<< 「サトちゃん・・・は、鼻血が?」 | main | 乳糖製菓の「下町バームクーヘン」・・・その1 >>

銚子・外川の「犬岩」・・・



銚子・外川の西側に位置する犬若の、「犬岩」と呼ばれる奇岩です・・・

兄頼朝から朝敵として追われていた源義経は、逃れ辿り着いたこの地から奥州へと旅立ったという言い伝えが残されているそうです。そして、義経が船出の際、海岸に残した愛犬が義経を慕い七日間もの間吠え続けたそうですが、その後犬の姿は突如として消え、代わりにこの犬の姿をした奇岩が表れたそうです。それを知った人々は主君を慕う犬を哀れんで、それ以来この岩を「犬岩」と呼んでいるそうです。ちなみに「犬吠」の地名は、残された『犬』の『吠』える声がそこまで聞こえたので「犬吠」の名が付いたとの言い伝えもあるそうです・・・

そんな話を聞くと、海を見ている犬の姿をしたこの岩が、少し悲しげに見えませんか・・・?

コメント
づんじさん、はじめまして。
コメントを頂き、ありがとうございます・・・

たった今、づんじさんのブログを拝見させて頂きましたが、写真がお好きな方なのだなぁとすぐに分かりました。温かさが感じられる、とてもいい写真ですね・・・

こういった伝説を知ってから、また改めて「犬岩」を眺めて見るのもいいでしょうね・・・
  • 幹事長
  • 2008/06/08 9:18 AM
こんにちは。はじめまして。
私は犬岩の写真を良く撮りに行ってます。
このような伝説を知ると、犬岩を見る気持ちも違ってきますね。
「犬若」が義経の愛犬の名前だという説は初めて聞きました。とらきちさんのお話は、興味深い内容ですね・・・

犬岩の西側の海岸は、某県が計画した海洋レジャー施設の建設計画がバブル崩壊によって頓挫したという過去があるようですが、その後はどうなったのでしょう?

長期展望をせずに手を加えてしまった自然は、決して元には戻らないのに・・・とても残念な事です・・・
  • 幹事長
  • 2008/06/06 9:01 PM
犬岩があるのが犬若海岸。「犬若」は、義経の愛犬の名前だという説があります。
私の父の田舎が銚子なので、幼少の頃、よくこの海岸で遊びました。去年、○十年ぶりに訪れたら、当時の面影は全くありませんでした。ちょっと寂しい。
  • とらきち
  • 2008/06/06 8:39 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM