<< 年の功より「亀の甲せんべい」・・・ | main | とんぼ亭の「地魚づけ丼」・・・その1 >>

大山千枚田「棚田の夜祭り」・・・その1


昨日、鴨川市平塚の「大山千枚田」にお邪魔しました・・・

房総半島のほぼ中央に位置する大山千枚田は、東京から一番近い棚田だそうです・・・

嶺岡の麓に拡がる約4ヘクタールの傾斜地に、大小375枚の棚田を持つここ大山千枚田は、「日本の棚田百選」の一つに選ばれ・・・そして、千葉県の名勝にも指定されました・・・


大山千枚田では、2013年11月29日(金)〜12月1日(日)に「棚田の夜祭り」が開催されます・・・2年ぶりの開催となった今年は、1万個のLEDによるライトアップが実施され、松明とLEDによる灯りの共演により、幻想的な光景が鴨川の夜空の下に広がります・・・
 
11月29日(金)〜12月1日(日)のイベント開催期間は、大山千枚田周辺で交通規制が敷かれ、一般車両の乗り入れは出来ません・・・車でお越しの場合は、臨時駐車場となる鴨川市総合運動施設に駐車して、そこからイベント専用のシャトルバスを利用します・・・

シャトルバスの乗車前に、運動施設のチケット売り場でイベント参加費として500円を支払います・・・但し、2会場で利用できる買物券が200円分付きますので、一寸お得・・・

鴨川市総合運動施設では「物産夜市」として地場産品の販売夜市が行われ・・・更に会場となる大山千枚田では、軽食や温かい飲み物等を販売する「飲食夜市」が開かれます・・・


市場に向かう際にいつもご一緒する同僚と、PM4:00に四街道を出発し、富津館山道路を南下し、鋸南保田ICで降りて鴨川保田線を東に向かいます・・・街灯が殆どありませんので、道路は真っ暗・・・カーブが続く片側一車線の山道を、鴨川を目指して進みます・・・

棚田に向かう前に、事前に調べておいた食事処「とんぼ亭」で「地魚づけ丼」を頂きましたが・・・これがまた・・・お、美味しいの何のって・・・ワーイ♪\(^ω^\)( /^ω^)/ワーイ♪

また、ご主人を始めとしたお店の方々の温かいおもてなしがとても心地良く・・・これぞまさに名店ですね・・・で、美味しい食事を終え、鴨川市総合運動施設に車を停めて、シャトルバスに乗車して約20分・・・駐車場へと降り立った私たちを出迎えてくれた景色とは・・・



こちらが、鴨川市平塚の大山千枚田「棚田の夜祭り」の光景です・・・

右上に見える灯りは特設ステージで、私たちがお邪魔した際には残念ながら終了していました・・・更に右上の場所では、飲食夜市が開かれていました・・・私たちは「ひしこ押し寿司」で有名な(有)アルガマリーナの「つみれ汁」を頂きました・・・。≠( ̄〜 ̄ )モグモグモグ

風の影響を考慮しての事と思いますが、残念ながら松明の灯りは少なく・・・でも、LEDと言えども、灯りが揺らぐ様子は、まるで本当の松明の灯りの様でした・・・坂の途中では、消防団の方々が、何故か「めんたいパークのテーマソング」を大音量で流していました・・・w



こちらも、鴨川市平塚の大山千枚田「棚田の夜祭り」の光景です・・・

昨日は寒さも厳しかったのですが・・・そのお蔭で、空気がとても澄んでいて・・・山の稜線のすぐ上には、冬の星座を代表するオリオン座をはっきりと確認する事が出来ました・・・

夜空に瞬く星空・・・そして、夜の底に揺らぐ棚田の灯り・・・幻想的な冬の夜の景色・・・



この写真を撮影してすぐ後、この日のフィナーレを告げる花火が打ち上げられました・・・

稲作の機械化や農業従事者の高齢化という問題を抱え、全国の棚田が次第に姿を消していく中、大山千枚田では新たにオーナー制度を導入し、再出発を果たします・・・そして現在は、大勢の人に農業体験の場を提供しながら、地域の活性化を目指しています・・・

微力な私は何も出来ませんが、こうしたイベントに参加する位の事は続けていきたい・・・そういう思いを強くしながら、私たちは静かに更け行く鴨川の夜の棚田を後にしました・・・

5時頃より自動で点灯するライトアップは、12月25日(水)まで行われる予定です・・・

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM