秋の「笠森観音」・・・

 

長生郡長南町の「笠森観音」にお邪魔しました・・・

 

住所は 長生郡長南町笠森302、坂東三十三観音霊場の第三十一番札所で、山号は大悲山・・・

 

 

こちらは、笠森観音の参道沿いにある「子授け楠」という神木です・・・

 

楠の大木の根元には、かろうじて人が通る事が出来る穴が開いていて、その穴を潜ると子宝の後利益があるとか・・・ちなみに、夫婦で潜らなければ駄目で、まずは男性・・・次に女性が通らなければならないとか・・・(「男尊女卑」の様で、フェミニストの私には一寸・・・w)

 

因みに、我が家の辞書には「フェミニスト」(女房に頭が上がらない夫の言い訳の意)と・・・

 

 

こちらが、笠森観音「観音堂」です・・・

笠森観音は、延暦3年(784年)伝教大師最澄上人が楠の霊木に十一面観世音菩薩を刻し、安置したのが開基とされているそうで・・・坂東三十三観音霊場の第三十一番札所として、古来から巡礼の霊場として多くの方々に崇められてきたそうです・・・

長元元年(1028年)に建立されたとされる観音堂は、日本で唯一の建築様式である「四方懸造」(しほうかけづくり)で建立されており、国指定の重要文化財なのだそうです・・・ちなみに四方懸造とは、四方どちらから見ても崖の上に建っている様に見える建築方法なのだそうで・・・ここ笠森観音の観音堂は、長さの異なる61本の柱が高い岩山の上の観音堂を支えており、その様子は二世安藤広重の浮世絵にも登場しているそうです・・・

観音堂には、日蓮上人と墨田五郎時光が対面したと云われる、実に980年程前の床がそのまま保存されています・・・流石に部屋に入ると床が抜け落ちる危険性があるので、見学は可能ですが撮影や入室は出来ません・・・(日本最古の「ルックダウン」かも・・・)

芽吹く春の参拝も良し・・・新緑を眺めながらの参拝も良し・・・勿論、深まりゆく秋も・・


矢指ヶ浦海岸の「あさひ砂の彫刻美術展」2015・・・その2


旭市椎名内の矢指ヶ浦海岸で行われている「あさひ砂の彫刻美術展2015」にお邪魔しました・・・ 

旭青年会議所が海を活用した町おこしを考え、石川県の千里浜砂像協会の協力を得て開催されたイベントで、7/18(土)〜31(金)の夜間(19:00〜22:00)にはライトアップが行われ、7/18(土)には花火等のオープニングイベントが予定されているそうです・・・



こちらは、王松冠氏の作品「感謝」・・・この方は、台湾砂像協会理事長だそうで・・・あさひ砂の彫刻美術展には3年連続で出場していらっしゃるそうで・・・温かく、力強い作品ですね・・・



こちらは、保坂俊彦氏の作品「鼓動」・・・日本だけでなく、アメリカ・台湾等世界各地で製作していらっしゃる方で、2008年世界砂像大会では世界三位の栄冠に輝いたそうで・・・



こちらは、千里浜砂像協会の作品「リトル・ミイは何人?」・・・皆様も良くご存知、ムーミン谷の面々・・・ミイの姉妹が随所に隠れているそうで・・・TVチャンピオン優勝の実績も納得!

繊細な模様を施した砂像や、皆さんが良くご存知のキャラクターの砂像、ユーモア溢れる砂像等、大小さ様々な砂像が約20基展示されるそうで・・・今後が益々楽しみですね・・・

リアルな情報は「あさひ砂の彫刻美術展実行委員会」をご覧下さいませ・・・


矢指ヶ浦海岸の「あさひ砂の彫刻美術展」2015・・・その1



旭市椎名内の矢指ヶ浦海岸で行われている「あさひ砂の彫刻美術展2015」にお邪魔しました・・・ 

旭青年会議所が海を活用した町おこしを考え、石川県の千里浜砂像協会の協力を得て開催されたイベントで、7/18(土)〜31(金)の夜間(19:00〜22:00)にはライトアップが行われ、7/18(土)には花火等のオープニングイベントが予定されているそうです・・・



こちらは、どうやらまだ製作中の砂像の様で・・・奥には重機も・・・今年は国内外のプロの方々が作成する3m級の砂像が7基も登場するとか・・・これは期待が高まりますね・・・



左手前は、黒潮町砂像連盟作「拝啓森の熊吉様」・・・(モデルが居る?)・・・で、右手奥は、王松冠氏作「感謝」・・・台湾砂像協会理事長だそうで・・・厳かな雰囲気の力作です・・・

繊細な模様を施した砂像や、皆さんが良くご存知のキャラクターの砂像、ユーモア溢れる砂像等、大小さ様々な砂像が約20基展示されるそうで・・・今後が益々楽しみですね・・・

茂原の「茂原牡丹園」・・・その3



今年も、茂原市山崎の「茂原牡丹園」にお邪魔しました・・・

住所は 茂原市山崎210、JR「茂原」駅より、小湊バス「ちはら台駅行き」か「緑ヶ丘リゾン行き」に乗車し、「舟着神社前」停留所で下車し、茂原街道を横断して約500m進んだ場所です・・・車の場合は、千葉方面より茂原街道を南下し、国道128号線と県道14号線が交差する「高師」交差点の約1.5km手前に看板がありますので、そこを入ってしばらく進んだ場所に駐車場があります・・・園の中には駐車場はございませんのでご注意を・・・

昭和54年(1979年)より牡丹の蒐集と栽培を始め、現在は5,000屬諒狆譴烹横毅絢錙Γ押ぃ毅娃鯵瑤硫潅阿大切に育てられているそうです・・・(「蒐集」はこちらをご参考に・・・)

登録有形文化財に指定された享保15年(1730年)建造の母屋と、天保8年(1837年)建造の長屋門に挟まれた庭園では、牡丹・芍薬等の見事な花が私達を迎えてくれます・・・
4月下旬〜5月上旬の開園期間には母屋を開放し、そこで軽食を頂く事も出来ます・・・ 

こうして、立派な牡丹の花を見ていると・・・大事にされているのが分かりますね・・・

今年(2010年)の開園期間は4/17(土)〜5/9(日)
開園時間は 8:00〜18:00 です・・・

長柄ダムの桜・・・



長生郡長柄町の「長柄ダム」へ・・・家族そろって「観桜」にお邪魔しました・・・

市津湖畔には、山桜・染井吉野等の桜が約3,200本・・・今が見頃のようです・・・



4月11日(日)まで「長柄ダムさくら祭り」が開催され、夜桜見物も出来るそうです・・・

朝のうちに「道の駅ながら」でタケノコも買ったことだし・・・さて、気をつけて帰りましょう・・・
 

「掩体壕」(えんたいごう)・・・



職場の元同僚の「とらきちさん」と一緒に、茂原・大網方面に出かけました・・・

その際、昨年、私が実家の両親と見た掩体壕(えんたいごう)を、再び見学しに向かいました・・・今回は雨上がりでしたので、コンクリートの壁面の表情が以前と異なります・・・

昭和17年(1942年)、茂原に海軍の飛行場が完成したのを受け、昭和19年(1944年)、その滑走路の近くに戦闘機等の飛行機を格納する、この「掩体壕」が20数基造られたそうで、現在は9基が残されていますが、倉庫に使用されたりしている物もあるようです・・・

こちらの掩体壕は、高さ約6.7m、壕の中の面積は約286屐ΑΑΔ海梁腓さからして、どうやら戦闘機ではなく、攻・爆撃用の機体を格納する為に造られたようです・・・



60年以上の歳月が流れていったので、こうした箇所もちらほら確認出来ます・・・

そんな昔の出来事が、まるで無かったかの様な・・・そんな青空が広がっています・・・

新緑の「笠森観音」・・・



今日は家族で、長生郡長南町の「笠森観音」にお邪魔しました・・・

笠森観音は、延暦3年(784年)最澄が楠の霊木に十一面観世音菩薩を刻し、安置したのが開基とされており、坂東三十三観音霊場の第31番札所として、古来から巡礼の霊場として崇められてきたそうです・・・

長元元年(1028年)に建立されたとされる観音堂は、日本で唯一の建築様式である四方懸造(しほうかけづくり)で建立されています。ちなみに、四方懸造とは四方どちらから見ても崖の上に建っている様に見える建築方法を指します。笠森観音では長さの異なる61本の柱が、高い岩山の上の観音堂をささえています。その様子は、二世安藤広重の浮世絵にも登場しているそうです・・・

観音堂には、日蓮上人と墨田五郎時光が対面したと云われる、実に980年程前の床がそのまま保存されています。さすがに部屋に入ると床が抜け落ちる危険性があるので、見学は可能ですが撮影や入室は出来ません・・・

桜の咲く春や、紅葉の美しい秋も素敵ですが、新緑の季節の柔らかい木漏れ日を受けながら、涼やかな参道をゆっくり登ってゆくのもなかなかいいものです・・・

銚子・外川の「犬岩」・・・



銚子・外川の西側に位置する犬若の、「犬岩」と呼ばれる奇岩です・・・

兄頼朝から朝敵として追われていた源義経は、逃れ辿り着いたこの地から奥州へと旅立ったという言い伝えが残されているそうです。そして、義経が船出の際、海岸に残した愛犬が義経を慕い七日間もの間吠え続けたそうですが、その後犬の姿は突如として消え、代わりにこの犬の姿をした奇岩が表れたそうです。それを知った人々は主君を慕う犬を哀れんで、それ以来この岩を「犬岩」と呼んでいるそうです。ちなみに「犬吠」の地名は、残された『犬』の『吠』える声がそこまで聞こえたので「犬吠」の名が付いたとの言い伝えもあるそうです・・・

そんな話を聞くと、海を見ている犬の姿をしたこの岩が、少し悲しげに見えませんか・・・?

「ガチョウの卵」とひとり旅・・・


今日は、千葉のとある地方にひとり旅・・・

お願いです・・・捜さないで下さい・・・

特に、ラーメン屋さんを・・・

先程「ガチョウの卵を購入した」とカミさんにメールした所・・・
「ガチョ〜ン」と返信が帰って来ました・・・


今日は・・・少し寒いです・・・

茂原の「茂原牡丹園」・・・その1



茂原市山崎の「茂原牡丹園」にお邪魔しました・・・

登録有形文化財に指定された享保15年(1730年)建造の母屋と、天保8年(1837年)建造の長屋門に挟まれた庭園では、牡丹・芍薬等の見事な花が私たちを迎えてくれます・・・4月下旬〜5月上旬の開園期間には母屋を開放し、そこで軽食を頂く事も出来ます・・・

園内では、白いガクが垂れ下がる様から名付けられた「ハンカチの木」や、日本に自生するヤブテマリの園芸品種「オオデマリ」などの木々も私たちの目を楽しませてくれます・・・

今回は、ちょっと「花札」をイメージして撮影してみましたが、いかがでしょうか・・・


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    幹事長 (08/11)
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    末吉 (08/10)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    幹事長 (07/24)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    末吉 (07/24)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM