笊蕎麦 百々や(ももや)の「ざる」と「田舎」・・・

 

周知郡森町一宮の「笊蕎麦 百々や」(ももや)にお邪魔しました・・・

 

住所は 周知郡森町一宮2431−2、天竜浜名湖線「遠江一宮」(とおとうみいちのみや)駅舎内の蕎麦屋です・・・無人駅ですが、木造の駅舎は国の登録有形文化財です・・・

 

 

こちらは、遠江一宮駅の木造駅舎を駅前広場側から見た光景です・・・

 

一日の平均乗車人員は約6〜70人だそうで・・・駅の周囲はとても静かで・・・向かって右側の改札口の入口には、遠江一宮駅のマスコット「だいこくちゃん」・・・

 

遠江國一宮 小國神社(とおとうみのくにいちのみや おくにじんじゃ)の御祭神が大國主命(おおくにぬしのみこと)なので、大黒天繋がりでマスコットが誕生・・・?

 

(ちなみに、大國主命と大黒天についてはこの様な説もございます・・・)

 

 

こちらが、遠江一宮駅の改札口・・・というか、無人駅なので改札口が無い・・・

 

右側の階段の先には、掛川方面に向かう上りのホームが・・・おそらく、写真中央が乗車券売り場の名残でしょうね・・・向かって左手が、笊蕎麦 百々やの入口になります・・・

 

駅舎内の一部を改装して、蕎麦屋の営業が行われているようです・・・

 

 

こちらは、笊蕎麦 百々やの店内です・・・入口を入ってすぐ、玄関にて撮影・・・

 

ご覧の通り、玄関先で靴を脱ぎ、スリッパに履き替えて店内へ・・・落ち着いた板張りの床で・・・4人掛けのテーブル席が2つと、中央には6人掛けのテーブル席が1つ・・・

 

私達がお邪魔した際は、全ての席が埋まっておりまして・・・中央のテーブル席の方お一人に相席をお願いしました・・・向かって右手が厨房で、ご主人とお一人の女性が・・・

 

撮影はお客様不在の際、お店の方に許可を頂いて撮影させて頂きました・・・

 

 

こちらが、笊蕎麦 百々や「ざる」です・・・

 

蕎麦の実の中央に近い、白い部分を使った蕎麦です・・・喉越しの良さが特徴だとか・・・原料となる玄蕎麦は、指定生産者による高品質で安全な国内産だそうで・・・

 

蕎麦の実は、粒の大きさを揃えているそうで・・・更科風の蕎麦は上品な風味が感じられ、細いながらもしっかりとしたコシが感じられ・・・そ、蕎麦のレベルが高い!

 

駅舎内の蕎麦屋という事で、申し訳ありませんがさほど期待はしていなかったのですが、見事に裏切られ・・・添えられた薬味の山葵も、しっかりと卸した物で・・・

 

蕎麦の提供も、一遍に運ばれる事が無く・・・丁寧に茹でている事の証では・・・?

 

 

こちらが、笊蕎麦 百々や「田舎」です・・・

 

蕎麦の実の殻を剥いたすぐ内側の甘皮(種皮)部分も一緒に使った蕎麦です・・・風味が強く、動脈硬化や成人病予防に効果が期待されるルチンを多く含む部分だとか・・・

 

先にご紹介した「ざる」よりも個性が若干強く、これもなかなか魅力的な味わいで・・・蕎麦は「ざる」よりも少々太めに感じましたが、しっかりとしたコシが感じられ・・・

 

蕎麦の香りを楽しみたい方でしたら、こちらの「田舎」がお勧めかと・・・滑らかな口当たりと、上品さを蕎麦に求めるのでしたら「ざる」がお勧め・・・ま、迷うなァ・・・

 

複数人で伺うのでしたら「ざる」と「田舎」を注文して、食べ比べも楽しいかも・・・

 

 

写真奥が「田舎」で、写真手前が「ざる」の蕎麦です・・・

 

こうして比較すると、蕎麦の微妙な色の違いが分かりますが・・・それぞれの蕎麦を見た限りでは、さほど大きな差は感じられないかもしれません・・・

 

確かに、二つの蕎麦の違いを楽しむのもお勧めですが・・・これ程までにレベルが高いと、この際「ざる」でも「田舎」でも、どちらでも良い気が・・・w

 

お品書きは2種類の蕎麦・・・そして酒・肴の焼味噌のみというこの潔さ・・・

 

 

遠江一宮駅の駅舎を、新所原方面行きの下りホーム側から見た光景です・・・

 

ご主人にお話を伺った所、かれこれ20年近くこちらで営業なさっていらっしゃるとの事・・・この辺の主な観光地は、遠江國一宮 小國神社位では・・・?

 

正直申し上げて・・・お品書きに天ぷらが無いのを見て、少々物足りなさを感じたのですが・・・いざお蕎麦を頂いてみて、その美味しさに思わず大満足!

 

翁達磨グループの蕎麦屋だとか・・・他のお店にもお邪魔してみたいな・・・

 

営業時間は 11:30〜15:00(売り切れ次第終了)定休日は 祝祭日を除く月・火曜 です・・・


スマル亭の「唐揚げ二色うどん」(白魚・桜えび)・・・


虹屋で焼きそばをテイクアウトした私達が次に立ち寄ったのは・・・「スマル亭」

スマル亭は静岡県中東部を中心に店舗を展開しており、早朝から深夜まで営業している便利な立ち食いそば・うどん店で、桜えびやしらすを使った天ぷら等が有名だそうです・・・

私達が国道139号線を北上して虹屋に向かう際、身延線「富士根」駅の北東に位置する天間川坂交差点の「白山神社」の前を通り過ぎようとした際、その隣で地元の方らしき人々が頻繁に駐車場を出入りする、看板に「スマル亭」と書かれた小さなお店を見つけました・・・

住所は 富士市天間字川坂872−1、「地元の方が行くのだから、安くて美味い?」

・・・という事で、虹屋の帰りに私達はこの「スマル亭・鷹岡店」にお邪魔しました・・・



こちらがその「スマル亭・鷹岡店」です・・・小さいけど、綺麗なお店ですね・・・
セルフの立ち食いそば・うどん店ですが、私達が食事をしたのはテーブル席でした・・・



スマル亭「唐揚げ二色うどん」(白魚・桜えび)(450円・2008年3月現在)です・・・
そば・うどんは「温かい」「冷し」が選べますが、今回は温かい方を・・・

では、いただきま〜っす・・・ズルズルッ・・・くみっ・・・うん、なかなか美味い!・・・そして、カラッと揚がった白魚や桜えびのから揚げに、美味しいうどんのダシが染みて、少しだけ外側がやわやわになって・・・そいつと一緒にうどんをズルズルッ・・・いやぁ、いい味出てる!
お店の方とお話させて頂いた所、このメニューが若い方を中心に人気No,1だそうです・・・

静岡の名産「桜えび」も、場所によって値段もピンキリですね・・・でも、「安くて美味しいお店」と「作り手の温かさが伝わるお店」この2つは、これからもこだわっていきたいですね・・・

営業時間は 8:00〜翌2:00 です・・・

東名・富士川SA(下り)で「桜海老のかき揚げ」・・・その1



小田原城の散策を終えた私たちの次の目的地は・・・東名高速道路・富士川SA(下り)

そしてその目的は、もちろん・・・「桜海老のかき揚げ」!!!

金に糸目をつけなければ、静岡県内であれば比較的どこでも「桜海老のかき揚げ」は食べられる・・・しか〜し! それでは「麺's喰ラ部」の一員としての「誇り」が許さないのである!

(走行距離のべ「26万km」の愛車が廃車寸前で、新車を買うためにお金が必要だから、なるべくお金を使わない様にしているって、素直に言えばいいのに・・・ねぇ?)

用意はいいか?・・・では、行くぞ!・・・ぬゎに〜い、「レストラン」だぁ?・・・待て待て待て!
手前にセルフサービスの「食堂」があるじゃろうがぁ〜!・・・こちらにしなさい・・・ねっ?



こちらが、東名・富士川SA(下り)「桜海老かき揚げうどん」です・・・
桜海老のかき揚げが乗ったうどんのお値段はなんと・・・640円!(2008年3月現在)

では、いただきま〜す・・・まずはかき揚げを・・・サクッ・・・ハグングッ・・・うん、カラッと揚がった香ばしい桜海老のかき揚げに、関西風のうどんつゆがいい感じで染みて・・・美味い!
セルフサービスの食堂と云えども、こりゃあ侮れませんねぇ・・・どうも、ごちそうさまでした!

えっ、「お前はなぜそんなに安くて美味しいお店を見つける事が出来るんだ?」ですって?

それはですねぇ・・・・・え〜っと・・・・・ぐ・・・「偶然だぞ!」

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    幹事長 (08/11)
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    末吉 (08/10)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    幹事長 (07/24)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    末吉 (07/24)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM