<< 自家製「エボダイの開き」・・・ | main | 上の元湯「玉の湯旅館」・・・その2 >>

上の元湯「玉の湯旅館」・・・その1



福島県双葉郡大熊町の「上の元湯・玉の湯旅館」に一泊、お世話になりました・・・

住所は 福島県双葉郡大熊町野上字湯の神13−1、常磐自動車道「常磐富岡」ICから車で約15分、JR常磐線「大野」駅から車で約10分の場所にある天然温泉の旅館です・・・

こちらは、今から約400年前の慶長元年(1596年)の頃より、主に皮膚病や胃腸病に効く天然温泉として多くの人々から親しまれてきた温泉だそうで、古くは相馬藩唯一の名湯であったことから、殿様の湯治場であったとの記録もあるそうです・・・

そして、この温泉を発見した初代玉林房氏から数えて、先代のご主人は何と二十三代目にあたるそうです・・・それにしても、何とも気の遠くなるような長い歴史ですねぇ・・・

2箇所から湧き出しているという源泉の温度は25〜29℃だそうで、少し低めです・・・が、これは阿武隈山系が死火山の為、昔ながらの自然湧出の天然温泉は温度が低めなのだそうです・・・加温してあるのでどうぞご安心を・・・泉質は、「アルカリ性単純炭酸鉄泉」で、疲労回復・胃腸病・皮膚病・婦人病等に効能があるそうです・・・

この日の私は、足の具合が宜しくなかったので松葉杖をつきながらこちらにお邪魔したのですが・・・ご主人を始めとする女将さんや、若主人とおぼしき方や従業員の方々から数多くの温かいお言葉をかけて頂きました・・・そして、座敷で立ち上がるのに少しでも楽なようにと、少し高めの座椅子を客室に用意して下さいました・・・温かい心配りに感謝・・・

温泉にゆっくりと浸かり・・・おや、そろそろ夕食の時間・・・では、下の階の部屋へ・・・



まずは、テーブルの上の「舟盛り」にビックリ!・・・今回は特別に、ボリュームを抑えて、料理の内容を充実させたというプランでお願いしたのですが・・・まさか舟盛りが付くとは・・・我が家の家族旅行で、舟盛りは初体験・・・だって、経済的な事情が・・・(笑)

舟盛りには、サンマやマグロ・・・そしてタイ・イカ・エビ・・・更にサザエなどの貝まで・・・

はたして・・・こんなに贅沢させて頂いても宜しいのかしら・・・ああ、美味・・・



こちらは、福島牛を始めとする「焼き物」の数々・・・福島牛はお好みで塩と柚子胡椒で・・・

ハグッ・・・おうっ・・・や・・・柔らかいお肉だわぁ・・・これまた文句なしの美味しさ・・・

トウモロコシは火を通さずに生で・・・おっ、まるで果物みたいな爽やかさ・・・



そしてこちらは、「キンキの煮付け」・・・柔らかくほぐれる身がたまらないなぁ・・・

味つけもさほど濃くなく、お魚の身の美味しさがきちんと楽しめます・・・


この後も、まだまだ続くのですが・・・それは後日・・・
 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM