炭火焼肉 一匠(いっしょう)の「一匠盛り」と「特製カルビクッパ」・・・

 

八千代市島田台の「炭火焼肉 一匠(いっしょう)」にお邪魔しました・・・

住所は 八千代市島田台1188−9、国道16号線「島田台」交差点より柏方面に向かって約1km進み、「小池」交差点を左折して約500m進んだ左側で、お店の前には4台分の駐車場があります・・・「国際レディースゴルフ倶楽部」の南東方向にあるお店です・・・

 

お店の外観は焼肉屋というよりも、まるで「洒落た大人の隠れ家」といった風情で・・・

 

 

こちらが、炭火焼肉 一匠「一匠盛り」「野菜付け合わせ」です・・・

お皿には、トウモロコシ・シイタケ・シメジ・獅子唐・パプリカ・キャベツ等の野菜が・・・炭で焼いたらさぞ美味しいであろうという野菜のラインアップで・・・勿論、サラダで生野菜を摂るという選択肢もお勧めですが、炭で焼いた野菜は独特の美味しさがあり・・・

炭で焼いた野菜は余分な水分が抜け、野菜の自然な甘さを堪能出来ます・・・

 

 

こちらが、炭火焼肉 一匠「一匠盛り」(上から時計回りに、和牛リブロース・カルビ・ハラミ・上タン塩)です・・・

お店の方が、真っ赤に焼けた炭が入ったアルミ製の「炭火コンロ」を、緊張した面持ちで卓上に運んでいらっしゃいました・・・この高温の炭のお蔭で、新鮮な和牛や野菜が美味しく頂く事が出来るという訳で・・・ありがたや・・・゙(。_。*)))(((*。_。)" アリガタヤ・・・

霜降りが入り易い部位なので適度に脂肪があり、肉質がきめ細やかな「リブロース」・・・軽く焼き色が付く程度に焼いて頂きます・・・な、何だこれは!・・・お肉が凄く柔らか〜い!・・・勿論、味の方も文句無し!・・・美味し〜い!ウソ━Σ(-`Д´-;)━ ン! !

これぞまさに「神焼肉」!・・・脂の乗ったカルビやハラミからは、和牛ならではの力強い旨味が感じられます・・・タレは醤油ベースのタレと、レモンが一片入った塩ダレがあります・・・にしても、ここの焼肉を食べてしまうと、他店の焼肉が食べられない・・・

上質な和牛の脂とその旨味ってぇ奴は、何とも罪深い輩よのぅ・・・(>ω<、) 

 

 

こちらが、炭火焼肉 一匠「特製カルビクッパ」です・・・

柔らかい牛カルビ肉入りの、ボリュームたっぷりの玉子スープをベースとした、何とも魅力的な特製カルビクッパのご登場!・・・勿論、スープにはカルビの旨味がじんわりと染みて・・・そのスープの旨味が十分染みたご飯を、熱々のスープで頂く・・・これぞ至福!

 

ふんわりとした玉子と、とても柔らかいカルビ肉・・・〆の炭水化物に幸あれ・・・w

 

 

お会計の際、レジ横にあった「たてがみ馬油」を購入しました・・・退店する際には、玄関先でスタッフの方々が何と正座でお見送り!・・・何だか申し訳ないなァ・・・逆に、美味しい食事を頂いた私たちがお礼を言いたい位で・・・(-人-;)モ、モウシワケナイ・・・

 

正直、交通の便は宜しくない場所ですが、超人気店ですので予約がお勧めかと・・・


営業は ランチ 11:30〜14:00(LO 13:30)、ディナー 17:00〜23:00(LO 22:00)
定休日は 月曜(月曜が祝日の場合は営業・翌火曜が定休日) です・・・


炭火焼肉 一匠(いっしょう)の「あまからカクテキ」と「一匠ホルモン」と「蔓無源氏芋バター」と「カルビうどん」・・・

 

八千代市島田台の「炭火焼肉 一匠(いっしょう)」にお邪魔しました・・・

住所は 八千代市島田台1188−9、国道16号線「島田台」交差点より柏方面に向かって約1km進み、「小池」交差点を左折して約500m進んだ左側で、お店の前には4台分の駐車場があります・・・「国際レディースゴルフ倶楽部」の南東方向にあるお店です・・・

 

お店の外観は、焼肉屋というよりも・・・まるで「洒落た大人の隠れ家」といった風情で・・・

 

 

こちらが、炭火焼肉 一匠「もやしのナムル」(お通し)と「あまからカクテキ」です・・・
 

もやしの茹で具合とゴマ油の風味が香ばしい「もやしのナムル」・・・焼肉が運ばれる前なので、お腹が空いていて・・・それでいて美味しいので、あっと言う間に空に・・・そしてこの「カクテキ」・・・キムチの辛さは分かりますが、何故か大根が仄かに甘くて・・・お、美味しい・・・

 

どちらかと言えば脇役と言える単品が美味しいものですから、自ずと期待が高まります・・・

 

 

こちらが、炭火焼肉 一匠の復活メニュー・・・「一匠ホルモン」です・・・

私達が普通に思い浮かべる「ホルモン」はクセが強く、なかなか噛み切れない強者・・・といった先入観が払拭し切れないのですが・・・こちらのホルモンも案の定、ハサミを入れても切れず・・・また?と思ったのですが・・・こちらのホルモンは、柔らか過ぎて切れない!

そして、食べて驚愕!・・・何?この脂の自然な甘さ!?・・・そしてこの柔らかさ!?・・・以前お邪魔した際に、こちらのご主人から伺ったのですが・・・「やはりホルモンは、鮮度と下ごしらえが大事です」との事・・・どうやら、余分な脂を丁寧に省いていらっしゃる様です・・・ 
 

こちらのホルモンは是非ご注文を・・・私たちの辞書の「ホルモン」の概念が覆ります・・・w

 

 

こちらが、炭火焼肉 一匠「蔓無源氏(つるなしげんじ)芋バター」です・・・

初めて耳にする方も多いと思いますが「蔓無源氏」は今から約百年前、明治・大正期に多くの方々に愛されていた芋で、上品な甘さと深いコクが特徴のサツマイモだそうで・・・一匠では、丁寧に解してスイートポテト状にし、バターを敷いたアルミホイルの上で焼きます・・・

蔓無源氏の自然で濃厚な甘さに、バターの旨味がプラスされて・・・お、美味し〜い!

 

 

こちらが、炭火焼肉 一匠「カルビうどん」です・・・

柔らかい牛カルビ肉が入った、ボリュームたっぷりの辛い玉子スープ・・・そんな魅力的なスープをベースにしたカルビうどん・・・勿論、スープにはカルビの旨味がじんわりと染みて・・・そのスープの旨味が十分染み込んだうどんを、熱々のスープと頂く・・・これぞ至福!

ふんわりとした玉子と、とても柔らかいカルビ肉・・・ああ、〆の炭水化物に幸あれ・・・w

 

 

退店する際、玄関でスタッフの方々が何と!・・・正座でお見送り・・・(-人-;)モ、モウシワケナイ・・・

営業は ランチ 11:30〜14:00(LO 13:30)、ディナー 17:00〜23:00(LO 22:00)
定休日は 月曜(月曜が祝日の場合は営業・翌火曜が定休日) です・・・


炭火焼肉 一匠(いっしょう)の「名物 壷漬カルビ」と「特製カルビクッパ」と「ビビン麺」・・・


八千代市島田台の「炭火焼肉 一匠(いっしょう)」にお邪魔しました・・・

住所は 八千代市島田台1188−9、国道16号線「島田台」交差点より柏方面に向かって約1km進み、「小池」交差点を左折して約500m進んだ左側で、お店の前には数台分の駐車場があります・・・「国際レディースゴルフ倶楽部」の南東側の場所にあるお店です・・・ 



こちらが、炭火焼肉 一匠「名物 壷漬カルビ」です・・・

丁寧に包丁が入れられた、いかにも新鮮そうな色合いをしたカルビ肉で・・・ちなみに、カルビは朝鮮語で「肋骨」(あばら)を意味し、その周囲の肉を指すそうです・・・φ(・_・”)メモメモ

濃厚な旨味を内包した肉汁・・・お、美味しいとしか言えない・・・♪q(>ー癶*q)アミーゴ♪



こちらが、炭火焼肉 一匠「特製カルビクッパ」です・・・

一匠自慢のカルビ肉を使った辛めの玉子スープの中には、ご飯がたっぷり入っています・・・しっかり火が通った大根や人参たち・・・勿論、肉の旨味がじんわり染み込んでおります・・・

ふんわりとした玉子が、カルビ肉の旨味を内包した辛いスープを纏い・・・美味し〜い!



こちらが、炭火焼肉 一匠「ビビン麺」です・・・

ドングリ粉を使用した細麺は弾力があり、歯に抗う食感が何とも心地良い麺です・・・味付けには、秘伝のコチュジャンが使われて・・・〆の麺メニューにはオススメの一品です・・・

爽やかな辛さを支えるのは、奥深い仄かな甘さ・・・こういったバランスの取り方が上手い!

退店する際・・・玄関で、ご主人が何と!・・・正座でお見送り・・・(-人-;)モ、モウシワケナイ・・・

営業は ランチ 11:30〜14:00(LO 13:30)、ディナー 17:00〜23:00(LO 22:00)
定休日は 月曜(月曜が祝日の場合は営業・翌火曜が定休日) です・・・

炭火焼肉 一匠(いっしょう)の「一匠盛り」と「たこキムチ」・・・


八千代市島田台の「炭火焼肉 一匠(いっしょう)」にお邪魔しました・・・

住所は 八千代市島田台1188−9、国道16号線「島田台」交差点より柏方面に向かって約1km進み、「小池」交差点を左折して約500m進んだ左側で、お店の前には数台分の駐車場があります・・・「国際レディースゴルフ倶楽部」の南東側の場所にあるお店です・・・ 



こちらが、炭火焼肉 一匠「一匠盛り」「野菜付け合わせ」です・・・

お皿の上には、トウモロコシ・シイタケ・シメジ・獅子唐・パプリカ・キャベツといった野菜が並び・・・炭で焼いたら、さぞや美味しいであろう・・・といった野菜のラインアップですね・・・

炭で焼いた野菜の美味しさと云ったら・・・どうしてこんなにも美味しいのでしょうね・・・?



こちらが、炭火焼肉 一匠「一匠盛り」(和牛リブロース・カルビ・ハラミ・上タン塩)です・・・

お店の方が、真っ赤に焼けた炭が入っているアルミ製の「炭火コンロ」を、緊張した面持ちで卓上に運んで来ました・・・転んだら大変な事になるので、所作は至って慎重です・・・

霜降りが入り易い部位なので適度に脂肪があり、肉質がきめ細やかなので肉の風味が強く感じられるという「リブロース」・・・軽く焼き色が付く程度に焼いて・・・では、頂きます・・・な・・・何だ、これは!・・・お肉が凄く柔らか〜い!・・・ウソ━━Σ(-`Д´-;)━━ ン! !

勿論、味も風味も文句無し!・・・脂の乗ったカルビやハラミからは、牛肉特有の仄かな甘さが感じられます・・・それにしても・・・ここの焼肉を食べてしまうと、他店の焼肉が・・・w

タレは醤油ベースのタレと、レモンが一片入った塩ダレが付きますが・・・これだけお肉が美味しいのでしたら、私はやはり「塩ダレ」がいいなァ・・・ああ、「上タン塩」も美味しい・・・

上質な和牛の脂とその旨味ってぇ奴は、何とも罪深い輩よのぅ・・・(>ω<、)



こちらが、炭火焼肉 一匠「たこキムチ」です・・・

私たちが思い浮かべるキムチの味は・・・そう、まずは「辛い」・・・勿論、こちらのキムチも辛いのです・・・が、仄かな「甘さ」・・・そして「旨味」が感じられる・・・美味しいキムチで・・・

具材はご覧の通り・・・タコとキムチとシソ・・・至ってシンプルですが、それでも辛さと甘さのバランスが絶妙で・・・お、美味しい・・・市販のキムチでは味わえない味わいの奥深さ・・・

甘さに厚みが感じられるからこそ、辛さが一段と引き立つ様な・・・そんな気がします・・・

営業は ランチ 11:30〜14:00(LO 13:30)、ディナー 17:00〜23:00(LO 22:00)
定休日は 月曜(月曜が祝日の場合は営業・翌火曜が定休日) です・・・

炭火焼肉 一匠(いっしょう)の「ねぎロース」と「一匠ホルモン」と「牛骨ラーメン」・・・


八千代市島田台の「炭火焼肉 一匠(いっしょう)」にお邪魔しました・・・

住所は 八千代市島田台1188−9、国道16号線「島田台」交差点より柏方面に向かって約1km進み、「小池」交差点を左折して約500m進んだ左側で、お店の前には3台分の駐車場があります・・・「国際レディースゴルフ倶楽部」の南東にあたる場所にあるお店です・・・

お店の外観は、日本料理や割烹料理のお店の様な・・・とても落ち着いた佇まいで・・・凡そ焼肉店らしからぬ雰囲気です・・・そう、まるで「大人の隠れ家」といった感じの風情で・・・

それでは・・・前回ご紹介した・・・一匠の「一匠盛」と「キムチ三色盛り」・・・の続きをば・・・・



こちらが、炭火焼肉 一匠「ねぎロース」です・・・

豚ロース肉の間には、刻んだネギが・・・どうやら軽く味付けが施されている様で・・・挟んだネギをこぼさない様、そおっと焼き網の上に乗せ・・・そして頂くと・・・♪q(>ー癶*q)アミーゴ♪

お・・・美味しい〜!・・・焼肉とネギって、どうしてこんなにも相性がいいのかしら・・?



こちらが、炭火焼肉 一匠の復活メニュー・・・「一匠ホルモン」です・・・

はっきり申し上げて、私の思い浮かべる焼肉の「ホルモン」は・・・少しクセが強く・・・そして、なかなか噛み切れない・・・そういった「先入観」がなかなか払拭し切れないのですが・・・

こちらのホルモンも、最初はハサミを入れてもなかなか切れないので・・・「やはり、ここのホルモンも他店と同じか・・・」・・・と思ったのですが、こちらは・・・柔らかすぎて切れない!

そして、食べてビックリ!・・・な、何?・・・この脂の甘さ!・・・そして、この食感!・・・退店の時、ご主人と少しお話をさせて頂いたのですが、ご主人曰く・・・「やはりホルモンは、鮮度と下ごしらえが大事です」・・・との事です・・・どうやら包丁も細かく入れていらっしゃる様で・・・ 

ここのホルモンを頂くと・・・あの硬くて噛み切れない物は、はたして一体何だったのかと・・・



そして勿論、私が注文するのは・・・炭火焼肉 一匠「牛骨ラーメン」・・・ヾ(*´∀`*)ノ

白濁した牛骨のスープの中を、中細のちぢれ麺が揺蕩い・・・勿論、チャーシューの代わりに、柔らかい牛肉がトッピング・・・茎ワカメと白髪ネギ・・・白ゴマも嬉しいトッピングです・・・

味は少し濃い目ですが・・・牛骨スープが、いい按配にちぢれ麺に絡み・・・o(´∀`o*)



お会計を・・・と思ったら、こちらの「アイスクリーム」「ほうじ茶」が運ばれて来ました・・・

バニラとチョコのアイスの優しい甘さに、身体も心もうっとり・・・そして、熱めのほうじ茶の心地良さのお蔭で、身体の芯からほっこり・・・ああ、至福・・・心地良いひと時で・・・o(´∀`o*)


はっきり申し上げて・・・抜け道として利用する人が多い、狭い道路沿いのお店ですので、はたして経営は?・・・と、要らぬ心配をしてしまいがちですが・・・お店にお邪魔して料理を頂き、お店の方とお話してみると・・・今年9年目は伊達では無い、堂々とした名店でした・・・


退店する際・・・玄関で、ご主人と女性が何と正座でお見送り・・・(-人-;)モ、モウシワケナイ・・・


営業は ランチ 11:30〜14:00(LO 13:30)、ディナー 17:00〜23:00(LO 22:00)
定休日は 月曜(月曜が祝日の場合は営業・翌火曜が定休日) です・・・

炭火焼肉 一匠(いっしょう)の「一匠盛」と「キムチ三色盛り」・・・


八千代市島田台の「炭火焼肉 一匠(いっしょう)」にお邪魔しました・・・

住所は 八千代市島田台1188−9、国道16号線「島田台」交差点より柏方面に向かって約1km進み、「小池」交差点を左折して約500m進んだ左側で、お店の前には3台分の駐車場があります・・・「国際レディースゴルフ倶楽部」の南東にあたる場所にあるお店です・・・

お店の外観は、日本料理や割烹料理のお店の様な・・・とても落ち着いた佇まいで・・・凡そ焼肉店らしからぬ雰囲気です・・・そう、まるで「大人の隠れ家」といった感じの風情で・・・



こちらが、炭火焼肉 一匠「一匠盛」(和牛リブロース・カルビ・ハラミ・上タン塩)です・・・

この盛合せには他にも「野菜付け合わせ」が付いています・・・お皿の向こう側にあるのは、アルミ製の「炭火コンロ」で、中には焼けた炭火が入っております・・・エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

焼き方に関しては、お店の方が丁寧に教えて下さいます・・・では、早速頂きましょう・・・



こちらが、炭火焼肉 一匠「和牛リブロース」です・・・

和牛リブロースを乗せたら、焼き網が半分隠れてしまいました・・・軽く焼いて・・・では、頂きます・・・な・・・何だ、これは!・・・お肉が柔らか〜い!・・・ウソ━━Σ(-`Д´-;)━━ ン! !

テレビ番組で、食事中のレポーターが・・・「お口の中に入れたら、溶けてしまいました〜!」・・・といったコメントを時々口にしますが・・・あの気持ちが、今なら分かる気が・・・

勿論、お味の方も文句無し!・・・脂の乗ったカルビやハラミからは、牛肉特有の仄かな甘さが感じられ・・・思わず、息子が注文した「ご飯の大盛り」を横取りしてしまいました・・・w

タレは醤油ベースのタレと、レモンが一片入った塩ダレが付きますが・・・これだけお肉が美味しいのでしたら、私はやはり「塩ダレ」がいいなァ・・・ああ、「上タン塩」も美味しい・・・

おいおい・・・昨日までオイラが食べていた「焼肉」は、はたして・・・本当に「焼肉」だったのか?・・・上質な和牛の脂とその旨味ってぇ奴は、何とも罪深い輩よのぅ・・・(>ω<、)



こちらが、炭火焼肉 一匠「一匠盛」「野菜付け合わせ」です・・・

お皿の上には、トウモロコシ・シイタケ・シメジ・獅子唐・パプリカ・キャベツといった野菜が並び・・・炭で焼いたら、さぞや美味しいであろう・・・といった野菜のラインアップですね・・・

息子なんぞは、焼けるのが待っていられず・・・ほとんど生のトウモロコシをパクリ・・・



こちらが、炭火焼肉 一匠「キムチ三色盛り」(白菜キムチ・オイキムチ・カクテキ)です・・・

私たちが思い浮かべるキムチの味は・・・そう、まずは「辛い」・・・勿論、こちらのキムチも辛いのです・・・が、仄かな「甘さ」・・・そして「旨味」が感じられる・・・美味しいキムチで・・・

私もカミさんも、特に美味しいと感じたのは・・・そう、大根の「カクテキ」・・・o(´∀`o*)


お店の方に伺った所、こちらでの営業は9年目を迎えるそうです・・・はっきりと申し上げて、抜け道として利用している人が多そうな、とても狭い道路沿いにあるお店ですので、伺うまでは正直不安で・・・でも、お邪魔してみて初めて、お店の真価が分かった様な気がします・・・


正直、お値段は少々高めですが・・・それ以上の魅力を備えた・・・これぞ名店!(続く)


営業は ランチ 11:30〜14:00(LO 13:30)、ディナー 17:00〜23:00(LO 22:00)
定休日は 月曜(月曜が祝日の場合は営業・翌火曜が定休日) です・・・

たこ辰の「ジャンボ・もりだこ」・・・


千葉市稲毛区山王町の関西たこ焼き専門店「たこ辰」にお邪魔しました・・・

住所は 千葉市稲毛区山王町412−2、JR総武本線「四街道」駅より、千葉県道66号線を稲毛方面に向かって西へ約1.5km進んだ右側・・・「六方五差路」のすぐ近くです・・・

「うまい! やすい! おそい!」・・・創業28年目の関西たこ焼きの専門店です・・・w



こちらは、店内の紙芝居セット・扉の裏に貼ってあった・・・文字通り「裏メニュー」です・・・w

・・・にしても・・・「金運だこ」(時価)には一体、何が入っているの?・・・( ´・ω・`)_且~~



こちらが、たこ辰「ジャンボ・もりだこ」(16個入り)です・・・

こちらのお店では「注文を受けてから焼き始めるので、多少時間がかかります」との事ですが・・・それ程は待たない様な気が・・・店内をのんびりと眺めていれば、意外と早く・・・

たこ焼きの味は、大阪の「たこ焼き」+明石の「明石焼き」といったスタンスの様です・・・美味しさの秘密は、鰹・ムロアジ・鯖・昆布・椎茸等のダシを新鮮な卵と小麦粉で溶いたタネ!

そして、そのタネに加えるのは・・・素干しの海老と厳選された天カス・・・そして、タコ・・・後は、ご主人の手によって丁寧に焼き上げれば・・・ふっくらとした美味しいたこ焼きの完成!


アツアツのたこ焼きを、口の中にほおばると・・・キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !


ご主人からお話を伺った所・・・その昔、学生だった方が、今度はお子さんといらっしゃるとか・・・確かに、このユニークなご主人に久しぶりに会いたいという気持ちは分かる気が・・・


店内には、駄菓子や懐かしい玩具が・・・子供の頃にタイムスリップしたみたい・・・w

定休日は火曜
営業時間は12:00〜21:00 です・・・

(2013年9月現在、残念ながら「たこ辰」は閉店しております・・・また改めての営業再開を祈念しております・・・)

たこ辰の「ジャンボ・ねぎ正油」・・・その2


千葉市稲毛区山王町の関西たこ焼き専門店「たこ辰」にお邪魔しました・・・

住所は 千葉市稲毛区山王町412−2、JR総武本線「四街道」駅より、千葉県道66号線を稲毛方面に向かって西へ約1.5km進んだ右側・・・「六方五差路」のすぐ近くです・・・

「うまい! やすい! おそい!」・・・創業28年目の関西たこ焼きの専門店です・・・w



こちらは、店内の様子で・・・紙芝居のセットは、なかなかの「レア物」では?・・・紙芝居の演目が「黄金バット」というのがまた・・・(オジサン、泣いちゃう)・・・つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

ちなみに・・・セットの向かって左側の扉の向こう側には・・・文字通り「裏メニュー」が・・・w



こちらが、たこ辰「ジャンボ・ねぎ正油」(16個入り)です・・・

こちらのお店では「注文を受けてから焼き始めるので、多少時間がかかります」との事ですが・・・それ程は待たない様な気が・・・店内をのんびりと眺めていれば、意外と早く・・・

たこ焼きの味は、大阪の「たこ焼き」+明石の「明石焼き」といったスタンスの様です・・・美味しさの秘密は、鰹・ムロアジ・鯖・昆布・椎茸等のダシを新鮮な卵と小麦粉で溶いたタネ!

そして、そのタネに加えるのは・・・素干しの海老と厳選された天カス・・・そして、タコ・・・後は、ご主人の手によって丁寧に焼き上げれば・・・ふっくらとした美味しいたこ焼きの完成!


アツアツのたこ焼きを、口の中にほおばると・・・キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !


火が通ってしんなりとした「青ネギ」・・・そこに香ばしい「醤油ダレ」がじんわりと染みて・・・それらを上手にたこ焼きの上に乗せて、口の中へと運ぶと・・・シアワセがやって来ます・・・w


店内に掲示してあるのは、ご店主の「自己紹介」・・・もしかすると、人生観が変わるかも?

定休日は火曜営業時間は12:00〜21:00 です・・・

(2013年9月現在、残念ながら「たこ辰」は閉店しております・・・また改めての営業再開を祈念しております・・・)

たこ辰の「ジャンボ・ねぎ正油」・・・その1



千葉市稲毛区山王町の関西たこ焼き専門店「たこ辰」にお邪魔しました・・・

住所は 千葉市稲毛区山王町412−2、JR総武本線「四街道」駅より千葉県道66号線を稲毛方面に向かって西へ約1.5km進んだ右側、「六方五差路」のすぐ近くです・・・

「うまい! やすい! おそい!」・・・創業26年目の関西たこ焼きの専門店です・・・(笑)



まず、入り口を入って左側・・・針金細工のアクセサリーが・・・ご主人の手作りかな?

アクセサリーは販売しているようですね・・・セブンの人形や、懐かしいポスターが・・・



その下には、これまた懐かしい駄菓子の数々・・・「ボンタンアメ」・・久しぶりに見た・・・

たこ焼きが出来るまでの間、これらの品を買って楽しみながら待つのもいいかも・・・



こちらが、たこ辰「ジャンボ・ねぎ正油」(16個入り)です・・・

こちらは、注文を受けてから焼き始めるので、多少の時間がかかるとの事ですが・・・さほど待ちません・・・お店の中を眺めているだけでも、なかなか飽きないからなぁ・・・

たこ焼き自体は、大阪の「たこ焼き」と明石の「明石焼き」を併せたスタンスとの事です・・・確かにふっくらとした・・・そして干し海老と思しき「旨味」が魅力的な逸品です・・・

確かに、値段が安い・・・そしてこの味は、ビールのおつまみや、飲んだ後に無性に食べたくなる味かもしれませんね・・・卵もかなり良い物を使っていらっしゃるようで・・・

ご主人からお話を伺った所、昔は学生だった方が、今度はお子さんといらっしゃるとか・・・確かに、このユニークなご主人に、久しぶりに会いたい気持ちも分かるなぁ・・・

店内に掲示してある「店主の自己紹介」などを見ていると・・・いろいろと納得・・・w

定休日は火曜営業時間は12:00〜21:00 です・・・

(2013年9月現在、残念ながら「たこ辰」は閉店しております・・・また改めての営業再開を祈念しております・・・)

久留里線・平山駅前の「志保沢焼きそば」・・・その2



家族で笹川湖に行った帰路の途中、久しぶりに「志保沢焼きそば」にお邪魔しました・・・

住所は君津市平山759、久留里線「平山」駅のすぐ目の前・・・駅から徒歩25秒(笑)

こちらの焼きそばの素朴な味に魅かれて、遠くから訪れるライダーの方も多いそうです・・・
店内には10人掛けの相席用のテーブル席が1つと、2人用の座敷席が2つ・・・

今日は珍しく席が空いていましたので、店内で焼きそばを頂く事にしました・・・
ああ、いい匂い・・・店の奥から漂うソースの香りも、立派な調味料です・・・



こちらが、志保沢焼きそば「女性向けサイズ・肉入り」です・・・なかなかのボリューム!

食べ応えのある中太麺と、素朴なウスターソースとの相性は抜群です・・・う・・・美味いっ!
焼きそばというより、ちょっと「ソース味のパスタ」といったイメージです・・・が、美味いっ!
天かすが入っているので更にボリュームアップ! ・・・そして火の通ったキャベツが甘い!

小さな座敷席で、冬の日差しを受けながら家族で頂く焼きそば・・・ああ、シアワセ・・・

あらかじめ電話予約して、お店に取りに来る方も・・・お陰で、お店は大繁盛の大忙し・・・
それでも、お客さんを送り出す際の元気な「ありがとうございました!お気をつけて!」

「いいお店」とは、美味い料理を供するだけではない・・・という事を改めて教えてくれます・・・

定休日は 月・火曜(その他不定休有)営業時間は 10:00〜13:30、(土・日・祭 10:00〜14:00) 
です・・・

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
  • 2018年「新年」のご挨拶・・・
    幹事長 (01/03)
  • 2018年「新年」のご挨拶・・・
    末吉 (01/02)
  • 憩い処 三陸の「煮魚定食」(日替わり:ソイ)・・・
    幹事長 (12/26)
  • 憩い処 三陸の「煮魚定食」(日替わり:ソイ)・・・
    末吉 (12/25)
  • 成田山の「紅葉」・・・その10
    幹事長 (12/03)
  • 成田山の「紅葉」・・・その10
    末吉 (12/02)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM