<< 魚平食堂の「海鮮丼」・・・その3 | main | DIC川村記念美術館の「アジサイ」・・・その8 >>

習志野市の「谷津干潟自然観察センター」・・・その8


習志野市秋津の「谷津干潟自然観察センター」にお邪魔しました・・・ 

住所は 習志野市秋津5−1−1、JR総武線「津田沼」駅南口バス乗り場10番「新習志野駅行き」に乗車して「津田沼高校」停車場にて下車し、徒歩約10分・・・車の場合は、京葉道路「花輪」ICで降り、JR京葉線「南船橋」駅方面に向かって進み、若松交差点を左折して、国道357号線を千葉方面に向かって約1km進むと左側に「谷津干潟駐車場」の標識が表れますので、そこから駐車場に入り、車を停め、そこから徒歩ですぐの場所にあります・・・

こちらの施設は、鳥が生息する湿地を守る為の「ラムサール条約」の登録湿地としても認定されている「谷津干潟」に飛来する野鳥を観察・学習するための施設です・・・来館者の方々の野鳥観察の手伝いの為に、指導員の方々による観察の案内等も行なわれています・・・
 

ちなみに、6月10日「谷津干潟の日」・・・平成5年(1993年)の6月10日、水鳥を食物連鎖の頂点とする湿地の生態系を守る為に制定された「ラムサール条約」に於いて、谷津干潟が登録湿地として認定されました・・・これを記念して、習志野市が制定したそうで・・・

明日12日(日)まで、谷津干潟自然観察センターでは「平成28年度 谷津干潟の日フェスタ」が開催され、入館は無料・・・本日は顕微鏡を使った谷津干潟のプランクトン観察コーナーが設けられ、館外には様々な模擬店が・・・明日は津田沼高校による合唱・千葉工業大学・風神によるよさこいソーラン・市立第一中学校による合奏・合唱が予定されています・・・



一階の観察スペースから窓の外を見ると、ツバメが飛んでいました・・・

コンパクトデジカメなので画質が良くありませんが、この写真をご覧になって「おや?」と思われた方もいらっしゃるのでは・・・ツバメの背中が青く輝いている様に見えませんか・・・?

フロアーにいらした指導員の方の説明によると・・・こちらはあくまでも普通のツバメだそうで、光の加減で上から見ると、この様に青く見えるそうで・・・カワセミも原理は一緒だとか・・・

指導員の方の説明によると、曇りの日はカワセミも見え方が異なるそうで・・・あと、ツバメは飛んでいる虫しか捕まえない話とか、歩くのが苦手な話など・・・知識が実に豊富で楽しい!


また、淡水池の観察フロアーでは、婚姻色のダイサギの目元が苗色をしている所を見せて頂き、その美しさに大感動!・・・今日はカイツブリの親子連れも見る事が出来ました・・・

指導員の方々の説明が大変丁寧で、私達の様々な質問にも親切に答えて下さいます・・・

休館日は 月曜(祝日の場合は翌平日)・年末年始
開館時間は 9:00〜17:00 (※入館は16:30まで)です・・・

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM