<< らーめん 松信の「らーめん」(普通盛り)・・・その9 | main | 麺屋 時茂 京成大久保店の「鶏白湯ラーメン 醤油」(味玉)・・・ >>

特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」・・・

 

昨日は上野の「東京国立博物館」にお邪魔しました・・・

住所は 台東区上野公園13−9、JR「上野」駅公園口、「鶯谷」駅南口から徒歩10分・・東京メトロ 銀座線・日比谷線「上野」駅、千代田線「根津」駅、京成電鉄「上野」駅から徒歩15分・・台東区循環バス「東西めぐりん」東京国立博物館前バス停から徒歩2分・・・

国の総合的な博物館として日本を中心に広く東洋諸地域に亘る文化財を収集・保管して公衆の観覧に供すると共に、関連する調査研究及び教育普及事業等を行う事により、貴重な国民的財産である文化財の保存及び活用を図る事を目的とした博物館です・・・

 

 

1月16日(水)〜2月24日(日)、平成館で特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」が開催されています・・・

 

HPの説明文を引用させて頂くと・・・中国では東晋時代と唐時代に書が熟成し、書聖・王羲之(おうぎし)が活躍した東晋時代に続き、唐時代には虞世南(ぐせいなん)欧陽詢(おうようじゅん)褚遂良(ちょすいりょう)の初唐の三大家が楷書の典型を築きました・・・

 

そして顔真卿(がんしんけい)は三大家の伝統を継承しながら、蚕頭燕尾(さんとうえんび)顔法(がんぽう)と称される特異な筆法を創出します・・・王羲之や初唐の三大家とは異なる美意識の素に培われた顔真卿の書は、後世にきわめて大きな影響を与えました・・・


こちらの特別展では、書の普遍的な美しさを法則化した唐時代に焦点を当て、顔真卿の人と書の本質に迫り、後世や日本に与えた影響にも目を向け、唐時代の書の果たした役割を検証します・・・書に関わっている方にとっては、絶対に行くべき展覧会で・・・

 

 

それにしても・・・台北の國立故宮博物院が、あの「祭姪文稿」の来日をよくぞ許可したものだと・・・20年ほど前、私は何度か台北の國立故宮博物院にお邪魔しましたが、祭姪文稿を目にする事が叶わず・・・それが日本で実現するとは、時代は変わった・・・

 

雪が残った上野公園の木々を横目に、東博を目指します・・・すると、寒い日にもかかわらず、東博の門の前には200人以上の行列が・・・あ、甘かった・・・雪が降ったからといって、今回の特別展を目指す人は少ないであろうという私の思惑はものの見事に外れ・・・

 

ですが、今回は特に装備を軽めにしていたので、長傘やリュックを預ける時間を省く事が出来て・・・そして、他の展示品は後回しにして、まず初めに祭姪文稿のコーナーを目指しました・・・これが功を奏し、予想よりも早く顔真卿の「祭姪文稿」との対面を果たし・・・

 

 

祭姪文稿は、非業の死を遂げた若き顔李明を供養した際の草稿文で、初めの数行は感情を抑えた風に見受けられますが、後半に進むに従い感情が昂ぶり、それに突き動かされる様に筆力は漲り、悲しみに揺れ動く心を映し出すかの如く生々しい推敲の跡が・・・

 

かなりの混雑ぶりから言っても致し方ない事ですが、特にこちらのコーナーではゆっくり進みながらの鑑賞を余儀なくされ・・・なので、一度鑑賞を終えた後で、私は再び祭姪文稿を観賞する行列に並び・・・再び祭姪文稿を鑑賞した後で、他のコーナーへと進みました・・・

 

ところがどっこい!・・・こちらも日本初公開の、懐素の「自叙帖」も展示されていて・・・狂草体と呼ばれる書風で、とにもかくにも連綿(れんめん:字と字が綿の様に連なる運筆)がもの凄い!・・・こちらでは、見所と思しき部分の前から動かない方もいらして・・・

 

 

日本の書も、空海の「崔子玉座右銘」があれば、伝聖武天皇筆「賢愚経残巻」もあり・・・伝嵯峨天皇筆「李嶠雑詠断簡」があれば、小野道風筆「智証大師諡号勅書」もあり・・・伝橘逸勢筆「伊都内親王願文」は展示期間が外れてちょっぴり残念・・・それでも凄い!

 

要するに、書道の本に掲載されている古典がそこかしこに展示されている訳で、これはもう・・・書道に携わっている方々にとっては、絶対に行くべき特別展であると言っても決して過言では無いと・・・顔真卿をお迎えする事に対する日本側の敬意も感じられ・・・

 

 

ここでは細かく申し上げませんが、今回の特別展を巡っては各国の歴史的な背景や政治的な思惑が絡み、様々な憶測が飛び交った様ですが、古人が残してくれた美の遺産をきちんと受け継ぎ、それを後世へとしっかりと伝えるのが、現代人の我々の使命かと・・・

 

 

いやはや・・・それにしても、スケールの大きい特別展を企画したものですねェ・・・


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 「伝統の朝顔」・・・その243
    幹事長 (09/14)
  • 「伝統の朝顔」・・・その243
    末吉 (09/13)
  • 74回目の「終戦の日」・・・
    幹事長 (08/17)
  • 74回目の「終戦の日」・・・
    末吉 (08/16)
  • 洋食や 三代目 たいめいけんの「たいめいけんの朝食セット」(オムレツ・ドリンク付)・・・その2
    幹事長 (07/14)
  • 洋食や 三代目 たいめいけんの「たいめいけんの朝食セット」(オムレツ・ドリンク付)・・・その2
    幹事長 (07/14)
  • 洋食や 三代目 たいめいけんの「たいめいけんの朝食セット」(オムレツ・ドリンク付)・・・その2
    やま (07/13)
  • 「メアリー・エインズワース 浮世絵コレクション」と「ピーター・ドラッカー・コレクション 水墨画名品展」・・・
    幹事長 (05/07)
  • 「メアリー・エインズワース 浮世絵コレクション」と「ピーター・ドラッカー・コレクション 水墨画名品展」・・・
    末吉 (05/07)
  • 2019年の「福袋」・・・
    幹事長 (01/02)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM