<< 「伝統の朝顔」・・・その179 | main | 「伝統の朝顔」・・・その180 >>

御宿 東鳳のバイキング「あがらんしょ」・・・その1


今年の夏の家族旅行・・・私達が2日目に宿泊した宿は、会津若松の「御宿 東鳳」です・・・ 

今から約千三百年前・・・行基上人により開かれたという会津東山温泉・・・御宿 東鳳では、眺望が素晴らしい2つの湯「宙の湯」と「棚雲の湯」を心ゆくまで楽しむ事が出来ます・・・



そしてお料理は、2011年の春にオープンしたというバイキングレストラン「あがらんしょ」(※会津弁で「召し上がれ」の意味)・・・旬の食材を活かした、魅力的な料理が揃います・・・

(フッフッフッ・・・俺の「会津の夜」が、今ここで幕を開けようとしている・・・・(メ■_■)y-〜)



こちらは、御宿 東鳳「あがらんしょ」(夕食)・・・「蕎麦」(なめこ・とろろ)「鯉の甘煮」です・・・

蕎麦は冷たい「冷やしぶっかけそば」・・・これがまた美味しい!・・・私の場合、こちらで夕食を頂く場合は、贅沢なメニューには目もくれず、蕎麦やラーメン等の「麺類一筋」!・・・w

昼夜の寒暖差の大きい会津の気候は、蕎麦の生育に適しているそうです・・・蕎麦にはしっかりとしたコシがあり、汁の塩梅も良し・・・美味しい日本蕎麦を堪能させて頂きました・・・

手前の「鯉の甘煮」も、甘辛く煮付けられた鯉の身がこれまた・・・。゚+.。゚+.(喜´∀`喜)。゚+.。゚+.



こちらは、御宿 東鳳「あがらんしょ」(夕食)・・・「ソースかつ丼」「えご」です・・・

会津のB級グルメと言えば「ソースかつ丼」・・・戦後、洋食屋さんが始めたというそのルーツの詳細は不明だとか・・・でも、そんなの関係ない!・・・美味しければ、それで良し!

手前の「えご」は主に佐渡島で食される郷土料理で、海藻の「えご草」を煮て、寒天の様に固めた物だとか・・・福岡の名産「おきゅうと」が多少方向性が似ている食品だそうで・・・

昨年は昼食がセーブ出来ず、なかなかお腹が空かなかったが・・・今年はリベンジ成功!

(あのねェ・・・そのエネルギーを、もう少し違う方向に活かせないの?・・・┐(゚〜゚)┌)


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM