<< 丸亀製麺の「肉汁つけうどん」(ざるうどん・並)・・・ | main | ブラッスリー それいゆの「イワシのパン粉焼き・トマトとパプリカのソース」・・・ >>

翼コレクション第17弾「紫電改」(しでんかい)・・・その1



こちらは、童友社翼コレクション 第17弾「紫電改」(しでんかい) No97, 「第343海軍航空隊 戦闘第301飛行隊長 菅野直大尉搭乗機」です・・・
 
昭和16年(1941年)、水上戦闘機「強風」を陸上戦闘機に改造する計画を受け、開発・量産化された「紫電」は、前方視界不良や主脚の故障により離着陸時の事故が多発したそうです・・・その後、紫電は改良され、昭和18年に「試作1号機」が完成し、翌年に初飛行・・・そして、昭和20年に「紫電21型」と命名されたのが、こちらの通称「紫電改」だそうです・・・

こちらの機体は、第343海軍航空隊の戦闘第301飛行隊長「菅野 直」(かんの なおし)氏が搭乗した機体です・・・胴体後方に2本の黄帯が斜めに入っているのが特徴の様です・・・

平野耕太氏の漫画「ドリフターズ」にも登場しますので、ご存知の方も多いのでは?

ちなみに・・・こちらを組み立てたのは、カミさんで・・・(初めてのプラモ・・・?)

コメント
末吉さん、コメントが遅れてすみません・・・昨晩は少し早く寝てしまいました・・・

我々の子供の頃には食玩は無く、やはり「プラモデル」・・・思い起こせば「陸のタミヤ 空のハセガワ」と言う言葉がささやかれる程の「プラモデル世代」でした・・・(たぶん、末吉さんもほぼ同じ世代かと・・・?)

今年は静岡の田宮模型の見学を予約して、歴史館やショールームの見学をさせて頂きましたが、懐かしいプラモデルの数々に大興奮でした・・・(ちなみに、興味があって見学の予約をしたのはカミさんでした・・・w)

ちなみに、千葉・柏にはイマイの「サンダーバードシリーズ」の箱絵を描かれた故・小松崎茂氏がお住まいでした・・・確か、松戸には氏のイラストが見学出来る場所があると思いますが、いずれお邪魔しようかと・・・

ああ・・・プラモの話は尽きず・・・少年時代に戻ってしまう・・・w
  • 幹事長
  • 2012/10/28 6:24 AM
奥さん、やるーー。
プラモ世代としてはビビっときますね。月一回の小遣い握りしめて近くの文具屋に戦闘機、軍艦、戦車、潜水艦...のタミヤのプラモの箱を見ながらワクワクしてました。
確かに・・・整髪や育毛剤に合いそうな名前の様な気がしますね・・・

その昔・・・私の親父がプロペラ機を中心とした世界中の様々な飛行機のプラモデルを作っていました・・・子供の頃は、それが宝物の様に見えたのが懐かしく思い出されます・・・

零戦を始めとする世界中の戦闘機には、どうしても戦争の暗い影が付き纏う気がします・・・が、そういった暗い歴史にも我々がきちんと向き合う姿勢が求められるのが、今の世の中なのかもしれませんね・・・

受け売りの知識ばかりが増え、自分の考えはというと・・・殆どカラッポの今の私です・・・w
  • 幹事長
  • 2012/10/27 12:38 AM
紫電改って戦闘機に付いた名前でしたのね!?

何も知らなくて・・・ヘァトニックの名前とばかり思い意味は特に考えずに
いましたが・・・

幹事長さんは多才な方でいらして♪
Blog を読ませて頂きますと、視野が
ぐぅんと拡がるみたいです (^-^)v
  • mimi
  • 2012/10/26 9:39 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM