三万石の「ままどおる」・・・



こちらは、三万石「ままどおる(10個入り袋)です・・・
 
バターを使った生地で、ミルク味のあんを包み込んだ、皆様も良くご存知のお菓子・・・ちなみに、お店のHPによると、「ままどおる」はスペイン語で「お乳を飲む人」の意味だそうで・・・

まるでお母さんに抱かれているかの様に、ふんわりと優しい生地・・・そして優しい味わいがとても魅力的な、ミルク味の白あん・・・「ままどおる」のネーミングそのままのお菓子で・・・

明日・・・5月の第2日曜は「母の日」・・・実家の母に届けて来ようかと・・・

「クビナガリュウ麺」(福島)と「鯨大和煮の缶詰」(宮城)・・・


江東区夢の島の「都立 夢の島公園」内の「夢の島熱帯植物館」にお邪魔しました・・・

住所は 江東区夢の島2−1−2、昭和63年(1988年)に開設された植物館で、主に熱帯植物を展示・紹介しており、様々なイベントや講習会が開催されています・・・こちらの温室の暖房や館内の冷暖房は、新江東清掃工場から送られてくる高温水が利用されています・・・
 
今日は広場で「ガンバレ東北!特産品市」が開催されていましたので、こちらを購入・・・



鈴木製麺(株)「クビナガリュウ麺」(株)木の屋石巻水産「鯨大和煮の缶詰」です・・・

上質な小麦粉に、いわき市名産の古代米「黒米」を配合し、長年にわたって開発された独自の製法で作られたというこちらの麺・・・一見お蕎麦の様ですが、「黒米うどん」ですのでお間違い無き様・・・社長の鈴木千里氏は、「ザ!鉄腕!DASH!!」に出演してましたね・・・

右下の「鯨大和煮」の缶詰は、ヒゲクジラの赤肉を醤油ベースの味付けで大和煮に仕上げた缶詰だそうです・・・ちなみに、ヒゲクジラ類は歯を持たないそうで・・・その代わりに、数百枚という髭板(ひげいた)で海水を漉して、プランクトンや小魚等を捕食するのだそうです・・・

大それた事は出来ないけれど・・・小さな事を続ける事と、それを忘れない事は出来る・・・

環境水族館「アクアマリン ふくしま」・・・その3



福島県いわき市小名浜の 環境水族館「アクアマリン ふくしま」 にお邪魔しました・・・

こちらは、サンゴ礁の海を泳ぐ魚たち・・・鮮やかな黄色の尾びれが可愛いな・・・ 


海の中を泳いでいるというよりも・・・大空の下、生命が天に召されているような・・・

環境水族館「アクアマリン ふくしま」・・・その2



福島県いわき市小名浜の 環境水族館「アクアマリン ふくしま」 にお邪魔しました・・・

こちらは、サンゴ礁の海を大きな群れとなって泳ぐキンメモドキです・・・
 

これぞまさに・・・「生命の塊(かたまり)」ですね・・・

環境水族館「アクアマリン ふくしま」・・・その1

 

福島県いわき市小名浜の 環境水族館「アクアマリン ふくしま」 にお邪魔しました・・・

こちらは、潮目の海「黒潮」の水槽を泳ぐイワシの群れで・・・いやぁ、凄いなぁ・・・


今年はサンマが不漁で、イワシが豊漁だとか・・・漁師の方々も大変かと・・・

自然相手ともなれば、全ての事が上手くいくのは難しいのでしょうが・・・


大きな生命・・・小さな生命・・・それらを愛しむ「気持ち」だけは、これからも大切に・・・

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM