<< コメダ珈琲店 冨士中央店の「ミニシロノワール」・・・ | main | 山形の「月山らーめん」・・・ >>

金環日食で作る・・・自家製「アジの干物」・・・


今日は、日本では1987年に沖縄で観測されて以来・・・東京では、実に173年ぶり・・・日本の広い範囲で見られるのは、平安時代末期の1080年以来という「金環日食」でした・・・

たぶん、私が予想するに・・・今日の巷のブログは「金環日食」で溢れるであろうと・・・では、へそ曲がりの私が、その様な特別な気象条件の下でする事とは・・・そう、「干物」(笑)


ご近所のスーパーで「アジ」を購入・・・では、久しぶりの「干物作り」にチャレンジ!


 △泙僻弔某景校罎鯢澆、魚の頭を「斜め右上」に向けて置きます・・・

◆頭と背びれの境に包丁を入れ、首の骨まで切り込みを入れます・・・

、左手を魚に添え、包丁の先を頭の上から中骨まで差し込み、ゆっくりと尾の方へ・・・

ぁ∈玄蠅脳綽箸魍き、腹を切り離さない様注意して、丁寧に包丁で開いていきます・・・

(「魚の背開き」は、「魚屋三代目日記」さんがとても丁寧で分かりやすいかと・・・)

ァ開いた魚は、ワタ(内臓)を取り除き、流水の下で血合いを綺麗に洗います・・・

Α魚の重さの約4%の重さの塩を、皮側に1/3・身側に2/3の量を振ります・・・

А△修谿奮阿砲癲痛みやすい目の部分や、頭の部分等にも塩を振ります・・・

─▲ッチンペーパーを敷いたお皿に並べ、冷蔵庫で一晩寝かせます・・・


前日の夜「干物用の網カゴ」に魚を広げて、翌日の午前中まで陽に当てて取り込む・・・という方法が一般的だそうですが、天気や気温によって干す時間を加減した方が宜しいかと・・・



 
こちらが自家製「アジの開き」です・・・生憎の曇り空でしたが、日食の下で干しました・・・w

では、いただきま・・・うん、それなりに美味い・・・でも、自分で捌いた干物の味は格別で・・・

但し・・・日食の下で干した事により、味が変化したかどうかは不明・・・つД`)・゚・。・゚゚・*:.。


そういえば・・・魚の眼って・・・どこか「金環日食」に似ている気がして・・・(つ´∀`)つ

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM