<< 魚介醤油らーめん 和屋の「濃厚煮干し生姜らーめん」(3/10:20食限定)・・・ | main | 支那そば うみの「ワンタンメン」(大盛)・・・その2 >>

2011.3.11・・・「2017.3.11」・・・

 

こちらは、今から6年前の3月11日に撮影した、佐倉のとある神社の境内です・・・

 

この日の私は仕事を休み、成田や神崎近辺を廻り、小さな一人旅をして・・・職場の合併による、人間関係の歪みというか・・・そういった嫌な事から逃避したかったのかも・・・

 

当初の目的地では無かったのですが、ふと目に留まった小さな神社に立ち寄り・・・お参りを済ませ、人のいない境内で、早咲きの桜と神社の写真を撮影させて頂き・・・

 

この十数分後・・・あの「東日本大震災」に見舞われました・・・車の運転をしていた私は、車内で大きな揺れを感じ・・・そのあまりの大きさに、只ならぬ事態を感じ・・・

 

その後、車を道路の端に停車し・・・カミさんに携帯で連絡するも、電話は全く繋がらず・・・帰宅すると、倒れた冷蔵庫や棚からは、食器やら何やらが数多く散乱し・・・

 

その後、暫くして帰宅した家族の顔を確認した時は、思わず安堵し・・・ですが、そういった願いが叶わなかった方々が数多くいらした事は、皆様もよくご存知かと・・・

 

その日からの数週間・・・テレビから流れるニュースからは、思わず我が目を疑ってしまう様な映像や、信じたく無い様な文章が洪水の様に溢れ出し、心が痛み・・・

 

 

あの日は、2011年3月11日・・・そして今日は、2017年3月11日・・・あれから6年の歳月が流れました・・・変わったものもあれば、決して変わらないものもあり・・・

 

人々が失ったものはあまりにも大きく・・・他の何かで代わりになるという、そんな簡単な事ではなく・・・人々の心の傷は、そう簡単に癒えるものではないと思います・・・

 

被災地の復興への道のりは、私たちが予想するよりも遥かに険しいものだと思います・・・そして私たちが出来る事も、恐らく・・・本当に微々たるものだと思います・・・
 

でも、私たちがあの日を忘れない事と、心を込めて祈る事は・・・息子は障害を持っていますが、今日の午後2時46分・・・言われた通り、北に向かって手を合わせ・・・

 

何も出来ない私ですが・・・被災地の復興を、心よりお祈り申し上げます・・・ 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM