菓匠 川村の「麩饅頭」・・・その3

 

印西市大森の「菓匠 川村」にお邪魔しました・・・

住所は 印西市大森2311、JR成田線「木下」(きおろし)駅南口より、国道356号線に向かって約500m南に進み、交差点を右折し、国道356号線を我孫子方面に向かって約600m西に進み、「大森」交差点を左折して八千代方面に約500m進んだ左側です・・・

 

 

こちらが、菓匠 川村「麩饅頭」(ふまんじゅう)です・・・

麩饅頭はご覧の通り、大きな笹の葉に包まれています・・・冷凍の物は、食べる際には自然解凍がお薦めだとか・・・もちもちっとした生地の食感と、仄かに香る笹の葉の香りが魅力的な和菓子で・・・(販売時季が限定されていますので、どうぞご確認を・・・)

私たちがお邪魔した際にも、麩饅頭は冷凍の物がありました・・・2時間ぐらい自然解凍するのが良いそうですので、自宅に帰って、家事を済ませながら麩饅頭が解凍するのをのんびりと待ちます・・・そして、カミさんにお茶を淹れて貰い、一服・・・美味しい!

暑い時季には冷たい麦茶や濃いめに淹れたアイスティーにも合いますが、やはり熱いお茶は四季を通じて和菓子に合う気が・・・まぁ、冷たい物を受け付けない年齢になって来たと言った方が正しいか?・・・ちょっぴり控えめな餡の甘さが何とも心憎い・・・

目に鮮やかな和菓子も素敵ですが、こういった素朴な和菓子も魅力的で・・・

定休日は 水曜 、営業時間は 9:00〜18:00 です・・・


御菓子司 麻布 菊園の「若鮎」・・・

 

千葉市若葉区若松町にある御菓子司 麻布「菊園」(きくぞの)にお邪魔しました・・・

住所は 千葉市若葉区若松町360−24、千葉市立「若松小学校」の隣りです・・・

 

 

こちらが、御菓子司 麻布 菊園 「若鮎」です・・・
 

心地良い弾力が感じられる生地に包まれた、甘さが控えめの求肥・・・そしてこの求肥の柔らかい食感が、これまた心地良く・・・バランスの良い、上質な和菓子だと思います・・・

 

こういった可愛い和菓子は、食べる方向にも注意が必要で・・・「ひよこ」「ぽんぽこ」といった銘菓は、頭から食べるか?お尻から食べるか?・・・(結局は食べるのですが・・・w)

 

特にこちらの「わらび餅」は人気が高いので、予約をせずに伺うと売切れの場合も多く・・・なので、私は電話で予約し、個数とこちらの連絡先をお伝えしてから伺います・・・

昭和30年(1955年)、長い宮中へのご奉仕の大任を終えられた先代のご主人は、故入江相政侍従長よりこの「菊園」の屋号を頂いたそうで・・・由緒のある屋号です・・・

 

上質な和三盆糖を使った、綺麗な干菓子も人気商品で・・・贈答用に是非・・・

営業時間は 9:00〜19:00 、定休日は 水曜 です・・・


Pasar(パサール)幕張(下り線)舟和の「芋羊羹・あんこ玉詰合せ」・・・その2

 

今日は家族で、通称「上野・浅草仏壇通り」にお邪魔しました・・・

 

田原町から上野に向かって東西に伸びる上野・浅草通りには、約50店舗もの仏壇・神具店が軒を連ねており、通称「上野・浅草仏壇通り」と呼ばれているとか・・・

 

実は・・・遅ればせながら、今年4月に亡くなった親父のお仏壇を購入する為に、こちらにお邪魔した次第で・・・数日後にお盆を控えて、やっと重い腰を上げて・・・

 

大正2年創業という老舗の仏壇・仏具店にお邪魔して、小さいながらも木目の綺麗なお仏壇を購入し、合羽橋から少し奥まった甘味処でお茶をして、いざ帰路へ・・・

 

そして、ナビを頼りに自宅へ・・・ふと、帰省ラッシュの予感がしたので、東関東自動車道・谷津船橋ICで一般道へ・・・すると、ナビが京葉道路を指示して・・・

 

せっかく一般道へ降りたのに、何故また京葉道路?・・・そして思い出したのは、Pasar(パサール)幕張(下り線)「旬撰倶楽部」「t-premiere(ティープレミア)」・・・

「旬撰倶楽部」は、複合商業施設型PA「Pasar(パサール)幕張」(下り線)のショッピングゾーンにあり、都会的な雰囲気の中で様々な東京名物を購入する事が出来ます・・・

 

実は、お酒を飲んでいる姿を殆ど見た事が無かった親父は甘党・・・生前は、船橋屋のくず餅や舟和の芋羊羹が大好きで、家族にお土産として買って来てくれた記憶が・・・

 

(そうか・・・親父め、こっそりナビを操作し『芋羊羹を買って来い!』という心算か・・・)

 

 

こちらは、Pasar 幕張(下り線)の t-premiereで購入した、舟和「芋羊羹・あんこ玉詰合せ」です・・・

カラフルな「あんこ玉」・・・まずは、後列右から左へ・・・「白いんげん」「苺」「珈琲」・・・そして次は、前列右から左へ・・・「小豆」「抹茶」「みかん」・・・控えめな甘さと、素材の豊かな風味が魅力的です・・・この食感が何とも嬉しく・・・♪ワーイ\(^ω^\)( /^ω^)/ワーイ♪

奥の「芋羊羹」は、吟味された甘藷を一本一本手で皮を剥き、着色料・保存料・香料は一切使わずに、甘藷と砂糖と少量の食塩で造りあげているとか・・・甘さを抑えて、素材の持つ素朴で自然な風味をそのまま生かした、これぞ舟和という一品・・・o(≧▽≦)o♪

 

自宅に帰り、まずはお仏壇の準備・・・周囲を綺麗に片付け、そおっとお仏壇を置き・・・コンセントを差し込み(最近のお仏壇は、LEDライトが点いて・・・我が家の照明よりも立派!)新しいお仏壇にお線香を灯し、舟和の芋羊羹とあんこ玉をお供えしました・・・

や、やるな親父・・・まだまだアンタにゃ敵わない・・・☆(・ω・ノノ゙☆(・ω・ノノ゙☆パチパチ

 

2014年に制定・2016年に施行の「山の日」8月11日は、親父の誕生日・・・
 

 

営業時間は 9:00〜21:00 (土・日・祝 8:00〜21:00) 無休 です・・・


御菓子処 大竹堂の「あんどーなつ」・・・

 

成田市大竹の「御菓子処 大竹堂」にお邪魔しました・・・

住所は 成田市大竹2033、JR成田線「下総松崎」(しもうさまんざき)駅より安食方面に向かって約300mの場所です・・・

 

 

こちらが、御菓子処 大竹堂「桜餅」です・・・

店舗は小さめですが店内は明るく、綺麗な佇まいが印象的でした・・・駐車場の入口は狭いのですが、広い敷地内には作業場や小さな祠があり・・・落ち着いた場所です・・・

アンドーナツですので、ブログの上では洋菓子の分類かと思いますが、敢えて「あんどーなつ」と平仮名の名前ですので、今回は和菓子のカテゴリーにさせて頂きました・・・

 

油がきつくなくて、思っていたよりも食べ易い・・・勿論、美味しいです・・・

普段の閉店時間は18時だそうですが、冬場は少し早く閉店するそうで・・・

定休日は 日曜 、営業時間は 9:30〜18:00 です・・・


東あられ本舗の「さくら日和」(サラダ味)と「苺ヴァッフェル」・・・

 

八千代市上高野の東あられ本舗八千代工場直売店にお邪魔しました・・・

住所は 八千代市上高野1355−3、京成線「勝田台」駅北口より、東洋バス「宮ノ台」行きに乗車し、「西工団」停留所を下車し、パチンコ「マルハン八千代東店」脇の細い路地を入った突き当たり左側です・・・上高野工業団地の一画にあり、付近にはお店の道路の入口を示す幟(のぼり)が・・・こちらの場所で、約十年前から営業なさっているそうで・・・

 

 

こちらは、東あられ本舗「さくら日和」(サラダ味)「苺ヴァッフェル」「おかき両国」です・・・

 

右奥の「さくら日和」(サラダ味)は、塩漬けした桜の葉を生地につき込み、ベニコウジで色付けして、桜の花を模ったお煎餅です・・・爽やかな菜種油の上に沖縄の海水から作った焼き塩を振り掛けた、お洒落で美味しいお煎餅です・・・☆.。.:*(嬉´д`嬉).。.:

 

手前の「苺ヴァッフェル」は、東あられの定番商品「ヴァッフェル」の苺味バージョンです・・・サクッとした心地良い歯応えが嬉しいクッキー生地に挟まれているのは、仄かな酸味と甘さが魅力的なイチゴ味のクリーム・・・これまた美味しい!(ノ*´∀`)ノ嬉嬉嬉

 

明治43年創業の工場の直売店がご近所にあるのは嬉しい!・・・ちなみに、4月1日(土)はお客様感謝セールは中止で通常営業のみ・・・店舗改装工事の為、4月19日(水)〜21日(金)は臨時休業・・・4月22日(土)23日(日)はグランドオープン!

お邪魔すると、お店の方が美味しい深むし茶を淹れて下さいます・・・(*^◇^)_旦~~ 

定休日は 日曜・1/1〜1/3・旧盆 (春分・秋分の日は営業)
営業時間は 10:00〜18:00 です・・・


御菓子処 大竹堂の「桜餅」・・・

 

成田市大竹の「御菓子処 大竹堂」にお邪魔しました・・・

住所は 成田市大竹2033、JR成田線「下総松崎」(しもうさまんざき)駅より安食方面に向かって約300mの場所です・・・

この日は一人で、日帰り天然温泉「大和の湯」に立ち寄る予定で・・・その際、以前こちらで購入した草餅が美味しかったのを思い出し、久しぶりにお邪魔する事に・・・

 

 

こちらが、御菓子処 大竹堂「桜餅」です・・・

店舗は小さめですが店内は明るく、綺麗な佇まいが印象的でした・・・駐車場の入口は狭いのですが、広い敷地内には作業場や小さな祠があり・・・落ち着いた場所です・・・

盆の上に並べられていた桜餅にはラップが掛けられていて、更にその上に透明なケースが置かれていましたが、頂くとその理由が分かります・・・生地がしっとりしている!

 

少し厚みがある半生の桜餅の生地は、しっとりとした潤いがあり、もっちりとした食感が心地良い・・・生地が美味しい桜餅って、なかなかお目にかかれないのでは・・・?

漉し餡の甘さも程良く、必要以上に甘くないのが嬉しい・・・以前お邪魔した際、お店の創業をご主人に伺った所「古いですよ」とのお答えが・・・な、何と・・・200年前!?

普段の閉店時間は18時だそうですが、冬場は少し早く閉店するそうです・・・

定休日は 日曜 、営業時間は 9:30〜18:00 です・・・


東あられ本舗の「柚子ざら」・・・

 

八千代市上高野の「東あられ本舗八千代工場直売店」にお邪魔しました・・・

住所は 八千代市上高野1355−3、京成線「勝田台」駅北口より、東洋バス「宮ノ台」行きに乗車し、「西工団」停留所を下車し、パチンコ「マルハン八千代東店」脇の細い路地を入った突き当たり左側です・・・上高野工業団地の一画にあり、付近にはお店の道路の入口を示す幟(のぼり)が・・・こちらの場所で、約十年前から営業なさっているそうで・・・ 

 

 

こちらは、東あられ本舗「柚子ざら」です・・・

 

国産のもち米を使った、柚子の香りが魅力的な美味しいかき餅です・・・柑橘系の香りに、ザラメの心地良い甘さ・・・この組み合わせは、クセになる美味しさでございます・・・

 

かき餅の歯応えも、硬すぎず柔らかすぎず・・・この焼き具合の按配の良さも、大きな魅力の内の一つなのでしょうね・・・ただ、困ったことに・・・かき餅に伸びた手が止まらん!

 

明治43年創業の老舗の工場の直売店がご近所にあるというのは、有り難い事で・・・

お邪魔すると、お店の方が美味しい深むし茶を淹れて下さいます・・・(*^◇^)_旦~~ 

定休日は 日曜・1/1〜1/3・旧盆 (春分・秋分の日は営業)
営業時間は 10:00〜18:00 です・・・


御菓子司 麻布 菊園の「わらび餅」・・・その2

 

千葉市若葉区若松町にある御菓子司 麻布「菊園」(きくぞの)にお邪魔しました・・・

住所は 千葉市若葉区若松町360−24、千葉市立「若松小学校」の隣りです・・・

 

 

こちらが、御菓子司 麻布 菊園 「わらび餅」です・・・

こちらのわらび餅は、極上のわらび粉を丁寧に練り上げたという逸品・・・そして更に、肌理細やかなきな粉で薄化粧・・・とても繊細で、完成度の高い和菓子だと思います・・・

わらび餅は特に人気が高い和菓子ですので、予約をせずに伺うと売切れの場合も多く・・・なので、私は電話で予約し、個数とこちらの連絡先をお伝えしてから伺います・・・

昭和30年(1955年)、長い宮中へのご奉仕の大任を終えられた先代のご主人は、故入江相政侍従長よりこの「菊園」の屋号を頂いたそうで・・・由緒のある屋号です・・・

 

上質な和三盆糖を使った、綺麗な干菓子も人気で・・・ホワイトデーにもお勧め・・・

営業時間は 9:00〜19:00 、定休日は 水曜 です・・・


東あられ本舗の「珈琲あられ」と「栗ヴァッフェル」・・・

 

八千代市上高野の「東あられ本舗八千代工場直売店」にお邪魔しました・・・

住所は 八千代市上高野1355−3、京成線「勝田台」駅北口より、東洋バス「宮ノ台」行きに乗車し、「西工団」停留所を下車し、パチンコ「マルハン八千代東店」脇の細い路地を入った突き当たり左側です・・・上高野工業団地の一画にあり、付近にはお店の道路の入口を示す幟(のぼり)が・・・こちらの場所では、もう十年程前から営業なさっているそうです・・・ 

 

 

こちらは、東あられ本舗の「珈琲あられ」「栗ヴァッフェル」です・・・

左側の「珈琲あられ」は、東向島の自家焙煎珈琲専門店「カフェ シュクレ」のコーヒー豆を使った、サクッとした軽やかな歯応えが心地良い、何ともお洒落なあられです・・・コーヒーの仄かな香りが立ち昇る、ちょっぴり甘い・・・モダンな雰囲気に溢れた変わり種のあられです・・・

 

右側の「栗ヴァッフェル」は、東あられの定番商品「ヴァッフェル」のマロン味バージョンです・・・サクッとした心地良い歯応えが嬉しいクッキー生地に挟まれたマロン味のクリームが、これまた美味しくて・・・可愛らしい「ハロウィン」の包装も、ちょっぴりお洒落で・・・可愛い!

あられに合うお茶をわざわざ厳選して、淹れて下さっているそうです・・・(*^◇^)_旦~~ 

定休日は 日曜・1/1〜1/3・旧盆 (春分・秋分の日は営業)
営業時間は 10:00〜18:00です・・・


菓匠 川村の「麩饅頭」・・・その2


印西市大森の「菓匠 川村」にお邪魔しました・・・

住所は 印西市大森2311、JR成田線「木下」(きおろし)駅南口より、国道356号線に向かって約500m南に進み、交差点を右折し、国道356号線を我孫子方面に向かって約600m西に進み、「大森」交差点を左折して八千代方面に約500m進んだ左側にあります・・・



こちらが、菓匠 川村「麩饅頭」(ふまんじゅう)です・・・

麩饅頭はご覧の通り、大きな笹の葉に包まれています・・・冷凍の物は、食べる際には自然解凍がお薦めだそうで・・・もちもちっとした生地の食感と、ほんのり香る笹の葉の香りが嬉しい、魅力的な和菓子です・・・(但し、販売時季が限定されていますので、ご確認を・・・)

私たちがお邪魔した際にも、やはり麩饅頭は冷凍の物がありました・・・2時間ぐらい自然解凍するのが良いそうですので、自宅に帰って、家事を済ませながら麩饅頭が解凍するのをのんびりと待ちます・・・そして、カミさんに熱いお茶を淹れて貰い、一服・・・お、美味しい!

そろそろ暑い時季ですので、冷たい麦茶や濃いめに淹れたアイスティーも嬉しいのですが、やはり熱いお茶は季節を選ばず、和菓子に合う気がします・・・まぁ、冷たい物を受け付けない年齢になって来たと言った方が正しいかも・・・ちょっぴり控えめな餡の甘さが心憎い・・・

目に鮮やかな和菓子も素敵ですが・・・こういった素朴な和菓子も魅力的ですね・・・

定休日は 水曜 、営業時間は 9:00〜18:00 です・・・

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
  • 2018年「新年」のご挨拶・・・
    幹事長 (01/03)
  • 2018年「新年」のご挨拶・・・
    末吉 (01/02)
  • 憩い処 三陸の「煮魚定食」(日替わり:ソイ)・・・
    幹事長 (12/26)
  • 憩い処 三陸の「煮魚定食」(日替わり:ソイ)・・・
    末吉 (12/25)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM