<< 「ご当地フォルムカード」・・・その8 | main | 宮醤油店の「かずさむらさき特撰しょうゆ」・・・ >>

らーめん 八平の「アリランチャーシュウ」・・・



長生郡長南町の「らーめん 八平」にお邪魔しました・・・

住所は 長生郡長南町山内813−2、山内ダム入口から程近い、のどかな場所です・・・

実に5年ぶりの訪問でしたが、前回こちらにお邪魔した際に、お店の場所をカーナビに登録しておいたので、今回は迷わずに・・・でも、お店に到着するまではかなりの不安が・・・

こちらの家屋は、昭和初期に納屋として建てられたものを、市原市の野口家より譲り受け、当時の物を加工して組み立てたそうで・・・屋根には、中国から輸入した杉の木が・・・

私がお店に到着したのは、開店の20分ほど前・・・昨日の雨模様が嘘の様な、見事な秋晴れの空の下・・・平日のお昼前ですが、開店10分前には10人程の行列が出来て・・・

私が一番目の客でしたので、お店の女性からまず何を注文するかを尋ねられました・・・今までの作り方のパターンだと、私が「みそ」を注文すると、それ以降の方々が必然的に「みそ」一本に絞られる事になるのですが・・・とりあえず、基本の「アリラン」を注文・・・

辛さは「普通」「控えめ」等がありますが、今回は「普通より少し辛め」を注文しました・・・



こちらが、らーめん 八平「アリランチャーシュウ」(普通より少し辛め)です・・・

見るからに辛そうな色をしたスープの表面には、炒めたざく切りの玉ねぎやニラ・・・そしてその中には、一緒に炒めた肉やニンニクの欠片が・・・辛いけれども、これは美味しい・・・

八平の食堂で製麺しているという自家製の中太麺は、プリッとした食感が個性的な麺です・・・麺の長さが短かめなのは、辛い麺を啜る際にむせない様にとの配慮なのかな?・・・時間が経つにつれ、麺の表面がスープ色に染まっていき・・・生麺、危うし!・・・w

バラ肉のロールタイプのチャーシューは、表面にしっかりと醤油ベースの味が染み込んでいます・・・肉質は比較的しっかりとしながらも、ほろりと崩れるタイプで・・・お、美味しい!

辛いと言っても、佐倉の「どてちん掘廚茲蠅録匹気蝋気┐瓠ΑΑΔ發辰箸癲比較するラーメンの個性や辛さの方向性が異なりますし・・・それぞれが持つ魅力を比較するのは野暮・・・

ここでしか味わえない・・・ある意味これも「ご当地ラーメン」なのかもしれませんね・・・

定休日は 水曜(不定休も有)営業時間は 11:00〜18:00 です・・・

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
  • 2018年「新年」のご挨拶・・・
    幹事長 (01/03)
  • 2018年「新年」のご挨拶・・・
    末吉 (01/02)
  • 憩い処 三陸の「煮魚定食」(日替わり:ソイ)・・・
    幹事長 (12/26)
  • 憩い処 三陸の「煮魚定食」(日替わり:ソイ)・・・
    末吉 (12/25)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM