高知の「土佐 文旦(ぶんたん)」・・・

 

こちらは、くだものの山長「土佐 文旦(ぶんたん)」です・・・

 

書道でお世話になっている先生から、わざわざお送り頂いたもので・・・恐縮です・・・

 

恥ずかしながら私は「ブンタン」の名前を初めて聞きました・・・で、調べてみると・・・標準和名は「ザボン」「ボンタン」等・・・ああ「ボンタンアメ」ならば食べた事が・・・

 

原産地は東南アジア・中国南部・台湾で、日本に渡って来たのは江戸時代だそうで・・・頂いてみると、思っていたよりも酸味は控えめで、爽やかな風味が心地良く・・・

 

皮には舌が痺れる成分「サンショオール」が・・・乾かしてお風呂に入れてみよう・・・


せ・・・「せとか」って・・・?

 

職場の同僚の方から「せとか」という果物を頂きました・・・

 

みかんにしては大きいし、甘夏にしてはちょっぴり小さめ・・・初めて聞く名前なので、ネットで調べてみると意外と高価で、別名「みかんの大トロ」・・・エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ? 

 

では、早速頂いてみましょう・・・皮は薄めで、剥き易いですね・・・ハグッ・・・あ、甘い!・・・酸味は殆ど感じられず、今まで頂いた柑橘類の中では、トップクラスの甘さ!

 

(清美×アンコール)×マーコット=せとか・・・甘いのも納得!(o・ω・))-ω-))ウンウン


四季の食彩 まちの駅の「マイクロきゅうり」・・・

 

佐倉市太田の「四季の食彩 まちの駅」にお邪魔しました・・・

 

住所は 佐倉市太田1925−7、JR総武本線「佐倉」駅南口より南へ約200m進み、「JR佐倉駅南口」丁字路を右折して、千葉方面に向かって西南西方向に約700m進み、突き当たりの丁字路を左折して「県立佐倉南高等学校」の前を通り過ぎながら南方向に向かって約1.8km進んだ右側です・・・駐車場は20台分の広さがあります・・・

 

産直の野菜販売だけでなく、お弁当の仕出しやオードブルの注文にも応じてくれます・・・

 

 

こちらは、四季の食彩 まちの駅で購入した「マイクロきゅうり」です・・・

 

手前の100円玉と比較すると、その大きさが分かりますが、約2cm程の大きさのキュウリです・・・ご覧の通り、表面にはスイカの様な模様が・・・これ以上は大きくならないそうで・・・

 

可愛らしいキュウリですが、しっかりとした青みが感じられる、力強い野菜です・・・

 

定休日は 1/1〜1/4 営業時間は 8:00〜20:00 (日・祝〜19:00) です・・・


とれたて産直館 印西店の「スパイラル ロマネスコ」・・・


印西市西の原にあるJA西印旛「とれたて産直館 印西店」にお邪魔しました・・・

住所は
印西市西の原4−3、北総線を挟んだ「県立印旛明誠高等学校」の向かい側で、北総線「印西牧の原」駅より、国道464号線を西へ約1.5km進んだ左側にあります・・・ 



こちらは、とれたて産直館 印西店で購入した「スパイラル ロマネスコです・・・

調べてみた所、「スパイラル」(spiral)は「螺旋(型の)」「渦巻線(状の)」等の意味があるそうです・・・「ロマネスコ」で検索すると・・・「フラクタル形態のカリフラワーの一種」ですと・・・

ご覧の通り、花蕾が幾何学的な形をしているカリフラワーです・・・(。´-ω・)ン?



そしてこちらが、購入した「スパイラル ロマネスコを横から撮影した写真です・・・

花蕾を支える茎は意外と長めで・・・短時間茹でて頂いてみましたが、しっかりとした食感で・・・見た目とは異なり、意外とカリフラワーよりもクセが少ないといった印象でした・・・

何事もそうですが、見た目だけで判断したらイカンのね・・・(・ω・`メ)(-ω-`メ)ウンウン♪

休業日は 年末年始
営業時間は 10:00〜18:00 です・・・

ああ・・・なんて艶かしい「セクシー大根」・・・(*゚∀゚)=3


先日、家族で一緒に・・・ご近所のスーパーに買い物に出かけました・・・

この日はお天気が良く・・・晴天の空の下、のんびりとお散歩・・・そして昼食は家に帰って、そうめんでも茹でて食べよう・・・という事で、買い物を済ませて帰宅する事にしました・・・

そして・・・そのスーパーの野菜売り場で、私の心を惹きつけたもの・・・その正体は・・・



ああ・・・な、なんて素晴らしい・・・この脚線美!・・・これぞまさに「セクシー大根」! 

な・・・何だかワタクシ、鼓動が激しくなってきた様な気が・・・(*´Д`*)ハァハァ・・・

これはもう、買うっきゃない!・・・すいませ〜ん・・・(〃´ω`)ゞテレテレ*:゚・☆

(これを買う時に感じた、カミさんの冷たい視線がこれまた・・・w)

就職するなら明朗塾の「ジャンボにんにく」・・・


先日、息子がお世話になっている特別支援学校の「文化祭」にお邪魔しました・・・

児童生徒の作品展示や、作業製品の販売・・・ステージ発表やバザー等も・・・毎年お邪魔していますが、なかなかの盛況ぶりで・・・遅く行くと、駐車場に停めるのもひと苦労で・・・

今年の文化祭で購入した品は・・・売り切れ必至の「陶芸コーナー」の小皿や器・・・そして、作り手の温かさが感じられる手作りの「組み紐」・・・そして、生徒昇降口の外では、社会就労センター・障害者支援施設「就職するなら明朗塾」の方々が、こちらの販売を・・・



こちらが、就職するなら明朗塾「ジャンボにんにく」です・・・ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!

八街産の「ジャンボにんにく」・・・右側の携帯と大きさを比較して、お分かりかとは思いますが・・・とにかくデカイ・・・網に入っているこの一個が『一片』!・・・Σ(°Д°υ)マジ!?

一片の大きさがハンパないので、皮が剥き易く・・・調理し易いので嬉しいなァ・・・家に帰って、早速「素揚げ」や「ホイル焼き」に・・・おお、ホクホクッとして・・・とても美味しい!!

そして、更に嬉しい事に・・・これが何と「完全無農薬」!・・・美味しくて、身体にも安心・・・


(よし!「ジャンボにんにく」で風邪には負けんぞ! オーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オーーー!!)

暑い夏は・・・やはりコレ・・・



茨城県鉾田市「鹿島灘海浜公園」の休憩棟で、色鮮やかな「トマト」が販売されていて・・・

トマトには、カリウム(体内のナトリウムを排泄し、血圧を下げる効果)を始め、ビタミンA(風邪の予防・肌荒れに効く)、ビタミンC(免疫力を高め、コレステロールを下げる)等が豊富に含まれており、俗に「トマトが赤くなると医者が青くなる」(トマトの効能のお蔭で人々が健康になり、お医者さんが儲からなくなるので「青く」なる・・・)・・・とも言われています・・・

トマトには、その他にも・・・血液の流れを良くし、脂肪の消化を助ける効果もあるとか・・・

身体に良いものをきちんと摂り、身体の内側からも健康を考えていかなければ・・・

「ルッコラ」と「アイスプラント」・・・



先日、カミさんが駅の近くの八百屋さんで、2種類の野菜を買ってきました・・・

奥の方が、お馴染みの「ルッコラ」で・・・手前はちょっと珍しい「アイスプラント」です・・・ 

ローマ帝国の時代から栽培されてきた「ルッコラ」はビタミン豊富なアブラナ科の葉野菜で、主にサラダとして食されます・・・昔は「惚れ薬」の効果があると信じられていたそうで・・・

葉の表面が凍ったように見える「アイスプラント」はハマミズナ科の植物で、フランス料理の食材として注目されているそうです・・・シャリッとした食感がなかなか楽しい野菜です・・・

このご時勢、何かと話題の中心に上る「野菜」ではありますが、それこそ字の如く「一所懸命」に野菜を育てていらっしゃる農家の方々のご苦労を考えると・・・複雑な心境です・・・

私自身は、新鮮で美味しい野菜でしたらもう・・・いくらでも美味しく頂く所存です・・・

農家、畜産、漁師、蔵元等・・・食を支える方々には、ぜひ頑張って頂きたいと・・・

「空芯菜」のらー油にんにく炒め・・・



先日、カミさんが「空芯菜」を使って「空芯菜のらー油にんにく炒め」を作ってくれました・・・ 

(調味料の「らー油にんにく」については、先日こちらでご紹介させて頂きました・・・)

空芯菜は「蕹菜」(ようさい)というヒルガオ科の野菜で、茎の内部が空洞なので、中国では「空心菜」(コンシンツァイ)と呼ばれているそうです・・・炒め物にはピッタリの食材かと・・・

若い頃、初めてこの空芯菜を頂いた時・・・「芯が空洞だなんて・・・この植物は一体どうやって水分を吸い上げるんだろう・・・」・・・なんて、とても不思議に思った記憶があります・・・

今やポピュラーな食材となったこの「空芯菜」ですが・・・中身が「空っぽ」と言われながらも、これだけ大勢の方々から支持される野菜にまでなったとは・・・なかなかやるなぁ・・・


さて・・・まだまだ中身が希薄なこのワタクシ・・・はたして、どうやって売り出そうか・・・?

これが、あの有名な「だだちゃ豆」だっちゃ・・・



先日実家に寄った際、親父から貰ったのは・・・山形県鶴岡市の特産「だだちゃ豆」・・・

名前の由来は、江戸時代この枝豆を食べた殿様が・・・「この豆は、どこの『だだちゃ』が作ったのだ?」・・・と尋ねたので、この名で呼ばれるようになったとか・・・ちなみに、「だだちゃ」は庄内地方で「お父さん」や「親父」を意味する方言なのだそうです・・・

くびれが深く、さやに生える毛が茶色いので、正直申しあげると見た目にはあまり美味しそうにはみえないこの「だだちゃ豆」ですが・・・豆本来の味わいが強く、豊かな甘味が感じられる、これまたなかなかのお味・・・へぇ〜っ・・・見た目で判断しちゃ駄目ね・・・

カミさんが茹でた「だだちゃ豆」・・・『お父さん豆』なのに、殆ど息子が・・・
・゚・(つД`)・゚・

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    幹事長 (08/11)
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    末吉 (08/10)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    幹事長 (07/24)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    末吉 (07/24)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM