北一硝子三号館・北一ホールの「ミルクティ」・・・



北海道小樽市堺町の「北一硝子」(きたいちガラス)三号館にお邪魔しました・・・

住所は 北海道小樽市堺町7−26、JR「小樽」駅から徒歩約10分の場所です・・・

ここ「北一硝子三号館」は、明治24年(1891年)に建てられた木骨石張倉庫で、昔は漁業用倉庫として使われていたそうですが、ニシン漁の衰退と共に様々な物資の倉庫として利用されるようになっていったそうです・・・当初は1番から9番までの倉庫があったそうですが、現在は1番・8番・9番だけが現存しており、昭和58年(1983年)に北一硝子三号館として改装し、それぞれの倉をガラスショップや喫茶店としてオープンしたそうです・・・

では・・・北一ホールで、ちょっとひと休みしましょう・・・



こちらが「北一ホール」の入口です・・・入ってすぐの受付で注文をして・・・カウンターで注文の品を受け取り、後は好きな場所に座ってくつろぐ・・・といったシステムのようです・・・残雪で眩しい街の風景に慣れた目には、ちょっと暗い空間ですので、転ばないよう気をつけて歩きましょう・・・どうやら、次第に目も慣れてきたようです・・・



こちらが「北一ホール」です・・・深い闇を擁いた広い空間に、ランプの優しい灯りが揺らぎます・・・毎日9:00〜9:20の時間には、これらのランプの点灯作業の様子を拝見することが出来るそうで、その光景はとても幻想的なのだそうです・・・いやぁ、見てみたいなぁ・・・

ああ・・・ストーブの温かさと、ランプの灯りで、次第に緩んでゆく自分・・・



お待たせ致しました・・・こちらが北一ホール「ミルクティ」です・・・

こちらでしか味わえないという特製のミルクティーは、茶葉の旨味を活かすために、ほんの少し砂糖が加えられているのだそうです・・・まずは冷えた手を温めるために、カップを冷たい手でそっと包みます・・・いやぁ、温まるなぁ・・・そして次は・・・熱い紅茶で内側から冷えた身体を温めましょう・・・ああ、いいわぁ・・・上質な時間が、ゆっくりと過ぎてゆきます・・・

でも・・・ランプの「灯」を見つめていると・・・なぜ、こんなにも安らぐのだろう・・・

営業時間は 9:00〜17:30(LO)無休 です・・・ 

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    幹事長 (08/11)
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    末吉 (08/10)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    幹事長 (07/24)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    末吉 (07/24)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM