<< 南風(みなみかぜ)の「魚ダシつけめん」・・・ | main | 福星寺の「枝垂桜」・・・その9 >>

正雪紺屋の「手ぬぐい」・・・その1



静岡市清水区由比の「正雪紺屋」にお邪魔しました・・・

住所は 静岡市清水区由比68、JR東海道本線「由比」駅と「蒲原」駅のほぼ中間の場所で、静岡市東海道広重美術館がある「由比本陣公園」の道路の向かい側にあります・・・

こちらは、慶安の変で有名な由井正雪の生家と言い伝えられている染物屋さんです・・・

ちなみにこの写真は、夏にお邪魔した際にご許可を頂き、撮影させて頂きました・・・



こちらは、正雪紺屋の店内の様子・・・足下には、染料の藍汁を溜める藍甕(あいがめ)・・・そして店内には、染物道具や火災の際に家財を入れて運び出す用心籠も展示されて・・・

現在、こちらの藍甕は使用していないそうですが、当時の様子を現在に語り継ぎます・・・



こちらが、正雪紺屋で購入した「手ぬぐい」・・・由比の名産「桜えび」の模様です・・・

駿河湾等に分布する「桜えび」は、漁獲対象になっているのは駿河湾だけだそうです・・・深海を群れで遊泳し、夜になると水深20〜50mまで浮上し、プランクトンを捕食するそうで・・・

汗を拭ったり、洗った手を拭いたり・・・でも、乾きが早く・・・気のせいか、頻繁に洗わずとも、臭いもさほど気にならず・・・四季を問わず、場所を選ばず・・・手ぬぐいは本当に便利で・・・

実は、手ぬぐいは数種類持っているのですが・・・何枚あっても、嬉しい小物ですね・・・

営業時間は 9:00〜17:00不定休 です・・・

コメント
やなぎさん、こんばんは・・・いえいえ、あくまでも手ぬぐいが目的で・・・w

今回、桜えびは由比港漁協直売所で購入し、自宅に持ち帰り・・・昨晩、カミさんがかき揚げにしてくれました・・・やはり生の桜えびのかき揚げは美味しいですね・・・

道は狭いのですが、あかりの博物館もなかなか面白い場所でした・・・
  • 幹事長
  • 2014/04/01 10:34 PM
由比に行かれたのですね。
ということは真の目的はてぬぐいではなく、てぬぐいの図柄の物体ですな。

さぞかし美味しかったことでしょう(笑)

私もまた食べに行きたいです。
  • やなぎ
  • 2014/04/01 8:55 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM