<< 我孫子市の「布佐陶芸」・・・その13 | main | ブーランジェリー・ラトリエの「桜あんぱん」と「クイニーアマン」・・・ >>

日秀(ひびり)観音の「首曲地蔵」・・・


我孫子市日秀(ひびり)の「日秀観音」(ひびりかんのん)にお邪魔しました・・・

住所は 我孫子市日秀90、JR成田線「湖北」駅北口から、布佐駅行きの坂東バスに乗車し、「日秀観音」停留場で下車し、徒歩約1分の場所にあります・・・

 

こちらは、天王台駅・我孫子駅行きの坂東バス「日秀観音」停留所です・・・

西北西側を向いたこの写真だと、バス停留所の看板の向こう側に「日秀観音」があり、道路の反対側に坂東バス・布佐駅行きの「日秀観音」停留所がある事になります・・・



こちらは、天王台駅・我孫子車庫行きの坂東バス日秀観音」停留所の時刻表です・・・

時刻表に関しては変更の可能性も・・・「坂東バス」のホームページにてご確認下さい・・・



こちらは、日秀観音の境内の外側にある「首曲地蔵」(くびまがりじぞう)です・・・

この「首曲地蔵」は、平将門の調伏(ちょうぶく)を祈願した成田山不動尊を嫌い、成田山に背を向け、首を曲げた姿だそうで・・・そして平将門を裏切ったとされる「桔梗姫」に因み、この地域では桔梗の花はご法度・・・お土産も「桔梗信玄餅」は遠慮した方が無難かな・・・?

(ちなみに・・・私の同僚に、実験用のムラサキツユクサに除草剤を蒔いた方が・・・w)



こちらは、「日秀観音」の境内の様子です・・・桜の花が見事に咲き乱れています・・・

日秀観音は、平将門の守り本尊と伝えられた観音菩薩で、日秀には数多くの将門伝説が残っています・・・境内前の丁字路を折れ、成田線の踏切を渡り、少し進むと「将門の井戸」があり、その手前の細い道へと進むと、平将門をお祀りした「将門神社」があります・・・

日秀観音の観音堂は、安政年間の創建だとか・・・西暦だと1854〜60年だそうで・・・

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM