<< 麺家 西陣の「肉そば」(塩・快速 1.5玉)・・・ | main | 水郷佐原あやめパークの「ハス」・・・その138 >>

水郷佐原あやめパークの「ハス」・・・その137

 

香取市扇島の「水郷佐原あやめパーク」にお邪魔しました・・・

昭和44年、水郷筑波国定公園内に「水郷佐原水生植物園」が開園・・・その施設が、平成29年4月に「水郷佐原あやめパーク」と名前を変え、リニューアルオープン・・・

 

敷地面積は約8ha・・・初夏には伊勢・肥後・江戸系の約400品種・約150万本の花菖蒲、盛夏には日本一の品種数を誇る300品種以上の蓮を観賞する事が出来ます・・・

 

 

こちらは「舞妃蓮」・・・花色は淡い黄色で、仄かに紅色を帯びています・・・

 

昭和41年(1966年)に「ハス博士」こと阪本祐二氏がアメリカの黄花ハス「王子蓮」と日本の「大賀蓮」を交配して誕生したのが「舞妃蓮」だとか・・・

 

舞妃蓮の蕾は淡い鴇色(ときいろ)で、その愛らしい形と花弁の色に魅了されます・・・咲きそろった蓮の花よりも、蕾の方が魅力的に感じられる時もあり・・・

 

古くから神聖な存在とされ、仏教と深い関わりを持つ植物・・・それが蓮・・・


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM