<< 横浜の夏・・・その1 | main | 横浜の夏・・・その2 >>

米素多奈弼の「パイ骨麺」・・・


「米素多奈弼」・・・という看板を見て、すぐに読む事が出来れば・・・「神」

そんな名前のお店が、ここ横浜の中華街にあると聞き、さっそく「米素多奈弼」へ・・・



店の表にかかった、空母の甲板を模った看板には・・・「Mr.NAVY」

そうです・・・こちらのお店の名前は・・・「ミスター・ネイビー」・・・といいます・・・

目を引く看板は他に無く・・・カウンター席が7つの、とても小さなお店です・・・



こちらが、米素多奈弼(ミスター・ネイビー)「パイ骨麺」です・・・

では、いただきます・・・まずは「排骨」(パイコー)から・・・ハグッ・・・香ばしくカラッと揚がった骨付き豚肉がとても美味!・・・下味には五香粉等の調味料が使われているのかな・・・
この排骨の肉の旨味がじんわりとスープに染みていき・・・そして逆に、スープの味が排骨の衣に染みて・・・お互いの魅力を更に引き出していきます・・・中細の麺も美味いなぁ・・・

こちらのお店ではメニューに「陳家伝来の薬膳スープ」があり、注文した方の体調などを伺いながら調味料を配合してゆくそうです・・・疲労回復・滋養強壮等の効果があるとか・・・

お値段は普通か、または比較的リーズナブルだと思いますが、外からお店の中が殆ど見えず、お客さんを呼び込む様な目立つ看板もなし、お客さんの後ろを通るのにかなり苦労する程狭いカウンター席・・・けれど、夏の日の午後の暑い中、外で待つお客さんを見かけると、その方々が涼しい店内で待つ事が出来るよう急いで準備なさるご主人や、海老が苦手だというお客さんの要望には、「じゃあ、その代わりにイカを多めにしてあげますね」と笑顔で応えて下さる奥様を見ると、「ああ、このお店には本当の意味での『サービス』というものが生きているのだなぁ」と、そう感じました・・・いいお店特有の「オーラ」が感じられるお店です・・・

初めての方には、ちょっと敷居が高いお店かもしれませんが、このお店は効きますよ・・・

場所は 横浜市中区山下町、定休日は 火曜営業時間は 12:00〜21:30 です・・・

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM