<< 福星寺の「枝垂桜」・・・その18 | main | 中国料理 桂林餃子 満足 大久保店の「Cランチ」(タンタン麺・半チャーハン・サラダ・漬物・デザート)・・・ >>

福星寺の「枝垂桜」・・・その19

 

四街道市吉岡の「福星寺」(ふくしょうじ)へ、枝垂桜の観桜にお邪魔しました・・・

住所は 四街道市吉岡898、JR総武本線「四街道」駅より国道51号線方面に向かい、吉岡十字路を越えて51号線を横断し、八街方面に少し進んだ左側です・・・
 

元和2年(1616年)、権僧都宥照という僧侶によって創建されたと伝えられる「福星寺」・・・その頃、金親村にある親寺「金光院」の本堂前に植えられていた枝垂桜から株分けされたものが、ここ福星寺に植えられた枝垂桜であると伝えられております・・・

 

 

こちらは、山門脇の「土塁」(どるい)に上って撮影した枝垂桜の写真です・・・福星寺の周辺には、土塁と呼ばる敵や動物の侵入を防ぐ為に築かれた長く続く土盛りがあります・・・土塁は「福星寺館」跡と呼ばれる中世の城址の面影を今に伝えます・・・

 

福星寺の枝垂桜は「親子桜」で、門を潜って左側が「親桜」で、右側が「子桜」だそうです・・・ちなみに子桜は、目通り:周囲1.8m・樹高:13m・樹齢:50余年だそうです・・・という事は、右側の子桜はほぼ私と同じ位の年齢と言えるかもしれません・・・

 

 

親桜は目通り周囲:3.3m・樹高:14m・樹齢:約400年、見事な老木です・・・

 

撮影した日時は、3月29日(金)の朝7時頃・・・少し肌寒い朝でしたので、お会いした方は男性の方お一人とご年配のご夫婦のみ・・・この時季にしては比較的静かな朝でした・・・昼はデイサービスの方々を始め、大勢の方々が訪れる場所です・・・

 

福星寺へ観桜にいらっしゃる方々は、殆どご年配の方の様な気がします・・・この老木の枝垂桜に、ご自分の姿を重ね合わせていらっしゃるのでしょうか・・・枝垂桜を見上げる方々のその笑顔から、私は小さな希望とエネルギーを頂いています・・・

 

去年(こぞ)の春 逢へりし君に 恋ひにてし 桜の花は 迎へけらしも (若宮年魚麿)


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 「伝統の朝顔」・・・その243
    幹事長 (09/14)
  • 「伝統の朝顔」・・・その243
    末吉 (09/13)
  • 74回目の「終戦の日」・・・
    幹事長 (08/17)
  • 74回目の「終戦の日」・・・
    末吉 (08/16)
  • 洋食や 三代目 たいめいけんの「たいめいけんの朝食セット」(オムレツ・ドリンク付)・・・その2
    幹事長 (07/14)
  • 洋食や 三代目 たいめいけんの「たいめいけんの朝食セット」(オムレツ・ドリンク付)・・・その2
    幹事長 (07/14)
  • 洋食や 三代目 たいめいけんの「たいめいけんの朝食セット」(オムレツ・ドリンク付)・・・その2
    やま (07/13)
  • 「メアリー・エインズワース 浮世絵コレクション」と「ピーター・ドラッカー・コレクション 水墨画名品展」・・・
    幹事長 (05/07)
  • 「メアリー・エインズワース 浮世絵コレクション」と「ピーター・ドラッカー・コレクション 水墨画名品展」・・・
    末吉 (05/07)
  • 2019年の「福袋」・・・
    幹事長 (01/02)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM