<< 成田市場で「買い物」・・・その17 | main | 呉竹の「mini 筆ストラップ」・・・ >>

自作スモーカーで「かまぼこ・さつま揚げの燻製」・・・


朝晩の冷え込みが身に染みる季節・・・この時季こそ、燻製に最も適したシーズンです・・・

では・・・今回は、自作スモーカーで「かまぼこ・さつま揚げの燻製」を作ってみましょう・・・

(スモーカーの作り方は、「自作スモーカー 「自作スモーカー◆をご覧下さい・・・)



こちらは、ダンボールで燻製する前の笹かまかまぼこさつま揚げの様子です・・・

かまぼこは水分を多く含んでいるので、かまぼこを包んであるビニールを外し、冷蔵庫でそのまま一晩置き・・・表面の水分を飛ばした方が、燻煙がカマボコに馴染む様な気がします・・・


進誠産業のスモークウッド(リンゴ)に火をつけて・・・途中で笹かま等の表裏を返し・・・表面の水分をキッチンペーパーで拭き取り・・・更に裏返し・・・そして約4時間、じっと待ちます・・・



お待たせしました・・・こちらが、「笹かま・かまぼこ・さつま揚げの燻製」でございます・・・

さっぱりとした味がお好みならば、やはり
「かまぼこ」がオススメかと・・・「笹かま」は小さめですので、冷蔵庫で水分を飛ばさなくても大丈夫です・・・ああ、燻煙の良い香りがたまらん・・・

そして、私の一番のお気に入りが、手前の
「さつま揚げ」・・・水分を飛ばさずに作りましたが、素材の旨味がしっかりしていて、燻煙とのバランスが最も良い気がします・・・(≧∇≦)b

写真を見れば一目瞭然ですが・・・中央付近の笹かまは、チップのほぼ真上の場所だったので、色が濃い目に・・・多くの素材にムラが無い様にしたい時には、頻繁に場所を変えて・・・燻煙の乗りの強弱による味の比較をしたい時には、わざと場所変えなくても面白いかも・・・

出来たてを頂くのも良し・・・燻煙の香りを楽しみたい場合には、少しレンジで温めてから・・・


(風が強い日や、燃え易い物の近くでは行なわない様・・・くれぐれも火にはご注意を・・・)

コメント
mimiさん、こんばんは・・・石油ストーブの上で、ヤカンがこんこんと音を立てています・・・

生でも食べられて、水分が少なめで、薄く塩味が付いた練り物は燻製にはもってこいの食材だと思います・・・ただし、水分を少し飛ばした方がエグ味は少ないですね・・・

やはり火が怖いので、ダンボールでの燻製は屋外で行います・・・なるべく広い場所で、目が届きやすい場所が宜しいでしょうね・・・

おっしゃる通り、野良猫はなかなか厄介です・・・これにも目を光らせております・・・以前、2階のベランダまで登って来て、サンマのみりん干しを狙っていたヤツの根性には驚きました・・・
  • 幹事長
  • 2013/01/27 10:56 PM
幹事長さん今晩は!

笹かまぼこやさつま揚げも燻製に?
そうですね、確かに美味しそうです!
目から鱗がポロリ落ちた感じがします

ダンボールのスモーカー、屋外で燻すのでしょうか?当地のような雪国では
乾燥の危険性はないものの・・・チョット
無理かも?しかし興味深々です!
いつか良い気候の時を待って試してみたいものです、ハイ (^-^)/

良い薫りが辺り一面漂うのでしょうね

猫・猫・猫・が寄って来ませんか?

  • mimi
  • 2013/01/27 10:23 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM