<< 成田市場で「買い物」・・・その24 | main | とれたて産直館 印西店の「スパイラル ロマネスコ」・・・ >>

鴨川市平塚の「大山千枚田」・・・その4


今日は、鴨川市平塚の「大山千枚田」にお邪魔しました・・・

房総半島のほぼ中央に位置する大山千枚田は、東京から一番近い棚田だそうです・・・


この時季は大山千枚田も田植えを終え、苗が植えられた田には水が満ちているのでは・・・という事は、空を映し込んだ水田の写真を撮影するのには絶好の機会?・・・そう思った私は居ても立っても居られず・・・先週の土曜日、AM3:00出発・・・大山千枚田へと向かい・・・

・・・が、残念ながら、到着したのはAM5:00・・・お日様、出ちゃってる・・・。・゚・(゚`д´゚)・゚・。


・・・という事で、今日はリベンジ!・・・今度こそ「大山千枚田」の日の出をカメラに収めるぞ!・・・と意気込む私・・・AM1:00に起床、AM1:30に自宅を出発・・・富津館山道路を南下し、鋸南保田ICで降りて、真っ暗な鴨川保田線を東に向かって車を走らせました・・・

大山千枚田に到着したのは、AM3:30頃・・・辺りは真っ暗で、カエルの鳴き声が・・・駐車場に車を停めた際には、ライトの正面に光る獣の目!・・・どうやらタヌキの様で・・・私以外にも、数人の方々が棚田の日の出の撮影にいらして・・・皆さん、とてもお元気ですね・・・w


懐中電灯を照らしながら、棚田の展望台へと向かいます・・・真っ暗な中で、カメラの三脚を添え・・・そしてカメラのセッティングを終え、日の出を待ちます・・・空がしらじらと明けて来る頃には、左右の山間からウグイスの声が・・・そして時々、キジの甲高い声も響き渡り・・・

冬場とは異なる山の稜線から、次第に日が昇り・・・景色がゆっくりと変わって行きます・・・



こちらが、鴨川市平塚の「大山千枚田」・・・晩春の早朝の棚田の光景です・・・

嶺岡の麓に拡がる約4ヘクタールの傾斜地に、大小375枚の棚田を持つここ大山千枚田は、「日本の棚田百選」の一つに選ばれ・・・そして、千葉県の名勝にも指定されました・・・

稲作の機械化や農業従事者の高齢化という問題を抱え、全国の棚田は次第に姿を消していきました・・・そこで大山千枚田では新たに「オーナー制度」を導入し、再出発を果たします・・・現在は大勢の人に農業体験の場を提供し、地域の活性化を目指しています・・・



こちらも、鴨川市平塚の「大山千枚田」・・・陽が少し高く昇ると、この様な光景が広がり・・・

ちなみに・・・この大山千枚田は、日本で唯一「雨水」のみで耕作を行っている・・・いわゆる「天水田」だそうです・・・その為、貴重で珍しい動植物も数多く生息しているそうで・・・

動植物が沢山生息しているという事は、それだけ豊かな自然に恵まれた地域という事・・・こうして豊かな自然とそれを守る人の手が、美味しい長狭米を支えているのですね・・・



写真の腕はさておき・・・今回も素敵な景色との出会いに感謝して、帰路へと着きました・・・


(・・・この帰り道、成田市場まで買い物に行ってる私こそが、一番元気だったりして・・・w)

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM