<< DIC川村記念美術館の「枝垂桜」・・・その4 | main | どてちん靴痢嵬6未匹匿匹瓩鵝廖癖太垢蝓辛さ控えめの控えめ)・・・その1 >>

宗吾霊堂の「桜」・・・その1

 

成田市宗吾の「鳴鐘山東勝寺宗吾霊堂」にお邪魔しました・・・

 

一般的には「宗吾霊堂」と広く呼ばれていますが、正しくは「鳴鐘山東勝寺宗吾霊堂」なのだそうです・・・約10万平方メートルの境内は豊かな自然に囲まれており、裏手に広がる境内には約7,000株の紫陽花が植えられていて、私もよくお邪魔しております・・・

 

 

こちらは、身代り地蔵尊の近くから桜越しに「仁王門」を見上げた様子です・・・

 

仁王門は昭和53年(1978年)に宗吾様の325年忌記念事業の一環として完成され、内部に納められた仁王尊の身の丈は8尺8寸だそうで鋳造・緊迫仕上げ、日本では唯一の金色仁王尊だそうです・・・桜の樹と寺院・神社の組み合わせは絵になりますね・・・

 

 

こちらは、大本堂の裏手の「奥之院」を桜越しに撮影させて頂いた1枚です・・・

 

宗吾霊堂の縁起は、桓武天皇の時代に征夷大将軍 坂上田村麻呂が房総を平定し、戦没者供養のため建立された真言宗豊山派の寺院なのだそうです・・・

 

私が知るのは、佐倉藩の暴政を直訴した為に磔刑に処せられた義民の佐倉宗吾(木内惣五郎)のお話・・・宗吾様の遺骸がこちらに埋葬され、後の宝暦2年(1752年)百回忌の際に宗吾道閑居士の法号が諡号され、以来惣五郎は宗吾様と呼ばれる様に・・・

 

潔い桜の散り様と、義を貫いた宗吾様の生き様が、どこか重なる様な気が・・・


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM