国立科学博物館 特別展「深海-挑戦の歩みと驚異の生きものたち」・・・その2


昨日は家族で、東京・上野公園の「国立科学博物館」にお邪魔しました・・・ 

特別展「深海-挑戦の歩みと驚異の生きものたち」を見学するのが目的・・・いや、この際はっきりと申し上げましょう・・・伝説の巨大イカ「ダイオウイカ」に会いに!(* ̄ー ̄*)ポッ

有人潜水調査船「しんかい6500」の実物大模型を見て・・・「マッコウクジラ」の頭部模型も見た!・・・もちろん、「ダイオウイカ」の実物大模型も、そして標本も・・・☆(ゝω・)vブイッ!! 

そして・・・私たちが最後に見たものは・・・何と実物大の「ダイオウイカ」? ( ゚д゚)ポカーン 



こちらは、国立科学博物館 特別展「深海」の「深海展グッズ売り場」の一画ですが・・・

そう、一番上の棚に・・・何と実物大の「ダイオウイカ」のぬいぐるみ!? Σ(゚Д゚)ガーン

そしてお値段は・・・な、何と!・・・『 200,000円 』!?  ヒイィィィ!!(゚ロ゚ノ)ノ



その日は持ち合わせが無かった(笑)ので、この「ダイオウイカ学習帳」を購入しました・・・

表紙の裏には、「ダイオウイカ百科」と「ダイオウイカ博士度チェック」が印刷されて・・・


(今、この「ダイオウイカぬいぐるみ」を買うと、何ともう一匹!・・・はないな・・・w)

充電式ドライバーの「ニカド電池」・・・



こちらは一見「ダイナマイト」の様にも見えますが、「ニカド蓄電池」ですのでご心配なく・・・

この「ニカド蓄電池」(ニッケル・カドミウム蓄電池)はアルカリ蓄電池の一種で、「ニカド電池」(JIS名称)の他に「ニッカド電池」や「カドニカ電池」(三洋電機)とも呼ばれています・・・

長い間使用していた電気ドライバーが動かなくなったので、調べてみると・・・どうやらこの蓄電池が寿命のようで・・・ネットで取り寄せて、自分で電池交換をしてみた訳でして・・・

でも・・・いざ自分で電池交換ともなると、もし入れ方を間違えたらどうしよう?・・・という不安も多少ありましたが、交換する前にドリル内の撮影をしておいたので、ひと安心・・・

そうこうしている間に、電池を無事交換・・・この電池はリサイクルが可能だそうですので、端子部分に絶縁テープを貼り、販売店に手渡し・・・そして、再度生まれ変わります・・・ 


この子は・・・今度生まれ変わる時も、全く同じ「電池」として生まれ変わるのかァ・・・

私自身は・・・もし生まれ変わっても・・・今のカミさんと息子を選びたいのだけど・・・


(但し・・・私の来世は頭が良くて・・・決断力があれば嬉しいのですが・・・ダメ?)

秘密を守り「切り」ます!・・・



ステンレス製のハサミが、1・2・3・4・・・5列に並んだ、こちらの商品・・・

その名も、ズバリ・・・「秘密を守り『きり』ます!」・・・m9っ`・ω・´)シャキーン


まぁ、言うなれば・・・「ハサミ型のシュレッダー」で、明細書や請求書・・・または葉書や名刺等を、約3.5mm幅にカット・・・縦横に切れば、紙は約3.5mm角の小さな紙切れに・・・ 

住所が記されたダイレクトメール・・・または銀行の明細書・・・そしてラーメン屋からの請求書や、忘年会の恥ずかしい写真など・・・etc・・・(文の後半はかなり個人的な気が・・・)

こういった処分に困る個人情報を、より効率的に・・・そしてより確実に処理するには、なかなか便利な商品ではないかと・・・更に「9連刃シュレッダー」「縦横同時カット」タイプも!


(カミさんに隠れてラーメンを食べても、秘密を守ってくれる商品・・・ないかな?)

MAXの「コロコロケシコロ with レターオープナー」・・・



こちらは、MAX「コロコロケシコロ with レターオープナー」です・・・

自宅に届いた郵便物等を廃棄したい時・・・下のスタンプ部分を、住所・氏名欄の上から転がせば・・・この様に個人情報が見事に隠れてしまい・・・おお、これは便利ではないか!

上の部分はレターオープナーになっておりますので、封書の開封がいとも簡単に・・・


(昨年の忘年会での失態や、重ねた悪事の数々・・・どうにか隠せない?)

ボッシュのオービタルサンダー「GSS 23 AE」・・・



これは、私が購入した「ボッシュ」の電動工具「オービタルサンダー」(GSS 23 AE)です・・・ 

ちなみに「サンダー」とは、木材表面の研磨を行なう工具で・・・このタイプの「オービタル」は、市販のサンドペーパーをセットして使う事が出来るので、コストが安く済むそうです・・・

今回の書道展に出品する作品のうち、半切縦1/2の作品と小作品の二点は、色付きニスを塗って仕上げた木材に、裏打ちをした作品を自分で貼って展示する予定で・・・

結局、木材を再利用するので、以前の作品を剥がすのですが・・・木材の表面に色ムラが出来てしまい・・・それを修復するのには、このサンダーがぜひ必要で・・・

でも・・・丁寧に研磨をして、色付きのニスを塗り・・・最後にツヤ出しのニスを塗り・・・再び輝きを取り戻した木材を見ると・・・つい顔がほころんでしまって・・・く(≧∇≦)

今の自分にとって、どうしても必要なものであれば・・・これはもう、即「買い」です!・・・とは言っても・・・隣のカミさんの顔色を伺いながら、ひたすら低姿勢のワタクシ・・・w

展覧会は、8日(日)午後1時から、有楽町の交通会館B1「ゴールドサロン」で・・・

「バザールでござーる」の腕時計・・・



こちらは、NECのあの懐かしのキャラクター「バザールでござーる」腕時計です・・・ 

ザイール出身の「バザール・デ・ゴザール」の好物はバナナ(予想通りの設定!)


それにしても・・・電池が切れているけれど・・・交換する事は出来るの?

バナナだったら、近所のスーパーでたくさん買って来るけど・・・


ちなみに「バザール」は外来語で、ペルシャ語で『市場』を表す「bazar」が由来だとか・・

ああ、懐かしの「ボンナイフ」(2種)・・・



こちらにあるのは・・・私たちの世代にとっては、なんとも懐かしい・・・「ボンナイフ」・・・

上の「ボンナイフ」は、カミさんのお友達のKさんから頂いた、大切なものです・・・

そして、下の「ボンナイフ」は・・・身の回りの整頓をしたら・・・ひょっこり・・・



新旧は定かではありませんが・・・折り畳みの出来ない「下」の方が旧式かと・・・

そして、扱う方々が怪我の無い様に「折り畳み式」が開発されたのでは・・・



こんな小さな文房具にも、様々な進化の過程があるのですね・・・



ボンナイフの「先輩」と「後輩」・・・どちらも、私の大切な「宝物」です・・・

 

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    幹事長 (08/11)
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    末吉 (08/10)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    幹事長 (07/24)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    末吉 (07/24)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM