<< 水郷佐原あやめパークの「ハス」・・・その124 | main | 水郷佐原あやめパークの「ハス」・・・その125 >>

神田明神に響く「木遣り」・・・

 

千代田区外神田の「神田明神」にお参りに伺いました・・・

住所は 千代田区外神田2−16−2、JR中央線・総武線・東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水」駅(聖橋口) 東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅(聖橋口) 東京メトロ銀座線「末広町」駅より徒歩5分、JR京浜東北線・山手線「秋葉原」駅(電気街口) 東京メトロ日比谷線「秋葉原」駅より徒歩7分です・・・駐車場は、周囲に有料駐車場があります・・・

正式名称は「神田神社」、東京都心(神田・日本橋・秋葉原・大手・丸の内)の氏神様です・・・神田・日本橋が江戸東京の食を支える青果市場・魚市場の発祥の地でしたので、神田明神の境内に各市場の守護神として江戸神社・魚河岸水神社も祀られています・・・

 

 

こちらは、本日14:30頃・・・御社殿の前に整列された鳶の方々の雄姿です・・・

昭和9年(1934年)に竣工された権現造の「御社殿」は、当時としては画期的な鉄骨鉄筋コンクリート・総朱漆塗の社殿で、本殿・幣殿・拝殿・宝庫が重なるように造られています・・・拝殿の手前を土間にして、その先を畳敷きの床にする事によって参拝者が靴を履いたまま立って礼拝出来る構造は、当時は斬新な考え方だったのではないかと・・・

 

御朱印を拝受する為に、神札授与所がある「鳳凰殿」に伺った所、御社殿から木遣りと思しき勇壮な声が響き渡り・・・その後、家族で参拝をしていると・・・御社殿の中に、鳶の方々の火消半纏の後ろ姿が立ち並んでおりました・・・その後、鳶の方々(詳細は存じ上げませんが、江戸町火消の方々でも正しいかと・・・)が御社殿前に勢揃い!

 

その後ろには、様々な纏(まとい)が立ち並び・・・いやぁ、粋ではございませんか・・・鳶の方々は記念写真を撮影する為に整列なさったのですが、これを見逃す手は無い!・・・記念写真を撮影する方の真後ろにお邪魔して、思わずシャッターを・・・私以外にも、大勢の方々がカメラやスマホを手にして・・・いやぁ、思わず興奮してしまいました・・・

 

ブログに顔を載せるのは失礼ですが・・・でも、あまりにも素敵で・・・ご勘弁を・・・


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM