ブーランジェリー・ラトリエの「ガレット・デ・ロワ」・・・

 

佐倉市西志津の「ブーランジェリー・ラトリエ」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市西志津4−7−9、京成線「志津」駅南口より四街道方面に向かって約400m直進し、マツモトキヨシ志津店前の交差点を右折して約700m進み、マルエツ新志津店前の交差点を左折し、志津図書館の前を通りながら約200m南に進んだ左側です・・・駐車場は、道路の反対側の更に奥の多目的広場に駐車する事が出来ます・・・

 

 

ブーランジェリー・ラトリエ「ガレット・デ・ロワ」(1/3(水)数量限定)です・・・

14世紀頃から続くフランスの伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」・・・中には「フェーブ」と呼ばれる陶器が入っていて、それが当たった人は幸せな一年を過ごせると言われているそうで・・・こちらのお店では陶器の代わりに「アーモンド」が入っているそうです・・・

大きさは、直径約15cm・・・パイ生地ですので、お世辞にも若いとは言えない私は「食後の胃は大丈夫かな?」・・・などと、勝手に心配しておりました・・・が、いざ頂いてみると、生地の軽やかさにビックリ!・・・そして、その上品な甘さに2度ビックリ!・・・これは「フランジパーヌ」というアーモンドクリ−ムの為せる業だそうで・・・お、美味しい・・・

フェーブが当たれば、一日「王様」になれるそうで・・・今年は誰の手に・・・?
 
定休日は 月曜(夏期休業有)
営業時間は 8:30〜18:30 (※商品完売時は閉店) です・・・


国産小麦の野生酵母パン ショパンの「カンパーニュ」と「イチジクパン」・・・

 

佐倉市上勝田の国産小麦の野生酵母パン「ショパン」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上勝田1195−1、JR総武本線「南酒々井」駅より約300m北へ進み、千葉県道76号(成東酒々井線)を約1kmほど八街方面に向かって進むと、右手に小さな看板が見えます・・・看板手前の細い道を入り、しばらく進むと手描きの看板が現れます・・・

その看板が掲げられているお宅がご主人のお住まいで、お隣が調理場&お店です・・・

 

 

こちらが、国産小麦の野生酵母パン「ショパン」「カンパーニュ」「イチジクパン」です・・・

パンの発酵には小麦やライ麦から培養した「サワー種」という原始的なパンの発酵種が使われています・・・長時間発酵させたパンは、個性的な風味が感じられます・・・

写真奥の「カンパーニュ」の原料は、国産小麦粉・カンホアの塩・自家製酵母・・・そしてご近所に甲子正宗の醸造元「飯沼本家」がある事からも分かる、豊かな天然の地下水・・・なかなかの歯応えですが、噛むと小麦の香りが立ち、深みのある味わいが・・・

 

手前の「イチジクパン」にはご覧の通り、ドライタイプのイチジクが使われ・・・噛みしめると、ドライフルーツ特有の滋味深い味わいが口の中に拡がり・・・美味しい!・・・この個性の強さがたまらない!・・・食べる事の楽しさを再認識させてくれるパンです・・・

噛み千切る・噛み締める行為は、我々の原始時代のDNAを目覚めさせてくれる気が・・・


営業時間は 11:00〜17:00(※売切れの場合有・事前の電話確認がお勧め)定休日は 日曜〜水曜 です・・・


酒々井ベーカリー ふっくらパンの「りんごカスタード」と「ローストビーフわさびマヨ」・・・

 

酒々井町本佐倉の「酒々井ベーカリー ふっくらパン」にお邪魔しました・・・

住所は 酒々井町本佐倉441−1、 JR総武本線「佐倉」駅北口より、国道296号線を成田方面に向かって約3km進んだ右側・・・国道51号線と国道296号線が交差する「酒々井交差点」の西側約1kmの場所です・・・お店の外にはテーブル席もあります・・・ 

 

 

こちらが、酒々井ベーカリー ふっくらパン「りんごカスタード」「ローストビーフわさびマヨ」です・・・

奥の「りんごカスタード」は、さっくりとした食感のパン生地の上にカスタードクリームが敷かれ、更にその上に柔らかく蒸した薄切りリンゴが並べられています・・・りんごの仄かな酸味とカスタードクリームの甘さのハーモニーが嬉しい!・・・♪( ≧∀≦)人(≧∀≦ )♪ 


手前の「ローストビーフわさびマヨ」は、フランスパンに挟まれたレタスと、その間に挟まれたローストビーフ・・・ボリュームがある割には、わさびマヨネーズのお蔭で最後まで美味しく頂く事が出来ます・・・本当は2本を併せた長さのパンですが、切って貰いました・・・

入口脇のサービスドリンクと一緒に、外のベンチで頂く美味しいパン・・・嗚呼、幸せ・・・

営業時間は 7:00〜18:00年中無休です・・・


小麦工房MARCHE(マルシェ)の「メロンパン」(第4土曜日・20個限定)・・・

 

今日は一人で「成田市場」に買い物にお邪魔しました・・・(´・ω・`。)゙ショボーン・・・
 
今日の目的は、豚の直腸・・・いわゆる「テッポウ」という豚のモツ・・・腸の内側に溝があるので、この様に呼ばれるのだとか・・・後は、顔見知りのお店で「マグロの中落ち」といった所でしょうか・・・更に、別のお店で「冷凍シューマイ」「パウンドケーキ」で、本日は終了・・・

 

AM6:50頃・・・買物を終え、ふとサービス棟を覗いてみると・・・何やら小麦工房MARCHE(マルシェ)の前に行列が・・・そういえば、こちらで「成田市場わくわく感謝デー」の際に、人気の「チーズケーキバー」(切り落とし)の販売が行われると伺った事があり・・・

 

まぁ、行列が出来るという事は、お得な事があるという事で・・・とりあえず、何が何だか分からないまま行列の最後尾へ・・・すると、後から人が続々と並び出し・・・行列の前後の方に「何が目的で並んでいるのですか?」と訊ねる勇気もない私は、そのまま行列の人に・・・

 

さて、開店時間のAM7:00・・・半分開いていたシャッターが全開になると同時に、店内になだれ込む人々・・・そこで、お店の中の人々の動きを観察すると、お店の奥の「チーズケーキバー」の切り落としを手にする人と、何やらレジの前で「メロンパン」を注文する人が・・・

 

メロンパンを注文した人には、何やら大きな袋が手渡され・・・そして、他の商品と一緒にお会計・・・これは、食の神様が私に「メロンパン」を購入しなさいとの啓示を授けて下さったのでは?・・・では、神のお導きに素直に従い、私はチーズケーキバーとメロンパンを購入・・・

 

手渡されたビニール袋は、なかなかの大きさで・・・そして、メロンパンにしてはかなりの重さで・・・恐らく、約1kgはあろうかと・・・そして、会計を済ませてお店の外へ・・・そして、改めて袋の中を覗いてみると・・・そこには、私の概念を根底から覆す「メロンパン」が・・・!?

 

 

こちらが、小麦工房MARCHE(マルシェ)「メロンパン」(第4土曜日・20個限定)です・・・

 

大きさが分かり易い様、以前使っていたガラ系の携帯電話を隣りに置いてみましたが・・・いやはや、かなりの大きさ・・・メロンパンの重さをキッチンスケールで量ろうとしましたが、あまりにも大きいので上手にキッチンスケールに乗せる事が出来ず・・・。・゚・(*ノД`*)・゚・。 シクシク

 

では、とりあえず・・・今度はメロンパンの「直径」を測ってみましょう・・・はたして・・・

 

 

小麦工房MARCHE「メロンパン」の幅は、約28cm!・・・щ(゜ロ゜щ)オーマイガーッ!

 

ご覧の通り、表面を覆うクッキー生地はしっかりとひび割れていて・・・いざ頂いてみると、なかなかの香ばしさで・・・サクッとしたクッキー生地の美味しさと、ふんわりとしたパン生地とのバランスもなかなかのもので・・・大きさのみならず、中身の方もかなり満足度が高く・・・

 

このメロンパンを透明なビニール袋に入れて、町を歩いたらさぞ目立つでしょうね・・・一つ気になるのは、成田市場のHPの小麦工房MARUCHE「チーズケーキバー」の紹介・・・濃厚で約150mの食べやすいスティックタイプのチーズケーキ!?・・・(「150mm」の間違いやろ?)

 

お店の方に伺った所、このメロンパンは第4土曜日のみの販売・20個限定だそうです・・・

 

営業時間は 7:00〜10:00、11:00〜13:00 、定休日は 水曜 です・・・


国産小麦の野生酵母パン ショパンの「カンパーニュ」と「木の実パン」・・・

 

佐倉市上勝田の国産小麦の野生酵母パン「ショパン」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上勝田1195−1、JR総武本線「南酒々井」駅より約300m北へ進み、千葉県道76号(成東酒々井線)を約1kmほど八街方面に向かって進むと、右手に小さな看板が見えます・・・看板手前の細い道を入り、しばらく進むと手描きの看板が現れます・・・

その看板が掲げられているお宅がご主人のお住まいで、お隣が調理場&お店です・・・

 

 

こちらが、国産小麦の野生酵母パン「ショパン」「カンパーニュ」「木の実パン」です・・・

パンの発酵には小麦やライ麦から培養した「サワー種」という原始的なパンの発酵種が使われています・・・長時間発酵させて焼いたパンからは、個性的な風味が感じられます・・・

写真奥の「カンパーニュ」の原料は、国産小麦粉・カンホアの塩・自家製酵母・・・そして、ご近所に甲子正宗の醸造元「飯沼本家」がある事からも分かる、豊かな天然の地下水・・・なかなかの歯応えですが、噛むと小麦の香りが立ち・・・複雑で厚みのある味わいが・・・

 

手前の「木の実パン」の原料は、国産小麦粉・カンホアの塩・有機レーズン・洗双糖・有機くるみ・水飴・いよかんピール・自家製酵母等と、何とも種類が豊富で・・・豊かな素材が織りなす、様々な味わいが魅力的で・・・食べる事の楽しさを再認識させてくれるパンです・・・

個性が強い自家製酵母パンなので、料理に負けない「力強さ」が大きな魅力です・・・

営業時間は 11:00〜17:00(※売切れの場合有・事前の電話確認がお勧め)定休日は 日曜〜水曜 です・・・


国産小麦の野生酵母パン ショパンの「バケット」(カンパーニュ生地)と「詰め合わせ」・・・

 

佐倉市上勝田の国産小麦の野生酵母パン「ショパン」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上勝田1195−1、JR総武本線「南酒々井」駅より約300m北へ進み、千葉県道76号(成東酒々井線)を約1kmほど八街方面に向かって進むと、右手に小さな看板が見えます・・・看板手前の細い道を入り、しばらく進むと手描きの看板が現れます・・・

その看板が掲げられているお宅がご主人のお住まいで、お隣が調理場&お店です・・・



こちらが、国産小麦の野生酵母パン「ショパン」「バケット」(カンパーニュ生地)「詰め合わせ」です・・・

パンの発酵には小麦やライ麦から培養した「サワー種」という原始的なパンの発酵種が使われています・・・長時間発酵させて焼いたパンからは、個性的な風味が感じられます・・・

写真奥の「バケット」の原料は、国産小麦粉・カンホアの塩・自家製酵母・・・そして、ご近所に甲子正宗の醸造元「飯沼本家」がある事からも分かる・・・澄んだ天然の地下水です・・・

外側の皮はかなり硬めで、なかなかの歯応えです・・・・・が、噛みしめると小麦の香りが立ち、複雑で厚みのある味わいに魅了されます・・・とても魅力的なハード系のパンです・・・

そして、可愛らしいパンが数種類入った「詰め合わせ」・・・ちなみに手前は「クロワッサン」ですが・・・自分なりの感想ですが・・・以前よりも更に美味しくなっている気がしました・・・

中央が「イチジクパン」で、その左側が「木の実パン」かと・・・パンの中にドライタイプのイチジク・レーズン・クルミ等が入っていて、噛むと滋味深い味わいが口の中に拡がります・・・

自家製ピザ釜の修理も済んだ様で・・・ピザの再開を心から願う、食いしん坊一家です・・・

営業時間は 11:00〜17:00(※売切れの場合有・事前の電話確認がお勧め)定休日は 日曜〜水曜 です・・・


ブーランジュリー ランコントルの「照り焼きチキン」と「緑茶あんぱん」・・・


佐倉市ユーカリが丘の「ブーランジュリー ランコントル」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市ユーカリが丘5−2−1、京成線「ユーカリが丘」駅より、AGT路線の 山万ユーカリが丘線に乗り換え、「女子大」駅の改札口を出てすぐ左側です・・・

明治38年創業の神戸「DONQ」(ドンク)で修業されたご主人が昨年10月にオープン・・・フランスパン生地にドライフルーツやナッツ・チーズ等を併せた親しみ易いパンが頂けます・・・



こちらが、ブーランジュリー ランコントル「照り焼きチキン」「緑茶あんぱん」です・・・

写真奥の「照り焼きチキン」は、パン生地の上にコールスローを乗せ、更にチーズと照り焼きチキンを乗せて焼き上げた、ボリュームのあるパン・・・火が通ったコールスローとチーズの相性の良さ・・・そして、親しみやすい味わいが嬉しい照り焼きチキン・・・お、美味しい・・・

写真手前の「緑茶あんぱん」は、緑茶を練り込んだパン生地に緑茶あんを丁寧に包み、葉っぱの形にして焼き上げた可愛らしい形のパンで・・・緑茶の風味が何とも香ばしい、こちらも魅力的なパンで・・・ですが、残念ながら「期間限定」ですので、出会いがあればラッキー!

お店の説明によると、フランス語で「Boulangerie」はパン屋、「RENCONTRE」は『出会う』という意味だそうで、お客様一人ひとりとの出会いを大切にしながらパンの製造と販売が出来るお店を目指していらっしゃるそうです・・・コーヒーを注文しながら、店内での食事も可・・・

ハード系のパンから、セミハード系と呼べる様なパンまで・・・幅広いパンが揃います・・・

定休日は 月・火曜営業時間は 9:00〜18:00 です・・・


ブーランジュリー ランコントルの「セミドライトマトとレッドチェダーチーズ」と「春キャベツとオニオンベーコン」・・・


佐倉市ユーカリが丘の「ブーランジュリー ランコントル」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市ユーカリが丘5−2−1、京成線「ユーカリが丘」駅より、AGT路線の 山万ユーカリが丘線に乗り換え、「女子大」駅の改札口を出てすぐ左側です・・・

明治38年創業の神戸「DONQ」(ドンク)で修業されたご主人が昨年10月にオープン・・・フランスパン生地にドライフルーツやナッツ・チーズ等を併せた親しみ易いパンが頂けます・・・



こちらが、ブーランジュリー ランコントル「セミドライトマトとレッドチェダーチーズ」「春キャベツとオニオンベーコン」です・・・

写真奥の「セミドライトマトとレッドチェダーチーズ」は、歯に抗う魅力的な歯応えと親しみ易さを両方の魅力を兼ね備えたパン生地に、ドライトマトとレッドチェダーチーズを併せた、なかなか個性的なパンです・・・チーズの力強い風味とトマトの仄かな酸味が絶品です・・・

写真手前の「春キャベツとオニオンベーコン」は、柔らかくて仄かな甘さが魅力的な春キャベツがたっぷり入った、今が旬のパンです・・・塩気が効いたボリュームのあるベーコンと、甘みと香ばしさを演出する玉ネギとの相性も抜群で・・・食べ応えも文句無しのパンです・・・

お店の説明によると、フランス語で「Boulangerie」はパン屋、「RENCONTRE」は『出会う』という意味だそうで、お客様一人ひとりとの出会いを大切にしながらパンの製造と販売が出来るお店を目指していらっしゃるそうです・・・コーヒーを注文しながら、店内での食事も可・・・

お気に入りのパンをテイクアウトして、近所の公園で頂くのもなかなか乙ですな・・・

定休日は 月・火曜営業時間は 9:00〜18:00 です・・・


国産小麦の野生酵母パン ショパンの「ピザ」・・・


佐倉市上勝田の国産小麦の野生酵母パン「ショパン」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上勝田1195−1、JR総武本線「南酒々井」駅より約300m北へ進み、千葉県道76号(成東酒々井線)を約1kmほど八街方面に向かって進むと、右手に小さな看板が見えます・・・看板手前の細い道を入り、しばらく進むと手描きの看板が現れます・・・

その看板が掲げられているお宅がご主人のお住まいで、お隣が調理場&お店です・・・ 



こちらも、国産小麦の野生酵母パン「ショパン」「ピザ」です・・・

この日は自家製酵母のパンがお目当てで、事前にお電話して・・・予約をしてから伺ったのですが・・・偶然、ご主人がご自分で作られたピザ釜で焼いた「ピザ」が焼きあがった所でした・・・ご主人のご厚意で、一切れ味見を・・・お、美味しい・・・しっかりした生地が秀逸!

トッピングは、おそらく・・・トマト・玉ねぎ・ベーコン・しめじ・・・といったラインアップかと・・・味付けのメインは、トマトソースかな?・・・市販のピザの様に、味付けが濃い目では無く・・・比較的あっさりとした味付けですので、素材や生地の味わいが、しっかりと感じられます・・・

ただ、残念な事に・・・この日、ピザを焼き上げた自家製のピザ釜を支える土台の部分が、あまりの高熱の為、崩れてしまい・・・このピザ釜の修理が、今後の大きな課題となりそうで・・・ううむ・・・これ程までに生地が美味しいピザにはお目にかかった事が無いので・・・

一期一会という言葉がございますが・・・再開を心から願う、食いしん坊一家です・・・

営業時間は 11:00〜17:00(※売切れの場合有・事前の電話確認がお勧め)定休日は 日曜〜水曜 です・・・

ブーランジェリー・ラトリエの「かぼちゃグラタン」と「ベリーベリーロール」・・・


佐倉市西志津の「ブーランジェリー・ラトリエ」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市西志津4−7−9、京成線「志津」駅南口より四街道方面に向かって約400m直進し、マツモトキヨシ志津店前の交差点を右折して約700m進み、マルエツ新志津店前の交差点を左折し、志津図書館の前を通りながら約200m南に進んだ左側です・・・駐車場は、道路の反対側の更に奥の多目的広場に駐車する事が出来ます・・・



ブーランジェリー・ラトリエ「かぼちゃグラタン」「ベリーベリーロールです・・・

奥の「かぼちゃグラタン」は、国産のかぼちゃがたっぷり使われた・・・かぼちゃが美味しい寒い時季には、何とも嬉しいパンで・・・グラタンでお馴染みのホワイトソースの上には、かぼちゃの薄切りがたっぷりトッピングされて・・・ほっこりとしたかぼちゃの食感が魅力的で・・・

手前の「ベリーベリーロール」は、クロワッサン生地にイチゴ風味のアーモンドクリームを巻いて焼き上げ・・・そして更に、フランボワーズジャムをトッピングしたパンです・・・ラズベリーの濃厚な甘酸っぱさが、私の心を鷲掴みにして・・・特に、濃い紅茶との相性が抜群で・・・

陽光が差し込み、明るく綺麗な店内・・・美味しいパンが、より一層美味しそうに見えます・・・

定休日は 月曜(夏期休業有)、営業時間は 8:30〜18:30 (商品完売時は閉店) です・・・

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    幹事長 (08/11)
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    末吉 (08/10)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    幹事長 (07/24)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    末吉 (07/24)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM