<< 水郷佐原水生植物園の「ハス」・・・その37 | main | 水郷佐原水生植物園の「ハス」・・・その38 >>

ホニホの缶詰「青森の正直 鯖味噌煮」・・・


吉田拓郎が歌った「唇をかみしめて」の歌詞の中に、次の様な一節がありますが・・・

♪ 裁くも・・・裁かんも・・・空に任したんよ〜・・・ ♪ 


この歌詞の部分を初めて耳にした時・・・私の耳には、こういう風に聞こえた訳で・・・

♪ 砂漠も・・・鯖缶も・・・空に任したンよ〜・・・ ♪


はたして・・・これって、どういう意味の歌詞なの・・・と・・・(・ω・ )?



こちらは、ホニホの缶詰「青森の正直 鯖味噌煮」です・・・

伊豆沖で産まれたサバは北方へと回遊し、北海道沖で豊富なプランクトンをたくさん摂取するそうです・・・そして南下を始める八戸沖では、丁度脂が乗った状態になるそうです・・・

脂が乗り切った状態で水揚げされた八戸のサバを一つ一つ手詰めで缶詰にしたのが、この「青森の正直」シリーズの鯖の缶詰です・・・これはちょっと贅沢なサバの缶詰ですね・・・

さっそく頂いてみると・・・おお、青森県を代表する味噌「津軽味噌」はとても上品な味わいで・・・でも、鯖の個性に負けない力強さを内包した、美味しい味噌だと・・・そう思います・・・

もちろん、鯖の方も・・・脂が乗っている割には、しつこさが感じられず・・・美味しい・・・一般的なサバの缶詰よりはひと回り大きめで、値段も高めですが・・・その価値はあるかと・・・

味噌煮の他にも「水煮」や「味付け」がありますが・・・全部味わってみたいな・・・
(≧∇≦)b

コメント
数が「かみ合っていない」のかも?

鯖が傷みやすいから・・・?
  • 幹事長
  • 2012/07/30 10:17 PM
サバをよんでいるのかも?

体重・・・?
  • とらきち
  • 2012/07/30 3:59 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM