<< ブラッスリー それいゆの「ディナーコース」・・・その9 | main | 第9回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1 >>

「メアリー・エインズワース 浮世絵コレクション」と「ピーター・ドラッカー・コレクション 水墨画名品展」・・・

 

千葉市中央区の「千葉市美術館」にお邪魔しました・・・

 

住所は 千葉市中央区中央3−10−8、アクセスについてはこちらをご参照下さい・・・

 

 

5月26日(日)まで「オーバリン大学 アレン・メモリアル美術館所蔵 メアリー・エインズワース浮世絵コレクション−初期浮世絵から北斎・広重まで」が開催されています・・・

 

千葉市美術館の説明文を引用させて頂くと・・・アレン・メモリアル美術館には、アメリカ人女性メアリー・エインズワースが母校に寄贈した1500点以上の浮世絵版画が所蔵されており、珍しい初期の作品から始まり、鳥居清長・喜多川歌麿等の錦絵が興隆をみた黄金期の作品、更に葛飾北斎・歌川広重等の活躍による幕末の風景画に至るまで、浮世絵の歴史をほぼ網羅することが出来るそうで、本展はメアリー・エインズワース浮世絵コレクションから珠玉の200点を選り選り紹介する初めての里帰り展だそうです・・・

 

葛飾北斎の「冨嶽三十六景 凱風快晴」と「冨嶽三十六景 山下白雨」や、歌川広重の「東海道五拾三次之内 日本橋 朝之景」と「東海道五拾三次之内 日本橋 行烈振出」の様に、いわゆる「変わり図」と呼ばれる異版が比較出来る様に並べて展示されていたり、とても良く考えられた展示が成されていて、とても面白い展覧会でした・・・

 

切手マニアの方には「東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪」は堪らないのでは・・・?

 

 

特に私が魅かれたのが、こちらの歌川広重「名所江戸百景 月の岬」です・・・

 

宴を終えた後であろう、眼下に月夜の海が広がる座敷席・・・その障子には、賑やかな宴を終えた後と思われる女性の影が映り・・・そしてその座敷の奥の右側にも、女性の着物の裾が・・・広い座敷には誰一人としてその姿を見せず、宴を終えた後の寂寥感だけが漂い・・・そして広がる月夜の海の向こう側の空には、夜空を渡る雁の群れが・・・

 

誰もその姿をはっきりとは見せてはおらず・・・でも、そこで確かに人がいて、賑やかな宴が繰り広げられていたであろうに・・・今は跡形も無く、過ぎ去っていったひと時・・・そして、月夜を渡る雁(かりがね)・・・いやはや、静寂ですが、何とも雄弁な浮世絵で・・・

 

実は、カミさんと私は芸術作品一般の趣味が大きく異なるのですが・・・今回のこちらの展覧会に関して言えば、二人ともピッタリとこちらの浮世絵を挙げて・・・それ程までに、二人の心を捉えたこちらの浮世絵・・・ちなみに、雁渡るは秋の季語だそうで・・・

 

 

そしてこちらも、同じく千葉市美術館で5月26日(日)まで開催されている「千葉市美術館所蔵作品展 受託記念 ピーター・ドラッカー・コレクション水墨画名品展」・・・

 

再び千葉市美術館の説明文を引用させて頂くと・・・「マネジメントの父」と称えられ、日本でも絶大な信頼を得てきた経営学者ピーター・F・ドラッカーですが、そのドラッカー・コレクションの全197点がこの度日本の企業によって取得され、ここ千葉市美術館に寄託される事となったそうで・・・ドラッカー夫妻が30年以上の長きに亘り、熟慮のうえ収集し、書斎で日々楽しみ学び、思索を深める手段でもあった作品の全てが散逸することなく日本に戻り、公立美術館のもとに保存・管理が委ねられ、調査研究や展示などの活用に供される運びとなり・・・本展はこの寄託を記念し披露目のために開催するものだそうです・・・

 

芸術作品を抱えて「死んだら棺桶に入れてくれ」と宣う方々に是非聞かせたい・・・

 

 

こちらでのお気に入りは、仙儺想陝崗瘻朕沺・・・か・・・カワイイ・・・w

 

刀を持った鍾馗(しょうき)様が、左上の言葉通り・・・今まさに鬼を「一刀両断」にした瞬間で・・・可愛そうに、切られた鬼は真っ二つ・・・切られた胴体からは内臓が見えて・・・いるのですが、切られた鬼には可愛そうですが、何ともユーモラスな絵で・・・大好き!

 

ちなみに、鍾馗は主に中国の民間伝承に伝わる道教系の神様で、日本では疱瘡除けや学業成就に効があるとされ、端午の節句には鍾馗の絵や人形を奉納したりします・・・また、鍾馗の図像は魔よけの効験があるとされ、旗・屏風・掛け軸として飾ったり、屋根の上に鍾馗の像を載せたりしますので、この様に鬼を退治する絵が描かれたのでしょうね・・・

 

はたして・・・ドラッカー氏はどの様な顔をして、この絵をご覧になっていたのでしょう・・・


コメント
マネジメントから切り込んで来る所は、さすが末吉さん!・・・博学でいらっしゃる・・・

自分の手元にある時にはその価値に気づかず、手元を離れてからやっとその価値に気付く・・・芸術作品のみならず、人という貴重な財産も、周囲がその価値に気付かなければ、どんどん海外に・・・となってからではもはや手遅れなのですが・・・
  • 幹事長
  • 2019/05/07 10:30 PM
 "マネジメント"しか読んでませんがドラッカーって水墨画を取集していたんですねぇ。知りませんでした。
 日本通だったんでしょうね。外国人の方が日本の芸術に対する評価で日本人が見直すことも多い様な...
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 内視鏡的粘膜切除術 その5
    幹事長 (09/19)
  • 内視鏡的粘膜切除術 その5
    末吉 (09/17)
  • 「伝統の朝顔」・・・その243
    幹事長 (09/14)
  • 「伝統の朝顔」・・・その243
    末吉 (09/13)
  • 74回目の「終戦の日」・・・
    幹事長 (08/17)
  • 74回目の「終戦の日」・・・
    末吉 (08/16)
  • 洋食や 三代目 たいめいけんの「たいめいけんの朝食セット」(オムレツ・ドリンク付)・・・その2
    幹事長 (07/14)
  • 洋食や 三代目 たいめいけんの「たいめいけんの朝食セット」(オムレツ・ドリンク付)・・・その2
    幹事長 (07/14)
  • 洋食や 三代目 たいめいけんの「たいめいけんの朝食セット」(オムレツ・ドリンク付)・・・その2
    やま (07/13)
  • 「メアリー・エインズワース 浮世絵コレクション」と「ピーター・ドラッカー・コレクション 水墨画名品展」・・・
    幹事長 (05/07)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM