メルパルク仙台の「蔵王高原鶏卵のオムレツ」・・・その3

 

今年の夏は約4年ぶりに、仙台・会津方面へ家族旅行に出掛けました・・・その際、私達が1日目に宿泊したホテルは、いつもお世話になる「メルパルク仙台」でした・・・ 

 

JR「仙台」駅東口から徒歩約10分の場所にあるホテルです・・・繁華街に囲まれ多くの人々で賑わう西口と比較すると周囲は静かで、街並みは落ち着いた雰囲気です・・・

 

 

メルパルク仙台朝食バイキングの一品「蔵王高原鶏卵のオムレツ」です・・・

地元・蔵王高原の新鮮な鶏卵を素材に、シェフが目の前でオムレツを焼いて下さいます・・・その手際の良さに思わず見とれて・・・お皿の上には、美味しそうなオムレツが・・・

それにしても、綺麗なフォルムだなァ・・・肌理が細やかそうで、見るからに美味しそうなオムレツですねェ・・・そっとフォークを入れると、中からトロリと玉子が流れ出して・・・

キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!

これぞ至福のひと時・・・卵を使った「芸術品」堪能させて頂きました・・・


「伝統の朝顔」・・・その241

 

千葉県佐倉市の「国立歴史民俗博物館・くらしの植物苑」にお邪魔しました・・・

こちらの植物苑は、私達の生活文化を支えてきた植物を系統的に植栽し、その理解を深める事を目的とし、博物館の南東に位置する旧佐倉城の一郭に開設されました・・・

では・・・くらしの植物苑 特別企画「伝統の朝顔」で咲いていた朝顔のご紹介を・・・

 

 

こちらは、「青・斑入・笹葉・茶・覆輪・車絞・切咲・牡丹」という朝顔だそうです・・・

朝顔の花模様の中で、中央から外側に向かって、まるでトマトのへたが伸びた様な物を「車絞」と呼ぶそうで・・・説明が下手ですみません・・・(朝顔の模様は、こちらをご参考に・・・)

花の色はちょっぴり渋め・・・花弁の形が面白いので、一見朝顔には見えませんね・・・


「伝統の朝顔」・・・その240

 

千葉県佐倉市の「国立歴史民俗博物館・くらしの植物苑」にお邪魔しました・・・

こちらの植物苑は、私達の生活文化を支えてきた植物を系統的に植栽し、その理解を深める事を目的とし、博物館の南東に位置する旧佐倉城の一郭に開設されました・・・

では・・・くらしの植物苑 特別企画「伝統の朝顔」で咲いていた朝顔のご紹介を・・・

 

 

こちらは「黄・斑入・蝉葉・紫紺・丸咲・大輪」(深淵:しんえん)という朝顔だそうです・・・

葉の主裂片が太く、側裂片が短い外観からその名が付いた「蝉葉」は、蜻蛉葉と州浜を掛け合わせると出来る葉の種類だそうで・・・蝉葉の系統の花は大輪になるそうです・・・

目に涼やかな色合いの朝顔は、爽やかで気持ち良いなァ・・・φ(≧ω≦*)♪


みんなのらぁめんBAMBU(バンブー)の「旨辛ネギ餃子」と「スタミナつけ麺」(限定:中盛・味玉)・・・

 

香取郡多古町の「みんなのらぁめんBAMBU(バンブー)」にお邪魔しました・・・

住所は 香取郡多古町3893−1、東関道「成田」ICより国道295号線へと入り、芝山鉄道沿いの道を八日市場方面に向かって進み、そこから国道296号線へと合流し、更に東に進み、エービン 多古店に面した「染井」交差点をそのまま直進し、千葉県道74号(多古笹本線)を更に東へ約800m進んだ左側で、JRバス関東「大原内」(だいばらうち)停留場の前です・・・店舗脇の敷地に広い駐車場がありますが、どうぞお静かに・・・

 

 

そしてこちらが、みんなのらぁめんBAMBU「旨辛ネギ餃子」です・・・

赤身に適度な筋間脂肪(サシ)が入り、柔らかくジューシーなのが「元気豚」の特徴で、飼育方法や飼料等に拘り、厳しい基準を満たした物のみ出荷しているとか・・・

 

胡麻油をたっぷりと使い、特製銅板で焼き上げた餃子の表面には香ばしい焼き色が・・・そして餃子の上には、心地良い食感のラー油がトッピングされています・・・

 

カリッとした歯応えが心地良い、餃子の皮の焼き目・・・そして、ネギ特有の臭みが無い、堀澄氏の手による小ネギ・・・更に、爽やかな辛さのラー油とのコラボ・・・

 

変化球の餃子でありながらも、その完成度の高さに思わず唸ってしまう一皿で・・・

 

 

こちらが、みんなのらぁめんBAMBU「スタミナつけ麺」(限定:中盛・味玉)です・・・
 

ちょっぴり辛めで濃厚な旨味を含んだつけダレは、醤油魚介ベースだそうで・・・キャベツ・ニラ・もやし等の野菜がたっぷり入った、満足度の高いつけダレだと思います・・・

 

勿論野菜だけではなく、焦げ目の付いた香ばしいチャーシューもたっぷり入っていて・・・チャーシューは細かく刻んであるので、麺にしっかりと絡みます・・・お、美味しい!

 

麺は評判の高い京都市の製麺所「麺屋 棣鄂(ていがく)」製の卵未使用の太縮れ麺・・・これは、アレルギーをお持ちのお子さん方へのお店側のご配慮だそうで・・・

 

ニンニクが入っていますので、身体がポカポカと温まります・・・まだまだ残暑が厳しい時季ですが、冷房で参った身体にも良さげな一杯で・・・中盛で注文して大正解!

 

白しょうゆで味付けされた、上品な味わいが魅力的な「味玉」は、黄身が流れ出すギリギリの茹で加減で・・・スープに浸さずに、蓮華の上で頂きます・・・美味しい!

 

小さなお子様がいらっしゃるご家庭の方は、子供が落ち着かないとどうしても周囲の方に気を遣いますが・・・お店側の温かいご配慮があるので、どうぞご安心を・・・

 

繁盛していらっしゃるお店には、ひと言で語れない複数の要因があるのですね・・・

営業時間は 11:30〜15:00(LO 14:30)、17:30〜21:30(LO 21:00)定休日は 月曜・第4火曜(祝日の場合は翌日) です・・・


らー麺 つけ麺 おぐりの「濃厚鶏白湯つけ麺」(2018. 9. 4〜7 限定)・・・

 

佐倉市王子台の「らー麺 つけ麺 おぐり」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市王子台3−26−12、京成線「臼井」(うすい)駅南口より南東方向に約200m進み、博全社臼井儀式殿の前の「臼井駅南口入口」交差点を右折し、国道296号線を東京方面に約500m進んだ右側・・・駐車場は、大通りから一本入った通り沿いにも・・・

 

 

こちらは、らー麺 つけ麺 おぐり「濃厚鶏白湯つけ麺」(2018. 9. 4〜7 限定)です・・・

 

麺量はお店側のご厚意に因り「つけ麺」普通盛り(200g)、中盛り(300g)、大盛り(400g)が無料サービスですが、最後まできちんと食べ切れる量を注文しましょう・・・

 

こちらのお店では初めての提供となる「濃厚鶏白湯」ですが、看板に偽り無しの濃厚な鶏白湯のつけダレです・・・魚粉の旨味と柚子と思しき爽やかな酸味も感じられて・・・

 

つけ麺の「中盛り」の麺の量は300gですので、私にとっては食べ応えは十分・・・船橋の山田食品(株)製の太麺は、つるんとした心地良い喉越しが魅力的な麺です・・・

 

熱々の鶏白湯のつけダレは、嫌みの無い濃厚さが魅力的です・・・つけダレの粘度が高いので、喉越しの良い太麺にもしっかり絡んでくれます・・・お、美味しい・・・

 

表面を軽く炙ってあるチャーシューは、ホロリと解れる柔らかさが嬉しい・・・デフォで付く味玉は、黄身が流れ出す程の茹で加減で、つけダレに円やかさを加え・・・

 

こちらのメニューは、本日が最後の提供で・・・ギリギリ間に合ったァ・・・


営業時間は 11:00〜翌1:00 、不定休(※正月休み有) です・・・


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    幹事長 (08/11)
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    末吉 (08/10)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    幹事長 (07/24)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    末吉 (07/24)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM