飼い「魚」に手を噛まれる・・・???


ことわざ・・・「飼い犬に手を噛まれる」

意味:普段面倒をみたり、可愛がっていた人から裏切られたり、害を受けたりする事・・・

ただし、これが「犬以外の動物」にも当てはまるという事を、ここで証明してみましょう・・・



埼玉県羽生市の「さいたま水族館」にお邪魔しました・・・

埼玉県には87種類の魚が住んでいるそうですが、その内の約70種類を中心に展示し、その生態や特徴を解説しています。季節により様々なイベントも行なわれています・・・



入口を入ってすぐ脇の庭池の前では、大勢の親子連れが行儀良く座っていました・・・

どうやら、池の中を覗いているようですね・・・「はたして、何をしているのだろう・・・?」



この池には、1mを超える巨大な「ソウギョ」や「アオウオ」・・・または「コイ」や「ニシキゴイ」等が沢山泳いでおり、餌(有料)を与えながら、その魚と直に触れ合う事が出来るそうです・・・いやぁ、楽しそうですね・・・では、私たちもさっそくチャレンジしましょう・・・

池の前では、飼育員の方々が丁寧に魚たちの解説をしながら、餌を与える際の注意点を説明して下さいます・・・腰を下ろすのは、池に落ちないための配慮なのですね・・・



こちらは、餌を与えるカミさんの手です・・・息子、かなりビビってます・・・w

しかし、よほど美味そうだったのか・・・この魚、軽くカミさんの手を・・・「ガブリ」!

相手が魚ですので、さほど痛くはないそうですが・・・まぁ、最初はビックリしますよね・・・


これぞまさに・・・「飼い魚に手を噛まれる」? 

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM