<< 「銀座の恋」・・・その2 | main | 野田市郷土博物館の「わが家のおひなさま」・・・ >>

野田の「興風会館」と「旧野田商誘銀行」・・・


車に自転車を積み込んで、久しぶりに醤油の町「野田」へ出かけてみました・・・

野田の中心街を通る「流山街道」沿いには、私の好きな古い建物があります・・・

では・・・自転車を組み立てて、風を受けながらポタリングと洒落てみましょう・・・



こちらは、野田市野田の「興風会館」(こうふうかいかん)の建物です・・・

一部に「ロマネスク様式」を取り入れているというこちらの建物は、昭和4年(1929年)に竣工され、設計者の大森茂氏は、神田駿河台の明治大学旧校舎の設計した建築家だそうです・・・ちなみに、こちらの建物は「国登録有形文化財」に指定されています・・・

652席の「大講堂」では、歴史の重みを感じさせる「空気」に直に触れる事が出来ます・・・



こちらは、同じく野田市野田の「旧野田商誘銀行」(現:千秋社)の建物です・・・

明治33年(1900年)に設立された「野田商誘銀行」は、創立委員の殆どが醤油醸造家で、銀行名は「醤油」(しょうゆ)と「商誘」(しょうゆう)とを掛け合わせたのだそうです・・・建物は大正15年(1926年)に完成し、現在は千秋社の建物で、内部の見学は出来ません・・・

この様な建物が今も大切に使われている所が、歴史の町「野田」の良さかもしれません・・・

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM