<< 「空芯菜」のらー油にんにく炒め・・・ | main | 平成22年度「佐倉市民文化祭 書道展」・・・ >>

おめでたい「鯛の鯛」・・・その6


お魚を頂く際、つい私がやってしまうクセ・・・それは・・・

「鯛の鯛」を探さずにはいられないという事でしょうか・・・

魚のアラ汁・・・お頭付きの焼き魚・・・煮魚・・・お魚料理を頂くと、つい箸を片手にホジホジ・・・もう止まりません・・・おいっ、料理が冷めるぞ・・・いや、もうちょっと待ってて・・・



こちらは、小鯛「鯛の鯛」(実物大)です・・・マッチの頭(赤い部分)が約5mmです・・・

・・・えっ・・・「これじゃあ様子が全く分からないだろう!」ですって?・・・では、拡大して・・・



こちらが、約12cmの小鯛から取り出した「鯛の鯛」(拡大)です・・・本当は白に近い色なのですが、今回はあまりにも小さくて分かりづらいので、青いボードに乗せて撮影しました・・・

魚の胸びれの付け根には、この様に「肩甲骨」(左側)「烏口骨」(右側)が繋がった部分がありますが・・・俗に「鯛の鯛」と・・・そう呼ばれております・・・

特に鯛の中の骨は、昔から「おめでたい鯛の中にある鯛なので、更におめでたい!」・・・という事で、縁起物として喜ばれています・・・お財布の中に入れておくと、お金が貯まるという言い伝えもあるとか・・・魚の種類によって形が異なるのも、なかなか面白いですね・・・

定食屋さんで、魚を食べ終えたのに必死で骨をほじくっている奴・・・それは私かも・・・


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
  • 2018年「新年」のご挨拶・・・
    幹事長 (01/03)
  • 2018年「新年」のご挨拶・・・
    末吉 (01/02)
  • 憩い処 三陸の「煮魚定食」(日替わり:ソイ)・・・
    幹事長 (12/26)
  • 憩い処 三陸の「煮魚定食」(日替わり:ソイ)・・・
    末吉 (12/25)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM