<< 銚子電鉄の「まずい棒」・・・!? | main | 自家製の「豚バラベーコン」・・・その4 >>

魚介醤油らーめん 和屋の「えびワンタン麺」(冬期限定)・・・その1

 

佐倉市上座の「魚介醤油らーめん 和屋」(かずや)にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上座1185−4、京成線「ユーカリが丘」駅北口より駅前交差点を右折し、国道296号線(成田街道)を臼井・成田方面に向かって約650m進んだ右側です・・・

 

 

こちらが、魚介醤油らーめん 和屋「えびワンタン麺」(冬期限定)です・・・

 

ワンタンの具材のメインは、新鮮なエビです・・・エビのプリッとした心地良い食感が魅力的で・・・お、美味し〜い!・・・券売機の横に「えびワンタン麺」の文字がありましたので、今年はこのメニュー名でご紹介させて頂きましたが、美味しさは変わらず・・・

お店の片隅に小さな黒板があり、そこには「本日の煮干」の産地が記されています・・・最近は香川(伊吹)・千葉(白子)産がメインの様です・・・試食の煮干しを頂くと、香川・伊吹産の煮干しからは上品さが、千葉・白子産からは力強さが感じられます・・・

 

スープの表面を覆う油のお蔭で、スープが冷めにくいのも嬉しいですね・・・細めのちぢれ麺は、あの大勝軒でお馴染み・・・昭和30年創業「草村商店」製の無添加麺です・・・プッツリとした噛み応えが心地良く、こちらの魚介系スープとの相性も文句なし・・・

ちなみに、こちらの麺には卵が使われていないそうで・・・トッピングは、チャーシュー・ナルト・小松菜・とろろ昆布・メンマ・・・魚の味を大切にしたナルトには保存料が使われておらず、着色には天然トマト色素が使われているとか・・・無添加に拘った食材で・・・

 

ワンタンの具のエビの食感も魅力的ですが、美味しい無添加の魚介系スープがしっかり染み渡り、プルプルに柔らかくなったワンタンの皮も、これまた魅力的で・・・レンゲでそおっとワンタンを掬い、少し冷ましてから口の中へと滑り込ませた瞬間、至福のひと時が・・・

 

数に限りがありますが、この季節は「生柚子」の皮がトッピングされる事も・・・


営業時間は 11:00〜16:00 (土・日・祝 11:00〜20:30)定休日は 火曜(祝日の場合は翌日) です・・・


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 2019年の「福袋」・・・
    幹事長 (01/02)
  • 2019年の「福袋」・・・
    末吉 (01/02)
  • みどり食堂の「梅セット」(半ら〜めん+半オムライス)・・・その2
    幹事長 (12/30)
  • みどり食堂の「梅セット」(半ら〜めん+半オムライス)・・・その2
    けい (12/30)
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    幹事長 (08/11)
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    末吉 (08/10)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    幹事長 (07/24)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    末吉 (07/24)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM