<< Pasar(パサール)幕張(下り線)の「チャウダーズ」・・・ | main | 「駿府公園」の外堀と桜・・・その2 >>

「駿府公園」の外堀と桜・・・その1



静岡県静岡市の「駿府公園」(すんぷこうえん)にお邪魔しました・・・

1585年に徳川家康が築城し、晩年を送ったとされる「駿府城」は別名「府中城」とも呼ばれ、現在は東御門と巽櫓が復元され、三重の堀と美しい石垣に囲まれた「駿府公園」として整備され、大勢の方々の憩いの場としての役割を果たしています・・・

花曇の空の下・・・堀の水面に映し出された桜の枝を、風が優しく揺らします・・・

コメント
とらきちさんが、本物の「トラ」にならぬ様お祈り申しあげます・・・w

駿府公園には、徳川家康が植えたというみかんの木もありました・・・とても広くて、気持ちの良い場所でした・・・

お花見にはいい季節になって来ましたね・・・
  • 幹事長
  • 2009/04/02 8:18 AM
家康、曰く

「人の一生は重荷を負いて遠き道を行くが如し、急ぐべからず。不自由を常と思えば不足なし。心に望み起こらば困窮したる時を思い出すべし。堪忍は無事長久の基、怒りを敵と思え」

四月は花見で酒が飲めるぞ、酒が飲める、飲めるぞ、酒が飲めるぞ。
  • とらきち
  • 2009/04/02 1:19 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM