<< (麺)並木商事GRANDEの「カレーラーメン」(限定)・・・ | main | 水郷佐原あやめパークの「ハス」・・・その111 >>

水郷佐原あやめパークの「ハス」・・・その110

 

香取市扇島の「水郷佐原あやめパーク」にお邪魔しました・・・

昭和44年に開園した水郷佐原水生植物園が平成29年4月に「水郷佐原あやめパーク」と名称を変更しリニューアルオープン・・・水郷筑波国定公園内に位置し、園内の敷地面積は約8ha・・・初夏には伊勢・肥後・江戸系の約400品種・約150万本の花菖蒲、盛夏には日本一の品種数を誇る300品種以上の蓮を観賞する事が出来ます・・・

 

 

こちらは「釵頭鳳」(さいとうほう)という蓮で、分類は爪紅系八重咲・・・どうやら花弁の先が赤い花が「爪紅系」と呼ばれる様です・・・

 

この蓮の名前は、唐琬との悲しい運命を詠った陸游の漢詩「釵頭鳳」から引用したと思われますが、名前の由来を知ると複雑で・・・

 

観る側の心の在り様で、花から受ける印象は大きく異なる気が・・・


コメント
末吉さん、おはようございます・・・千葉は季節外れの肌寒い朝を迎えました・・・

水郷佐原あやめパークの蓮の種類は多く、観ていて飽きません・・・ただ、大雨の影響で私の好きな蓮「舞妃蓮」の開花が少ない気が・・・

そちらの蓮が終わりと聞くと、日本の広さを実感します・・・
  • 幹事長
  • 2017/08/03 7:02 AM
約400品種・約150万本の花菖蒲とはスゴイ。一方、この蓮はびっくり!花びらが多いですね。見てみたい。こちらはもう蓮は終わりました。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM