<< DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その31 | main | 「伝統の朝顔」・・・その197 >>

JPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」・・・



JR東京駅から徒歩約1分の場所にあるJPタワー「KITTE」にお邪魔しました・・・ 

住所は 千代田区丸の内二丁目7番2号、地下1階のエントランスが東京駅地下道と直結しています・・・(でも、田舎者にとって東京駅は魔窟・・・。゚.o。疲o.゚。【―_―川】。゚.o。疲o.゚。)

JPタワーは、商業施設「KITTE」や東京中央郵便局、学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」、観光・ビジネス情報センター「東京シティアイ」等からなる複合施設です・・・

この日は、JPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」にお邪魔しました・・・

インターメデイアテクは、日本郵便と東京大学総合研究博物館が運営する総合ミュージアムで、東京大学が1877年(明治10年)以来蓄積してきた学術標本や研究資料等、「学術文化財」と呼ばれるものの常設展示です・・・(単純計算で、今年で138年目になるのね・・・)

骨格標本は、ミンククジラ・キリン・オキゴンドウ・アカシカ・アシカの現生動物・・・幻の絶滅巨鳥「エピオルニス」(通称象鳥)の大型骨格は、本展示が最初のお披露目の場だとか・・・兎に角、膨大な数の動物・鳥類・昆虫の標本を目の当たりにして、オジサンはもうドキドキ・・・

見学を終えた後は、約1,500屬旅さを誇る気持ちの良い屋上庭園で、東京駅丸の内駅舎や東京駅を発着する新幹線や在来線・・・丸の内・八重洲のビル群を眺めるも良し・・・

標本の魅力もさることながら・・・その展示方法がお洒落で・・・見に行って損は無し!

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM