<< 大山千枚田「棚田の夜祭り」・・・その1 | main | らーめん 松信の「らーめん」(普通盛り)・・・その3 >>

とんぼ亭の「地魚づけ丼」・・・その1


鴨川市花房の「とんぼ亭」にお邪魔しました・・・

住所は 鴨川市花房35−1、JR外房線「安房鴨川」駅より、国道128号線「鴨川バイパス」を横断し、県道24号線(千葉鴨川線)を千葉方面に向かって約2km進んだ右側、「ケーズデンキ鴨川店」の手前、「鴨川市立西条小学校」 の道路の向かい東側です・・・

この日は同僚と共に、大山千枚田の「棚田の夜祭り」の見学の為、PM4:00に四街道を出発し、富津館山道路を南下し、鋸南保田ICで降りて鴨川保田線を鴨川を目指しておりました・・・が、その前に夕食を済ませる為に、こちらの食事処にお邪魔した次第でして・・・

清潔感が感じられる、とてもお洒落な店内・・・2人掛けのテーブル席が5つに、お店を入って左側には小上がり席も・・・後でご主人に伺った所、以前はテラス席だったそうです・・・

では、メニューを拝見します・・・壁際のメニューには「本日の刺身定食、ワラサ・アジ・宗田鰹・イカ」の文字が・・・どうやら、地元で獲れた新鮮な旬のお魚がオススメの様ですね・・・

では・・・鴨川と言えば、やはり名物の「おらが丼」という事で、こちらを注文しました・・・



こちらが、とんぼ亭「地魚づけ丼」です・・・本日のお魚は「ワラサ」だそうです・・・

大きめの丼にしっかりと盛られたご飯の上に、新鮮で厚みがあるワラサの刺身のヅケが所狭しと乗っています・・・立ち昇る赤だしのお味噌汁の香りが、食欲をそそりますね・・・

では、頂きます・・・おお、この酢飯の酢の塩梅の程良さ・・・そして、ワサビ醤油の味加減も、ワラサの刺身の魅力を損なわない程度に抑えてあり・・・この味付け、好きだなァ・・・

そしてお米は、地元鴨川長狭地区の田村農園生産の「千葉エコ米」・・・仄かな甘みと、米の粘り具合がいい感じで・・・久しぶりに、かなり満足度の高いお魚の丼を頂きました・・・

そして、ご主人が私たちに特別にサービスして下さったのが、こちらの小皿に・・・



こちらは、サービスして頂いた、鴨川の船上活〆の「宗田鰹」(ソウダガツオ)です・・・

頂いてみると・・・皮の下の脂の豊かさ・・・そして、あのカツオ独特の臭みが全く感じられず・・・私たちが普通に思い浮かべる、あのカツオとは全くの別物で・・・お、美味しい・・・



そして、ご主人がわざわざ私たちに見せて下さったのが、この見事な「宗田鰹」です・・・

向かって左側の頭が、斜め上に反っているのが「活〆」された魚という証拠の様です・・・それにしても、この皮のツヤ・・・この眼の輝き・・・ああ、これこそ刺身で食べたいなァ・・・

この日は、ご主人から今までお店で扱った魚のタグを見せて頂きましたが・・・「地魚トビウオ」「船上活〆メジ鮪」「船上活〆ウマヅラハギ」「船上活〆ゴマ鯖」・・・(た、たまらん・・・)

残念ながら、私は下戸ですが・・・車を運転してきた私に気遣いをして、これだけ新鮮な魚を目の前にしながら、一献を傾ける事を良しとしなかった同僚が、ちょっぴり気の毒・・・w

勿論、魚の種類は季節によって異なりますが・・・ウマヅラハギの刺身を肝で食べたい!

温かいお店の雰囲気も素敵・・・鴨川方面にお越しの際は是非・・・お勧めの名店です・・・

定休日は 水曜営業時間は 11:00〜14:00、17:00〜21:00(早仕舞の場合有) です・・・

(2014年3月現在、残念ながら「とんぼ亭」は閉店しております・・・また改めての営業再開を祈念しております・・・)

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM