ブラッスリー それいゆの「ディナーコース」・・・その7

 

佐倉市上志津のブラッスリー「それいゆ」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上志津1656−51、京成線「志津」駅南口より約250m、中志津方面に向かって南東方向に少し進んだ右側・・・駅から徒歩5分ほどの場所です・・・ 

 

ここ最近、疲れが溜まっており・・・特に誰かの誕生日とか、記念日とか・・・そんな理由づけも無く・・・ただ、家族で美味しいものを頂いて、英気を養おうと・・・

 

そこで・・・1〜2週間程前にこちらにお電話を入れて・・・予算と人数をお伝えして、後はお任せで・・・嫌いな物は殆ど無いし、期待は裏切らないお店ですから・・・

 

これからご紹介するのが、事前に予約したディナーコースですが、お忙しい所を料理の名前を伺うのも憚られますので・・・料理名が正しくない場合はどうぞご勘弁を・・・

 

 

まず初めに運ばれて来たのが「鱧とホワイトアスパラの梅肉ソース」・・・

 

オランダ産のホワイトアスパラの上に丁寧に添えられたのが、これからが旬の鱧(ハモ)・・・さっぱりとした酸味が心地良い梅肉のジュレで頂きます・・・お、美味しい!

 

実は、缶詰以外のホワイトアスパラが初体験のワタクシでしたが・・・ぜ、絶品っ!

 

 

そして次は・・・「キッシュ」「生ハム」「サラダ」の一皿・・・

 

濃厚な旨味を内包したキッシュは、下に敷かれた生地も香ばしく・・・生ハムの仄かな塩気のお蔭で、カミさんのワインが進みます・・・(私は下戸ざんす・・・w)

 

いい具合に、お腹も馴染んで来ました・・・期待が膨らみます・・・

 

 

そしてこちら・・・「鮑のステーキ」(肝のソース)です・・・

 

鮑の肝を漉して作ったというソースは、綺麗な乳白色をしていて・・・上品ですが、深い味わいが感じられるソースで・・・そして驚いたのが、鮑の身の柔らかさ・・・

 

火の入れ加減で、鮑は硬くも柔らかくもなるとか・・・料理は奥が深い・・・

 

 

そして遂に・・・「仙台牛のステーキ」です・・・

 

食欲を刺激するこの香り・・・そして、ナイフに抗わぬ肉の柔らかさ・・・口の中に拡がる、濃厚な旨味を帯びたソースと肉汁・・・今の私は、心の底からシアワセ・・・w

 

ここまで来たら、料理もそろそろ〆かと思ったら・・・あ、甘かった・・・

 

 

ここに来て更に・・・「ヤリイカのパスタ」のご登場!?

 

海産物の価格高騰の原因は、海水温の上昇等の海の異変と乱獲だとか・・・勿論、イカも例外ではありません・・・美味しいものを頂きながら、そういう事を考えるのも大事かと・・・

 

美味しい料理を頂きながらで、何だか矛盾している様な気もしますが・・・

 

 

そして最後の〆は・・・「マスカルポーネとフランボワーズのムースケーキ」(レアチーズケーキ風)・・・

マスカルポーネは、ティラミスの材料としても有名で・・・フランス語でラズベリーを指すのがフランボワーズだそうですが、この酸味が・・・"(σ・ω・`*)超ウレスィ....(´・ω∩`*)иё

つい先程まで「腹一杯で、もうひと口も食べられない」と思っていた筈なのに・・・w

営業時間は ランチ 11:30〜15:00(LO 14:30)、ディナー 17:00〜21:30(LO 21:00)
定休日は 月曜 です・・・


ブラッスリー それいゆの「シンプルクリスマス 2017」・・・

 

佐倉市上志津のブラッスリー「それいゆ」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上志津1656−51、京成線「志津」駅南口より約250m、中志津方面に向かって南東方向に少し進んだ右側・・・駅から徒歩5分ほどの場所です・・・ 

今年も、毎年恒例の「それいゆのシンプルクリスマス」を予約しました・・・

 

 

まず始めは「ノンアルコールアペリティフ」・・・その次は「アミューズブーシェ」・・・

今年は「生ハムのコロッケ・カリフラワーのピクルス」・・・何とも贅沢なコロッケで・・・

 

可愛いサイズですが、美味し〜い!・・・とても魅力的なメニューです・・・

 

 

そして次は「フォアグラとマンゴーのタルト」です・・・

マンゴーをフォアグラのテリーヌとムースでサンドした、何とも贅沢なタルトで・・・濃厚な旨味を内包したフォアグラのテリーヌの魅力を、仄かな酸味が心地良いマンゴーが上手に引き出し・・・個性が強い2つの素材の意外な相性の良さに、目からうろこがが・・・・・・

 

フォワグラの使い方が何とも贅沢で・・・聖夜に乾杯! (*^ー^)/▼☆▼ヽ(^ー^*) 

 

 

そして更に「深谷ネギとラパンのテリーヌ」・・・ふ、深谷ネギ!?

甘さが際立つ深谷ネギとラパン・・・要するに「兎肉」でございます・・・初めて頂きましたが、味わいは淡白でも、上品な旨味を内包した肉です・・・この様な特徴の肉だからこそ、深谷ネギとも合うのでしょうね・・・ネギは何と2時間以上もオーブンの中に・・・

 

モンサンミッシェル湾産のムール貝は、濃厚な出汁が何とも魅力的で・・・

 

 

まだまだ・・・次は「帆立貝のスフレ・エクルビスのソース」です・・・

ふんわりとした食感が心地良いムース・・・そこに絡めるのは、北海道産のエクルビス・・・いわゆる「ザリガニ」で・・・但し、ザリガニはフランス料理では高級食材!・・・海老味噌の風味が豊かなソースをたっぷりと絡めて頂きます・・・こ、これぞまさに至福・・・

 

ソースが実に美味しい・・・自家製パンにも、たっぷり付けて頂きます・・・

 

 

さて、いよいよメインのご登場・・・「鹿のブレゼ・ビーツと赤ワイン風味」・・・
 

勝浦で捕獲された天然の鹿肉に、赤ワインとビーツの濃厚なソースを併せて・・・こういった直球勝負のメインは、私の様な食いしん坊にとっては何とも嬉しいもので・・・繊維に沿って解れる鹿肉に、赤ワインのソースをしっかりと絡めて・・・お、美味し〜い!

 

エンドウ豆を枕にしたハート型の真っ赤なビーツ・・・手が込んでいます・・・

 

 

そして、最後の締めは「季節外れのサクランボ見立て」・・・

チョコレートの軸がそそり立ったその姿は、まさにサクランボ!・・・赤いムースにナイフを入れると、中から出てきたのは・・・甘く煮たサクランボの実!・・・下に敷かれたハート型の生地・・・抹茶色のソースの素材は何と「ほうれん草」・・・可愛いバナナが脇に控え・・・

 

いやぁ・・・美味しくて、楽しい・・・夢の様なひと時が過ぎて行きます・・・

 

゚・:*:・。(〃・ω・)ノ由☆*:;;;:*Merry X’mas*:;;;:*☆由ヽ(・ω・〃)。・:*:・゚

 

お蔭様で・・・今年も家族揃って幸せな「クリスマス」を過ごす事が出来ました・・・この他にも自家製パンや食後のソフトドリンクが付き、とても贅沢なひと時で・・・何せ我が家が「トリュフ」や「フォアグラ」を頂くのは、年に一度・・・。・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )ヨチヨチ

 

ご多忙にも関わらず、調理の合間を縫ってはテーブル席へ向かい、料理の説明をなさるご主人・・・根っから料理と人がお好きな方なのでは・・・そして笑顔を絶やさない奥様の細やかなサービス・・・料理のみならず、このお店の魅力はやはり「温かさ」だと・・・

(あのォ・・・今から、来年のクリスマスの予約をしてもいいですか?・・・w)


サイゼリヤ ユーカリが丘店の「スープ入りトマト味ボンゴレ」(季節限定)と「ほうれん草のソテー」と「柔らか青豆の温サラダ」・・・

 

佐倉市南ユーカリが丘の「サイゼリヤ ユーカリが丘店」にお邪魔しました・・・

 

住所は 佐倉市南ユーカリが丘11−1、京成線「ユーカリが丘」駅南口から南へ約600m進んだ右側です・・・

 

この日は、魚介を使った季節限定のパスタを頂く事にしました・・・

 

 

こちらが、サイゼリヤ ユーカリが丘店「スープ入りトマト味ボンゴレ」(季節限定)です・・・

 

このメニューに使われているアサリの量は、何と約200g!・・・いやぁ、アサリ好きの私にとっては、何とも嬉しいメニューでございます・・・☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆

 

まず初めに、パスタの表面を覆い尽くしているアサリを頂きましょう・・・おお!・・・身がふっくらとしたアサリの美味しさと言ったら・・・こ、これぞまさに旬の食材!

 

アサリばかり食べていると、パスタが柔らかくなってしまいますので、そろそろパスタを・・・美味しい!・・・トマトの仄かな酸味が魅力的なスープスパゲッティです・・・

 

美味しいアサリをたっぷり食べる事が出来る、季節限定のパスタです・・・

 

 

こちらが、サイゼリヤ ユーカリが丘店「ほうれん草のソテー」「柔らか青豆の温サラダ」です・・・

 

この二品はご存知「199円」(税抜184円 ※平成29年5月現在の価格)メニューで・・・という事は、二品注文して500円支払って、お釣りが102円返って・・・

 

ほうれん草のソテーは柔らかく調理されていて、ご年配の方も安心して頂けます・・・柔らか青豆の温サラダは温泉玉子を絡めながら頂くと、それはそれは・・・

 

素材の味わいを活かした料理を、リーズナブルな価格で提供してくれるお店です・・・

 

営業時間は 11:00〜翌2:00無休 です・・・


ブラッスリー それいゆの「シンプルクリスマス 2016」・・・

 

佐倉市上志津のブラッスリー「それいゆ」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上志津1656−51、京成線「志津」駅南口より約250m、中志津方面に向かって南東方向に少し進んだ右側・・・駅から徒歩5分ほどの場所です・・・ 

今年も、毎年恒例の「それいゆのシンプルクリスマス」を予約しました・・・

 

 

まず始めは「ノンアルコールアペリティフ」・・・その次は「アミューズ」・・・

今年は「モンサンミッシェル産ムール貝のフラン」・・・フランは卵やクリームを加えて蒸した料理だそうですが、モンサンミッシェル湾産の養殖ムール貝は2006年に海産物として初めてAOC(原産地統制呼称)を取得したとか・・・濃厚な貝の出汁が何とも魅力的で・・・

(ムール貝って、こんなに濃厚で美味しい出汁が出るんだ・・・も、もう一杯・・・w)

 

ムール貝の風味がしっかりと感じられる、小さいながらも魅力的なメニューです・・・

 

 

そして次は「関アジのタルタル ラ・テール・ベール」です・・・

「ラ・テール・ヴェール」は淡い緑色のロゼット咲きのバラで、花弁が重なる様に咲くのが「ロゼット咲き」だそうで・・・青ジソやスプラウト等が乗せられた関アジは、まさに淡い緑色のバラの様・・・関アジの下には鯛のゼリーが敷かれ、仄かにナンプラーの香りも・・・

 

ブランドアジを刺身よりも美味しく食べる・・・というコンセプトで考えたそうで・・・

 

関アジを彩るソースは、バジルの緑とレモンの白・・・お洒落で美味しい一皿です・・・
 

 

そして更に「カキとロックフォールのリゾット・フォアグラとトリフ添え」・・・今年も贅沢三昧!

ブルーチーズと呼ばれる青カビで熟成されたチーズの代表格「ロックフォール」とカキを使ったリゾット・・・そして上には、トリュフを使った濃厚なソースが掛けられた、大きなフォアグラ!・・・トリュフとフォアグラの濃厚な旨味と、風味豊かなリゾットとの相性が抜群!


個性が強い素材を併せても、相性が良ければこんなにも美味しくなるという証・・・

 

フォワグラの使い方が、何とも贅沢で・・・聖夜に乾杯! (*^ー^)/▼☆▼ヽ(^ー^*) 

 

 

まだまだ・・・次は「アンコウのトルヌード・カフェドパリ風ソース」です・・・

柔らかくて脂肪が少ないヒレ肉を使ったステーキを「トルヌードステーキ」と呼ぶそうですが、クセが強いと思っていたアンコウは意外と食べ易くて・・・美味しい!・・・ステーキに使われるバターベースの複雑なソースが「カフェドパリ風ソース」だそうです・・・し、至福・・・

 

相変らずソースが美味しいお店で・・・自家製パンにたっぷり付けて頂きます・・・

 

アンコウを包む、自家製のベーコン・・・私達だけが良い思いをして (人;´Д`)ゴメンネ  

 

 

さて、いよいよメインのご登場・・・「房州産・猪のパイ包み、有馬山椒風味」・・・
 

勝浦の山中で捕獲された天然のイノシシ肉に、ピリッとした有馬山椒を併せて・・・そしてそのイノシシ肉に合わせるのは、何と70パーセントカカオのソース!・・・何とも大胆な取り合わせですね・・・でも、思っていたよりもこのコンビの相性が絶妙で・・・お、美味しい!

 

付け合わせの栗やサラダも、しっかりと名脇役を演じていて・・・役者は揃った!

 

地元産のジビエをチョコレート風味のソースで頂く・・・貴重な体験でした・・・

 

 

そして、最後の締めは「シュトゥルーデンのアヴニール」・・・

詰め物を幾層にも巻いた伝統的なお菓子「シュトゥルーデン」・・・しっかりした歯応えの生地が、これまた魅力的で・・・生地にトッピングされた薄切りのリンゴは火を通さずに、真空パックで調理されたものだそうで・・・繊細なシュクレ・フィレ(糸飴)が素敵ですね・・・

 

伝統的な物を踏まえ、新しく再構築する・・・これぞまさに「温故知新」・・・

゚・:*:・。(〃・ω・)ノ由☆*:;;;:*Merry X’mas*:;;;:*☆由ヽ(・ω・〃)。・:*:・゚

 

いやぁ・・・お蔭様で、今年も家族揃って幸せな「クリスマス」を過ごす事が出来ました・・・この他にも自家製パンや食後のソフトドリンクが付き、とても贅沢なひと時で・・・何せ我が家が「トリュフ」や「フォアグラ」を頂くのは、年に一度きり・・・。・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )ヨチヨチ

 

お忙しいにも関わらず、料理の合間を縫ってはお客さんの席へ向かい、料理の説明をなさるご主人・・・根っから人と料理がお好きなのでしょうね・・・そして笑顔を絶やさない奥様の細やかなサービス・・・料理のみならず、このお店の魅力はやはり人だと思います・・・

(あのォ・・・今から、来年のクリスマスの予約をしてもいいですか?・・・w)


ブラッスリー それいゆの「ローストポーク きのこのブラウンソース」(ランチセット・日替わり)・・・

 

佐倉市上志津のブラッスリー「それいゆ」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上志津1656−51、京成線「志津」駅南口より約250m、中志津方面に向かって南東方向に少し進んだ右側・・・駅から徒歩5分ほどの場所です・・・

 

 

こちらが、それいゆ「ローストポーク きのこのブラウンソース」(ランチセット・日替わり)です・・・


ドイツ南部・オーストリア・スイスの伝統料理の「ローストポーク」は、中心まで火を通して供される場合もあるそうですが、こちらは良い塩梅に火が通してあり・・・ボリュームも満点・・・


様々な旨味が凝縮されたブラウンソース・・・濃厚な味わいですが、クドさは全く無く・・・こういったバランスの良さが、ご主人の腕の確かさの証ではないかと・・・いやぁ、美味しい・・・

 

ローストポークの付け合わせは、セロリの葉の天ぷら・・・洋食の場合、天ぷらと呼ぶのが正しいかどうかは定かではありませんが・・・軽やかな衣と、クセのない味わいが嬉しい・・・

この日はライスを注文しましたが、美味しいソースのお蔭でご飯が進む進む・・・でも、自家製のパンにソースを絡めながら頂くのも、なかなか捨て難く・・嗚呼、いつも迷う〜・・・w

ご主人が頑固なのは、まぁ認めるとして・・・「話下手」というのは撤回しなさい!・・・w

営業は ランチ 11:30〜15:00(LO 14:30)、ディナー 17:00〜21:30(LO 21:00)
定休日は 月曜 です・・・


ブラッスリー それいゆの「メゴチと生のりのフリット」(ランチセット・日替わり)・・・


佐倉市上志津のブラッスリー「それいゆ」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上志津1656−51、京成線「志津」駅南口より約250m、中志津方面に向かって南東方向に少し進んだ右側・・・駅から徒歩5分ほどの場所です・・・

この日は久しぶりに、カミさんとランチにお邪魔しました・・・本日のスープ「ミネストローネ」を別注文でお願いし・・・「サラダ」を頂きながら、はやる気持ちを抑え・・・ワクo(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワク



こちらが、それいゆ「メゴチと生のりのフリット」(ランチセット・日替わり)です・・・

最近はとんとご無沙汰ですが、以前は職場の同僚と一緒に、飯岡や長浦といった場所へ投げ釣りに出掛けました・・・その際、シロギスやハゼと共に、よく掛かった魚がこの「メゴチ」で・・・ハゼの頭を尖らせた様なイメージかな?・・・クセの無い白身魚といった印象が・・・

生海苔が入った衣をメゴチにまぶし、軽やかに揚がったこちらの「フリット」・・・言わば「洋風天ぷら」といった趣でしょうか?・・・サクッと香ばしく揚がったフリットの衣には、生海苔の他にも玉ネギの細切りが入っていて・・・海苔の風味と玉ネギの自然な甘みが実に嬉しい・・・

白身魚の魅力を存分に堪能させてくれる、上品なメゴチのフリット・・・仄かな酸味が魅力的なタルタルソースとの相性も抜群で・・・付け合わせは何と、セロリの葉の天ぷら・・・風味が強い割には、意外とクセは感じられず・・・後味が爽やかで、クセになりそうな味わいで・・・

私が食事をしているすぐ後ろで、お会計をしている常連と思しき方に、奥様が・・・「申し訳ありませんが、来週は数日お休みを頂きます・・・」といった旨をお伝えした所、常連さんが笑いながら「ダメです!」・・・こういった心地良い空気も、このお店の魅力の一つなのでは・・・

様々なご事情があるので、臨時休業も必要かと・・・(が、常連さんの気持ちも分かる・・・w)

営業は ランチ 11:30〜15:00(LO 14:30)、ディナー 17:00〜21:30(LO 21:00)
定休日は 月曜 です・・・

ブラッスリー それいゆの「チキンのハム・チーズ包み焼き」(ランチセット・日替わり)・・・


佐倉市上志津のブラッスリー「それいゆ」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上志津1656−51、京成線「志津」駅南口より約250m、中志津方面に向かって南東方向に少し進んだ右側・・・駅から徒歩5分ほどの場所です・・・  



こちらが、それいゆ「チキンのハム・チーズ包み焼き」(ランチセット・日替わり)です・・・

濃厚な旨味を内包したブラウンソースを纏った、厚みのある鶏肉・・・そして、その鶏肉に挟まれているのは、もはや定番の組み合わせと言えるハムとチーズ・・・い、いただきます・・・

チキンにナイフを入れると、熱々のチーズを帯びたハムが顔を覗き・・・そして、旨味たっぷりのブラウンソースを絡めながら、そっとチキンを口に運ぶと・・・キタタタタタ←(゚Д゚,,)→タタタタタァ

いやぁ・・・いくら定番と言えども、やはり予想の斜め上を行く美味しさで・・・こういったメニューを、軽やかに仕上げるのが、こちらのお店の大きな魅力ではないかと・・・そう思います・・・

トマトの仄かな酸味が心地良いフジッリ(※螺旋状のショートパスタ)も、モヤシの付け合わせも・・・付け合わせと言えども、決して手を抜かず・・・こういった所も、このお店の魅力で・・・

実はこのお店・・・料理と共に供される「パン」も手作りなのだそうで・・・エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

営業は ランチ 11:30〜15:00(LO 14:30)、ディナー 17:00〜21:30(LO 21:00)
定休日は 月曜 です・・・

ブラッスリー それいゆの「シンプルクリスマス 2015」・・・その2


佐倉市上志津のブラッスリー「それいゆ」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上志津1656−51、京成線「志津」駅南口より約250m、中志津方面に向かって南東方向に少し進んだ右側・・・駅から徒歩5分ほどの場所です・・・ 

では・・・前回に続き「それいゆのシンプルクリスマス 2015」のディナーのご紹介を・・・



前回に続いて・・・「「ブイヤベースのパートフロマージュ包み」です・・・

ブイヤベースの素材は、ムール貝・マト鯛・天使の海老・・・これをパルメザンチーズ風味のパイで包んで焼き上げたそうで・・・魚介系の濃厚な旨味がいっぱい詰まった、身体の芯から温まる、何とも嬉しい逸品で・・・勿論、ブイヤベースがしっかり染みたパイ生地も美味しい!

香ばしく揚がった、天使の海老の頭も丸ごと・・・ああ、天使が降りて来た・・・ε(*´・ω・)з゙



メインの前に登場したのは、それいゆの「自家製パン」です・・・

もし間違っていたら申し訳ありませんが・・・こちらの自家製パンは、天然酵母を用い、フランスの伝統的な製法でパンを焼き上げる「メゾンカイザー」と同じ小麦粉を使っているというのを以前聞いた記憶が・・・香りも食感も文句無し・・・とても美味しい自家製パンです・・・

メイン料理を主役に例えると、パンは脇役かもしれませんが・・・「名脇役」だと思います・・・



さて、いよいよメインのご登場・・・「鴨のロースト・トリフソース、2種のゴボウ添え」です・・・

ハンガリー産の鴨をローストし、トリフソースを添えた・・・何とも贅沢な一品です・・・肉質がしっかりした鴨肉に、優しく濃厚な味わいのトリフソースが絡み・・・最━ヽ(≧∀≦)ノ━高!!!!

ソースの仄かな酸味が、鴨肉の個性を上手に引き出している様に思います・・・軽やかに揚げられたゴボウを砕くと、鴨肉にソースを上手に絡める役目を果たし・・・お、美味しい!!

勿論・・・食後は、それいゆご自慢の自家製パンに、ソースをしっかり絡めて頂きます・・・



そして、最後の締めは・・・小さなグラスに入った、可愛らしい「ティラミス」・・・

イタリア産のチーズを使った、大人の雰囲気に満ちた本格的なティラミスです・・・が、その割にはクセがなく・・・美味しくて、とても親しみ易いティラミスだと思います・・・美味しい!

゚・:*:・。(〃・ω・)ノ由☆*:;;;:*Merry X’mas*:;;;:*☆由ヽ(・ω・〃)。・:*:・゚



ちなみに、こちらのディナーはかれこれ21年も前から行っているそうですが・・・

この「シンプルクリスマス」のメニューは、何と・・・毎年内容を変えているそうで!?

なにしろ、毎年こちらにお邪魔する常連さん達が、マンネリを許してくれないそうで・・・w



いやぁ・・・お蔭様で、今年も家族揃って幸せな「クリスマス」を過ごす事が出来ました・・・

我が家が「トリュフ」や「フォアグラ」を頂くのは、年に一・・・。・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )ヨチヨチ


(あのォ・・・今から、来年のクリスマスの予約をしてもいいですか?・・・w)

ブラッスリー それいゆの「シンプルクリスマス 2015」・・・その1


佐倉市上志津のブラッスリー「それいゆ」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上志津1656−51、京成線「志津」駅南口より約250m、中志津方面に向かって南東方向に少し進んだ右側・・・駅から徒歩5分ほどの場所です・・・ 

今年も、毎年恒例の「それいゆのシンプルクリスマス」を予約しました・・・



まず始めは「ノンアルコールアペリティフ」・・・その次は「アミューズ・ブーシェ」・・・

今年は何と、「モンサンミッシェルのムール貝のフライ」・・・モンサンミッシェル湾産の養殖ムール貝は、2006年7月に海産物として初めてAOC(原産地統制呼称)を取得したとか・・・

まるで、可愛らしいカキフライの様な趣向で・・・小さいながらも、美味しさが詰まっていて・・・



そして次は、「ズワイガニのミルフィーユ」です・・・小さなカップには「カニのスープ」が・・・

こちらのミルフィーユには、何と10種類以上の素材が使われているそうで・・・一番下の層には、カリフラワーとブロッコリーが・・・そして一番上の層には、マンゴーが・・・この素材の組み合わせは、意外!・・・でも・・・頂くと、ズワイガニの旨味が口の中いっぱいに拡がり・・・

小さなカップの「カニのスープ」が、これまた濃厚で・・・是非、大きなカップで頂きたい・・・w



そして更に、「フォアグラのソフトクリーム」・・・今年も贅沢三昧!

贅沢にフォワグラを裏ごしして・・・何とソフトクリームに!?・・・今までかつて、これ程濃厚なソフトクリームがあったでしょうか?・・・お、美味し〜い!・・・その濃厚さを上手に支えるのが、下のコーン・・・この素材は何と「オブラート」!?・・・相変わらず、いい仕事をして・・・

フォワグラの使い方が、何とも贅沢で・・・せ・・・聖夜に乾杯! (*^ー^)/▼☆▼ヽ(^ー^*)



まだまだ・・・次は「ブイヤベースのパートフロマージュ包み」です・・・

こちらのブイヤベースの素材は、ムール貝・マト鯛・天使の海老・・・これを、パルメザンチーズ風味のパイで包んで焼き上げたそうで・・・香ばしい色に焼きあがったパイ生地の上には、天使の海老の頭・・・こういった飾りが付いた楊枝で刺してあると、神々しい雰囲気で・・・w

それでは・・・ブイヤベースの説明を・・・ざ、残念・・・丁度お時間となり・・・(人;´Д`)ゴメンネ  


今年のクリスマスディナーも、素材の個性を上手に活かした料理・・・といった印象を受けました・・・奇をてらわずに、素材そのものの魅力を活かした・・・そんな料理の数々でした・・・

ちなみに・・・このタイミングですと、クリスマスが過ぎてからの更新となりますが・・・このシンプルクリスマスを楽しみにしていらっしゃる方にとって、ネタバレにならぬ様にと思い・・・


では・・・「それいゆのシンプルクリスマス 2015」の続きは、後日・・・


(〃 ̄▽ ̄)o-o∠※PAN!"。・:*:・゚☆メリークリスマス・:*:・゚☆

ブラッスリー それいゆの「小えびのライスコロッケ」(ランチセット・日替わり)・・・


佐倉市上志津のブラッスリー「それいゆ」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上志津1656−51、京成線「志津」駅南口より約250m、中志津方面に向かって南東方向に少し進んだ右側・・・駅から徒歩5分ほどの場所です・・・ 



こちらが、それいゆ「小えびのライスコロッケ」(ランチセット・日替わり)です・・・

香ばしい色をしたパン粉の衣は、サクッとした歯応えが心地良く・・・こういったメニューを、軽やかに仕上げるのが、こちらのお店の大きな魅力ではないかと・・・そう思います・・・ですから、店内にはお若いご夫婦の家族連れよりも、ご年配の方々が多い時もある様な気が・・・

軽やかな衣の中身は・・・小さなエビとご飯が入ったホワイトソース・・・そう、こちらは私の大好きなクリームコロッケ・・・手間がかかるメニューですので、私は今まで一度も作った事はありませんが・・・勿論、食べるのは大好きです・・・コラ!・・・ジブンデツクレヤ!(。-ω-)_θ☆(ノ・・)ノ

仄かにエビの風味が感じられる、濃厚なクリームコロッケの美味しさに、もう私の心はメロメロで・・・ご飯の食感もいいなァ・・・トマトの仄かな酸味が心地良いフジッリ(※螺旋状のショートパスタ)も、モヤシの付け合わせも・・・付け合わせと言えども、決して手を抜かず・・・

実はこのお店・・・料理と共に供される「パン」も手作りなのだそうで・・・エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

営業は ランチ 11:30〜15:00(LO 14:30)、ディナー 17:00〜21:30(LO 21:00)
定休日は 月曜 です・・・

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
  • 2018年「新年」のご挨拶・・・
    幹事長 (01/03)
  • 2018年「新年」のご挨拶・・・
    末吉 (01/02)
  • 憩い処 三陸の「煮魚定食」(日替わり:ソイ)・・・
    幹事長 (12/26)
  • 憩い処 三陸の「煮魚定食」(日替わり:ソイ)・・・
    末吉 (12/25)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM