<< 丸長の「チャーシューつけそば」(こいくち)・・・ | main | ゆで太郎 佐倉王子台店の「薬味そば」と「わかめ」・・・ >>

魚介醤油らーめん 和屋の「濃厚煮干しつけ麺」(5/29(日):25食限定)・・・


佐倉市上座の「魚介醤油らーめん 和屋」(かずや)にお邪魔しました・・・

住所は佐倉市上座1185−4、京成線「ユーカリが丘」駅北口より駅前交差点を右折し、国道296号線(成田街道)を臼井・成田方面に向かって約650m進んだ右側です・・・ 

本日は、限定25食で「濃厚煮干しつけ麺」が頂けると伺い、押っ取り刀で駆けつけて・・・



こちらが、魚介醤油らーめん 和屋「濃厚煮干しつけ麺」(5/29(日):25食限定)です・・・

麺は細めで、多少ウェーブがかかっています・・・永福町大勝軒でお馴染み、昭和30年創業の老舗製麺所「草村商店」の麺です・・・細麺ですが、心地良い弾力が感じられます・・・トッピングは、岩のり・チャーシュー・メンマ・青菜等・・・奥の小さな器には「かぼす」の果汁が・・・

今回のつけダレも、以前頂いた「濃厚煮干しつけ麺」とほぼ同じ・・・濃厚な煮干しの個性が前面に押し出されたタイプのつけダレです・・・ともすれば、煮干しに濃厚さを求めると、煮干しの苦みやクセのある匂いが突出してしまうのでは?・・・といった懸念が生じますが・・・

ところが今回のつけダレも、しっかり煮干しの風味を保ちながらもクセが感じられない、相変らず完成度の高いつけダレで・・・煮干しのクセが感じられないのは、素材の良さとご主人の見極めの良さの成せる業では?・・・麺が半分の所で、麺にカボスをかけて頂きます・・・

以前ご主人から「麺にカボスをかけて食べてみて下さい」と伺いました・・・つけダレにカボスを加えると、濃厚な煮干に柑橘系の風味が相殺されるので、麺に果汁をかけた方が良いかと・・・そして、カボスをかけた麺は半分つけダレに浸すと、カボスの爽やかな酸味が・・・

相変わらず、丁寧に戻された事が見て取れる「乾燥メンマ」・・・歯応えが心地良く、薄味でも美味しい・・・麺を食べ終えた後は勿論「スープ割り」・・・そば湯を供する際に使われる小さな器で運ばれます・・・鳥取・長崎産の煮干しを中心とした、魚介系の魅力一杯のスープで・・・

店内は今日も、相変わらずの盛況ぶりでした・・・益々のご発展を祈念致します・・・

営業時間は 11:00〜16:00 (土・日・祝 11:00〜20:30)定休日は 火曜(祝日の場合は翌日) です・・・


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM