿は三峯神社の登り口にある能舞台で、近辺で開催される様々なイベント等で使用されている様で・・・それにしても、こちらも見事な紅葉ですね・・・

 

ちなみに、11月18日(日)には「第2回 Mt.三峯 HILL CLIMB」が開催予定で・・・三峯神社を目指して駆け上がるヒルクライム・自転車競技だそうで・・・

 

距離は13.7km・標高差853m・平均勾配6.2%・・・その際は、公道は全面交通規制だそうです・・・当日、車でお越しになるご予定の方は、どうぞご注意下さい・・・

 

あの坂道を自転車で上るのかァ・・・想像しただけでも凄い事ですねェ・・・


三峯神社の「紅葉」・・・

 

11月3日(土)秩父市三峰の「三峯神社」(みつみねじんじゃ)に参拝に伺いました・・・

 

住所は 埼玉県秩父市三峰298−1、アクセス方法は交通案内をご覧下さい・・・

 

秩父神社・宝登山神社と共に秩父三社に数えられる三峯神社は、何と「狼」を守護神とした珍しい神社で、狛犬の代わりに至る所に狼の像が鎮座しています・・・

 

自宅をAM5:00過ぎに出発したのですが、関越自動車道が予想以上の大渋滞・・・結局、三峯神社手前の秩父市宮駐車場に到着したのは何とAM10:00過ぎ・・・

 

それでも、これ程までに綺麗な紅葉を目の前にしては、渋滞もさほど気にはならず・・・駐車場入口にいらした方に伺った所、紅葉は今がピークではとの事で・・・

 

上の写真は、社務所の前から拝殿の後ろの紅葉を撮影した写真です・・・

 

 

こちらは、拝殿から遥拝殿の方へ少し進んだ「摂末社」の紅葉の様子です・・・

 

摂末社は境内の中ある小さい神社で、全部で23社・・・諏訪神社や大山神社の様に良く知られた神社もあり、皆三峯神社に縁の深い神様を奉ったものだとか・・・

 

小さい社ですが、ご覧の通り・・・実に荘厳な雰囲気を醸し出しています・・・

 

 

こちらは、拝殿の後ろの「本殿」付近の紅葉の様子です・・・

 

寛文元年(1661年)中興第六代龍誉法印が願主となって造営した一間社春日造りの建物だそうで、屋根は銅板葺き、木割が太く堂々とした風格を備えています・・・

 

本殿の全体には漆が塗られ、斗組・虹梁・柱頭等には極彩色が施された美麗な本殿です・・・神様に一番近い場所だからでしょうか、こちらは紅葉も実に見事で・・・

 

という事は・・・本殿は実に約360年前の建物となる訳ですね・・・

 

 

こちらの写真も、社務所の前から拝殿の後ろの紅葉を撮影したものです・・・

 

参拝後は、元文4年(1739年)に再建された小教院のカフェで一服し・・・参道沿いの「山麓亭」で三峰だんごといもでんがくを頂き・・・(我が家は食べてばっか・・・w)

 

今度参拝に伺った際には、興雲閣の日帰り入浴を是非体験してみたい・・・


自家製手打ち麺 粋や(いなせや)の「正油らぁめん」・・・

 

千葉市中央区の「自家製手打ち麺 粋や」にお邪魔しました・・・

 

住所は 千葉市中央区春日2−26−9、JR総武本線「西千葉」駅南口ロータリーより、線路沿いの道を稲毛方面に北西方向に約250m進んだ左側です・・・

 

 

こちらが 自家製手打ち麺 粋や「正油らぁめん」です・・・

 

お店の説明文を引用させて頂きますと・・・千葉県産にこだわった醤油を3種類ブレンドし、芳醇な香りを纏った自家製手打ち手もみ麺・・・というラーメンとの事です・・・

 

ご覧の通り、かなり濃い色をしたスープですが、いざ頂いてみると下総醤油の円やかな旨味がしっかりと顔を覗かせた、とても魅力的な味わいのスープだと思います・・・

 

驚く程のスープの色の割には、角が取れた醤油の魅力がきちんと感じられる味わいで・・・そして、手打ち手もみ麺がしっかりスープ色に染まり・・・お、美味しい・・・

 

自家製の手打ち麺は、北海道産の小麦「春よ恋」と千葉県産小麦「有芽小麦」を使った自家製手打ちだそうで、もっちりとした食感が心地良いちぢれの入った麺です・・・

 

トッピングされたチャーシューは、柔らかい肉質とジューシーな味わいが魅力的な鶏チャーシューと、軽く焦げ目を付けた香ばしい豚バラ肉のチャーシューの2種類・・・

 

乾燥メンマを丁寧に戻して作られたと思しきメンマは、歯応えが心地良く・・・総じて、上質な素材を素に丁寧に作られた事が見て取れる魅力的な一杯だと思います・・・

 

10月下旬より、同店にて夜の部「煮干し中華そば 一二三屋」がスタートしましたが、こちらは九十九里産の煮干しをベースとした細麺で、いわば「二毛作」だとか・・・

 

平日の昼過ぎでしたが、10席のカウンター席は満席・・・納得の一杯でした・・・

 

営業時間は 11:00〜14:30(※麺・スープ売り切れ終了) 、定休日は 日曜 です・・・

 

※煮干し中華そば「一二三屋」営業時間は 18:00〜20:00(※麺・スープ売り切れ終了) 、定休日は 土・日・月曜 です・・・


麺処 丹治の「鶏白湯醤油ラーメン」・・・

 

佐倉市表町の「麺処 丹治(たんじ)」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市表町3−21−5 、JR「佐倉」駅北口より北へ約200m進み、「JR佐倉駅前」交差点を右折し、成田方面に向かって約400m進んだ右側です・・・駐車場は店舗脇に2台分と、道路の反対側・道路に面した側に数台分・・・店名のプレートの場所に駐車を・・・

 

 

こちらが、麺処 丹治「鶏白湯醤油ラーメン」です・・・

 

以前ご主人に伺った所、この鶏白湯醤油ラーメンはこちらのお店の人気 癸吋瓮縫紂爾世修Δ如ΑΑα畭スープを頂いてみると、粘度はかなり高めで、予想以上に濃厚です・・・

 

鶏白湯の魅力たっぷりの濃厚なスープで、若干味が濃い様な気もしますが、この方がバランスが良い気が・・・仄かな甘さが感じられる味わいは、どこか上品さを帯びて・・・

 

このメニューに使われる麺は中細麺で、北海道麦を素材とした自家製麺です・・・プッツリとした噛み応えが心地良い魅力的な麺に、濃厚な鶏白湯がしっかり絡みます・・・

 

ご覧の通り、チャーシューは焦げ目が無いタイプで、繊細なスープに雑味を与えない為のご配慮かと・・・ボリュームがあり、ホロリと解れる柔らかさが何とも魅力的で・・・

 

こういった濃厚なスープには、玉ネギのざく切りのトッピングがピッタリ!・・・玉ねぎに濃厚なスープがじんわりと染みて・・・美味しい!・・・相性の良い薬味です・・・

 

確かに・・・パンチのある濃厚な鶏白湯スープですので、特に若い方々に支持されるというのも納得出来ますね・・・他のメニュー同様、今回も満足度の高い一杯でした・・・

 

それぞれのメニューに異なる魅力が感じられ・・・いやはや、迷うなァ・・・w

 

定休日は 水曜 営業時間は 11:30〜15:00、17:00〜21:00 (土・日・祝 11:30〜21:00)(スープが無くなり次第終了) です・・・


どてちん靴痢嵬6未匹匿匹瓩鵝廖蔽羸垢蝓辛さ控えめの控えめ)・・・その3

 

佐倉市井野の「どてちん掘にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市井野1491−1、京成「勝田台」駅北口より、勝田台入口交差点を右折し、国道296号線(成田街道)を成田方面に向かって約200m進んだ右側にあります・・・

こちらのお店は、麺屋青山のセカンドブランド店「どてちん」の3号店になります・・・

 

 

こちらは、どてちん「味玉どて辛めん」(中盛り・辛さ控えめの控えめ)です・・・

辛さは「大辛」 「中辛」 「普通」 「辛さ控えめ」「辛さ控えめの控えめ」から選ぶ事が出来ます・・・「普通」でもかなり辛いので、初心者には「控えめの控えめ」がお勧め?


白濁した豚骨スープは濃厚な割には親しみ易く、魚粉と思しき風味と仄かな甘さが感じられ・・・それが辛めの餡との間で絶妙なバランスを保ち・・・お、美味しい!

 

麺の上には茹でた野菜や豆腐がトッピングされ、その上には更に辛味餡が・・・そして野菜とは別に、スープには豚バラ肉の薄切りやチャーシュー片が入っています・・・

この日は「ニンニク」をお願いしました・・・自家製の極太麺に辛味餡を絡めながら、茹でた野菜と一緒に・・・これがまた美味しい!・・・刺激的な辛さがクセになります・・・

食感の良い太麺に、スープがいい按配に絡みます・・・辛味餡は少しずつ混ぜ、味の変化を楽しみます・・・味玉は、黄身が流れ出ない程度の茹で具合で・・・美味しい!

麺の量は「らーめん」普通盛り(150g)、中盛り(200g)、大盛り(300g)・・・「つけ麺」普通盛り(200g)、中盛り(300g)、大盛り(400g)ですが、食べ切れる量を・・・

9月1日から営業時間が変更されました・・・ご注意下さいませ・・・

営業時間は 11:00〜翌3:00(LO 2:30) 、無休 です・・・


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    幹事長 (08/11)
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    末吉 (08/10)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    幹事長 (07/24)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    末吉 (07/24)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM