大福の「そばと肉・玉子・イカ天入り」・・・



広島市南区の「大福」にお邪魔しました・・・ 

住所は 広島市南区大須賀町12−7、JR西日本「広島」駅南口より西に向かって進み、「広島東郵便局」前の大通りを西北西方向に向かって約200m進み、「駅南口第3駐輪場前」交差点前の「ホテルニューヒロデン」手前を右折し、細い路地を約50m進んだ右側です・・・

お店の扉をそっと開けてみると・・・9席のカウンター席のうち、6席は埋まっており・・・まぁ、単純に計算すると、3席が空いているという訳ですが・・・席と席との間が非常に狭く、また席の後ろのスペースが殆ど無いので、席の移動が困難で・・・す、座り辛い・・・゚ヽ(*゚´Д`゚)ノ゚

それでも、どうにか席に座り・・・でも、荷物の置場が無い・・・そして、鉄板に向かうご主人を見ると・・・何ともシブイご主人で・・・他のサイトでは、名優「ジャック・ニコルソン」に似ていると・・・確かに・・・でもそれは言い換えると、非常に「話し掛けづらい」雰囲気という訳で・・・

・・・でも、注文しなければ次へと進まない・・・とりあえず、メニューを見てみると・・・



ううむ・・・何とも年期の感じられるメニューで・・・約20年前のサインが確認出来ます・・・

隣の席のカミさんを見ると・・・「コイツ・・・またマニアックなお店を探しやがって!」・・・てな顔でこちらを見て・・・いや・・・オイラだって、ここまでレベルが高いお店だとは知らなんだ・・・では、最初から「スペシャル」だと生意気だと思われそうだから・・・「『イカ生入』を3つ!」

ご主人曰く・・・「只今『イカ生』は切らしてて・・・」・・・ズゥゥ━━il||li (っω-`。)il||li━━ン

で、では・・・「すいません『イカ天入』を3つお願いします」(・・・今度は大丈夫そう・・・)



こちらは、薄い生地の上に麺が乗った状態で・・・手前が「うどん」で、奥が「そば」です・・・

ご覧の通り、麺には軽くソースが掛けられている様です・・・ちなみに、こちらのお好み焼きは「うどん」か「そば」を選ぶ事が出来ますが、注文は「そば」の方が多い気が・・・後は「コショウ」「ガーリック」を加えるかどうかを尋ねられますが、殆どの方がお願いしています・・・

生地の上に、キャベツやモヤシなどの野菜と豚肉が乗り・・・そしていよいよ「イカ天」が・・・



ご主人が手にしているのが「イカ天」の様です・・・まぁ、分かり易いイメージですと、私たちがよく目にする、駄菓子屋で販売している「イカ天」や「イカフライ」のイメージではないかと・・・

「お好み焼きにイカ天入れんと、広島風とは言わんのじゃ!」・・・とまで言い切る御仁もいらっしゃる様で・・・確かに、何とも言われぬ良い味わいが生地に染み込む様な気が・・・

さて・・・ここで、美味しいお好み焼きを焼く為の、とっておきの「秘密兵器」のご登場・・・



へらで返したお好み焼きの上に乗るのは・・・かなり年期の入った、取っ手付き「鉄板」・・・

たぶん、取っ手がとっても熱くなるからでしょうね・・・取っ手には布が巻かれています・・・お好み焼きの上に鉄板が乗る事によって、上からも下からも熱が通るのが良いのでは・・・?

いえいえ・・・決して故意にダジャレをぶち込んだ訳では・・・ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノアワワ・・・

ご主人の手により鉄板の上で焼きあがったお好み焼きは、鉄板の上を滑る様にご主人がへらで私たちの前まで運んで下さいます・・・いやぁ・・・今まさに、待ちに待った対面の時が・・・



こちらが、大福「そばと肉・玉子・イカ天入り」です・・・

写真の奥にある小さなへらを使って、鉄板の上でお好み焼きを切るのですが、これがなかなか難しい・・・むやみやたらにへらを動かしても、なかなか切れず・・・すると、ご主人がへらを使って、お好み焼きの切り方を教えてくれます・・・(一見無口ですが、とても優しい方で・・・)

まずは、お好み焼きに対してへらを垂直に立てて・・・そして、へらを細かく動かして切る・・・そんな按配で・・・そして、そのへらを使ってお好み焼きを口へと運び、いただきます・・・お箸を使わないのが、こちらのお店の流儀の様で・・・慣れると、これが意外と楽しいもので・・・

ふっくらとしたお好み焼きは、野菜の自然な甘みやボリュームのある豚肉・・・そしてソースのかかったそばが層をなして・・・これがまた美味しい!・・・ガーリックの風味が、広島風お好み焼きをより一層魅力的にして・・・おたふくソースの甘みが、これまた美味しい・・・絶品!

あと・・・この「イカ天」が、B級の魅力を上手に演出しています・・・(ノ*´∀`)ノ嬉嬉嬉

お皿の上ではなく、お好み焼きが鉄板の上に置かれているので、最後まで温かくいただく事が出来るのが嬉しいですね・・・そして、お好み焼きの端の方が、いい按配に軽く焦げて・・・そこがまた香ばしくて、これがまた美味しいの何の・・・いやぁ、これぞまさに名店で・・・

私たちの奥の席が空き、しばらくして2人の男性客が・・・先に述べた通り、席の後ろのスペースは狭く、男性客は立ち往生・・・すると、カミさんが・・・「荷物はここに置いて、ここに座って」・・・と、男性客に指示を・・・男性客は、カミさんがてっきり店員だと思ったそうで・・・

袖振り合うも多生の縁・・・カミさんと男性客との間には、どの様な因果関係が・・・?

定休日は 日曜・祝日営業時間は 11:00〜14:0017:30〜23:00 です・・・

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    幹事長 (08/11)
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    末吉 (08/10)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    幹事長 (07/24)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    末吉 (07/24)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM