可愛いヤツ・・・「VQ1005」(2008年モデル)・・・



こちらは、VISTA QUEST 「VQ1005」(2008年モデル)“トイデジカメ”です・・・

フラッシュはなし・・・液晶画面もなし・・・「ねぇ、これってちゃんと写ってるの?」・・・なんて、そんなドキドキ感が味わえる、今時とても貴重なカメラ・・・これぞ「トイデジ」!?

重さは約15g・・・本体の一番長い部分が約6cm・・・ポケットの中にも楽々入ってしまう、そんなお手軽なデジカメ・・・但し、画素は「130万画素」・・・だから面白いのだ!

デジカメなのに、まるで「トイカメラ」の様なユルイ写真が撮れてしまう・・・そこがこのカメラの魅力なのではないかと・・・但し、慣れるまでは時間がかかりそうですね・・・w

電源は単4電池が一本・・・但し、意外と持たない(笑)・・・すぐに電池切れになるので、予備が必要かも・・・まったく、手がかかるヤツで・・・でも、そこがカワイイのだ・・・



こちらは、千葉市中央区の「青葉の森公園」で、このカメラで撮影した写真です・・・

この「VQ1005」(2008年モデル)には、内臓メモリもありますが・・・こちらの記事を拝見すると、どうやら「SDカード」を準備しておいた方が良いかも知れません・・・

まぁ・・・手の掛からない優等生に文句はございません・・・が、やんちゃだけど何故か憎めないヤツって、なんだか気になるんですよね・・・いやはや、まったく・・・w

コイツと付き合うようになってから、ますます散歩が楽しくなってきました・・・

CX4の「ミニチュアライズ」・・・



昨年購入したリコーの「CX4」で、成田山・西洋庭園の噴水を撮影してみました・・・ 

CX4の撮影機能「クリエイティブ撮影モード」の中の一つ「ミニチュアライズ」は、画像の天地部分をぼかす事によって、まるで「ミニチュア」を撮影したかの様な写真を作ります・・・


このような写真については、以前にも説明させて頂きましたが、ここでもう一度、こちらの写真の説明をさせて頂きますので、どうかしばらくお付き合いを・・・


写真撮影で、ピントの合う領域のことを「被写界深度」と言いますが、この「被写界深度」は「レンズの絞り」や「焦点距離」、更に「被写体とカメラの距離」等によって変化します・・・

広角系レンズで絞りを絞って撮影すると、「被写界深度の深い写真」・・・つまり手前から奥の方まで、全てにピントが合った写真が出来ますが、この様な写真を「フォトショップ」等で特定の被写体のみにピントを合わせ、被写体以外の手前や奥の風景等に「ぼかし」を入れると、私たちはまるでその被写体を近くで見ているかの様な「錯覚」に陥るのです・・・

例えると・・・私たちが「小さなもの」を手のひらに載せ・・・顔を近づけて見る・・・すると、その物の前後がボケて見える・・・それと同じ原理になるのです・・・


つまり・・・このような写真を見た私たちの脳は・・・


 ◆嵌鐚迷琉奮阿亮蠢阿箟がボケて見える・・・」



◆◆屬海譴蓮被写体を『近く』で見ているからだ・・・」



、「・・・ということは、これはかなり『小さい被写体』だ・・・」



・・・という風に、写真を見た私たちの脳が勝手に判断してしまうので、このようにかなり大きな「被写体」でも、私たちはとても「小さく」感じてしまうという訳です・・・


こちらは、高い場所から「斜め下」を見下ろして撮影すると、より効果的だそうです・・・


デジカメを・・・ちょっと「和風」にお洒落して・・・



先日・・・約2年ぶりに、新型の「コンパクトデジカメ」を購入しました・・・

最近は、テレビのCMでもよくお目にかかる・・・リコーの「CX4」です・・・ 


リコーのカメラは「マクロ撮影に強い」・・・という話を小耳に挟み・・・頻繁に草花の撮影をする私にとっては、実に好都合なカメラでは?・・・という事で、購入に踏み切りました・・・

そして、更に・・・魅力的な機能がこの「クリエイティブ撮影モード」で・・・特に「トイカメラ」や「クロスプロセス」・・・「ハイコントラスト白黒」等は、ブログでの活躍が期待出来そう・・・

でも・・・ほんのちょっと、個性的な感じにしたいなァ・・・という事で、別の会社で販売している「革張り」を施し・・・100均で購入した「和柄ストラップ」をつけてみました・・・


後は・・・カメラを上手に使いこなす「腕」と「センス」を購入すれば完璧だ・・・・゚・(つД`)・゚・


どうしても飲めない「缶コーラ」・・・



上の写真の「缶コーラ」・・・一見どこにでもある、普通の缶コーラですが・・・

実は・・・飲む事が出来ません・・・いえ、別に嫌いという訳ではなくて・・・

飲む事が不可能と言った方が正しいかも・・・では、その理由とは・・・


 

ご覧のとおり・・・こちらは缶コーラのデザインの「カメラ」なんです・・・

まだ使った事はございませんが、フラッシュも付いたスグレモノ・・・

フィルムカメラですが、どうです・・・なかなか可愛いでしょ?



秋晴れの空の下・・・カメラを持って、気軽な散歩を楽しみましょう・・・

水郷佐原水生植物園の「ハス」・・・その7



水郷佐原水生植物園の白いハスの花です・・・

以前もお話しましたが、特に私は「白い花」が好きな様な気がします・・・
しかし白い被写体を撮影する場合、オートで撮影すると画面が少し暗く写ってしまいます・・・
それは、白い被写体は反射率が高いので、カメラが「明るすぎるから、少し暗く写そう」と勝手に判断してしまうのです・・・(当然、カメラにとっては決して悪気はございませんが・・・)

そこで、「白い被写体はマニュアル撮影で露出を『プラス補正』」をすると、自分のイメージに近い写真を撮影する事が出来ます。コンパクトデジカメの場合は「マニュアルモード」にして『+/−』を探して、少し「+」の値に補正してから撮影すると良いと思います・・・
(ただし、あまり高い値にしてしまうと今度は「白トビ」してしまうので注意して下さい)
逆に、「黒い被写体はマニュアル撮影で露出を『マイナス補正』」をすると、イメージに近い写真が撮影出来ます・・・

シロップ (白は『プラス補正』) マイクロ (黒は『マイナス補正』)と覚えておくと便利ではないかと思います・・・

素人の域を出ないクセに、偉そうな口をたたいて申し訳ありませんでした・・・m(_ _)m

でも・・・やはり「思い出」は少しでも綺麗な方がいいですよね・・・

お堂の模型?・・・本物?



こちらは、成田山の「聖徳太子堂」です・・・

さて・・・こちらは「本物」?・・・それとも「模型?」・・・皆さんはどう思いますか?

このような写真については、以前「時たま日記」でも説明させて頂きましたが、ここでもう一度、こちらの写真の「タネ明かし」をさせて頂きますので、ちょっとお付き合い下さいませ・・・

写真を撮影する上で、ピントの合っている領域のことを「被写界深度」と言います。そしてこの「被写界深度」は「レンズの絞り」や「レンズの焦点距離」や「被写体とカメラの距離」等によっても変化します。よろしければ「被写界深度」で検索してみるのもいいかもしれませんね・・・

例えば、広角系のレンズで絞りを絞って風景を撮影すると、いわゆる「被写界深度の深い写真」・・・つまり、手前から奥の方までピントが合った、シャープなイメージの写真が撮影出来るのですが、このような写真を「フォトショップ・エレメンツ」等のソフトで、特定の被写体のみにピントを合わせて、被写体以外の手前や奥の風景等に「ぼかし」の加工をすると、私たちはまるでその被写体を近くで見ているかのような(かなり被写体に近づいて「接写」しているかのような)錯覚に陥るという訳です。例えば、私たちが小さなものを手のひらに載せて、顔を近づけて見ると、その物の前後がボケて見えるのと同じ原理です・・・

つまり、このような写真を見た私たちの脳は・・・

 嵌鐚迷琉奮阿痢⊆蠢阿箟がボケて見える・・・」

◆屬海譴蓮被写体を『近く』で見ているんだな・・・」

「ということは、これはかなり『小さい被写体』なんだな・・・」

・・・という風に、写真を見た私たちの脳が勝手に判断してしまうので、このようにかなり大きな「被写体」でも、私たちはとても「小さく」感じてしまうという訳です・・・という事で、もうお分かりですね・・・こちらの写真は「本物」のお堂の写真に加工を施したものです・・・

色々な写真で試してみると、ビックリするような面白い「作品」が出来るかもしれませんね・・・



calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
  • 2018年「新年」のご挨拶・・・
    幹事長 (01/03)
  • 2018年「新年」のご挨拶・・・
    末吉 (01/02)
  • 憩い処 三陸の「煮魚定食」(日替わり:ソイ)・・・
    幹事長 (12/26)
  • 憩い処 三陸の「煮魚定食」(日替わり:ソイ)・・・
    末吉 (12/25)
  • 成田山の「紅葉」・・・その10
    幹事長 (12/03)
  • 成田山の「紅葉」・・・その10
    末吉 (12/02)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM