国立科学博物館 特別展「生命大躍進」・・・その1


家族揃って、東京・上野公園の「国立科学博物館」にお邪魔しました・・・ 

ただ今開催されている特別展「生命大躍進」の見学が目的で・・・いや、この際正直に申し上げましょう・・・森永ハイチュウとのコラボ商品「ハイ三葉虫」を買いに・・・(* ̄ー ̄*)ポッ

AM7:00に自宅を出発し、上野公園にAM8:10頃に到着・・・国立科学博物館の前に到着すると、10人ほどの方が行列を・・・2年前の「ダイオウイカ」の時よりは行列が短いなァ・・・ 

この日は気温が幾分低めだったので、行列に並んでいてもさほど苦ではないのが有り難いですね・・・AM9:00前に、少しずつ行列が動き出し・・・さぁ、いよいよ世紀のご対面!



こちらは、ダンクルオステウスウミサソリ/アクチラムスを襲う場面の実物大模型で・・・

デボン紀後期の板皮類の魚類「ダンクルオステウス」は、頭部と胸部を覆う鎧の様な骨性の板を持っているそうで、体長は6〜10mと考えられているとか・・・オルドビス紀〜ペルム紀の海で繁栄した「ウミサソリ/アクチラムス」はサソリやカブトガニの仲間だそうです・・・

左下は、ダンクルオステウスの頭部と胸部のレプリカ・・・か、硬そうな頭だこと・・・



左はウミサソリ/アクチラムスの化石で、右はスクレロケファルスの全身骨格の化石です・・・

史上最大の節足動物「ウミサソリ/アクチラムス」は、約4億5千万年前のオルドビス紀に現れ、シルル紀からペルム紀に大変に栄えた種類なのだとか・・・ちなみに、この標本は世界最大級の標本で、高さは約2.2mもあるそうで・・・工工エエェェ(゚Д゚;ノ)ノェェエエ工工

ペルム紀の四肢動物「スクレロケファルス」は、この時期の四肢動物としては非常に繁栄した仲間で、保存の良い化石がたくさん発見されているそうです・・・
φ( ̄∇ ̄o) メモッチャエ

会場内では、三葉虫や竜脚類のすねの骨の化石に直接触れる事も出来ます・・・



こちらは、ダーウィニウス・マシラエ、愛称「イーダ」の全身骨格化石です・・・

ドイツのメッセルで発見されたこの化石は、霊長類化石として最も完全な標本の一つで、何と胃の中の内容物まで確認出来るそうで・・・肋骨の下の部分に、木の実などの欠片が見られるそうで・・・今回ノルウェーから初来日を果たした、約4,700万年前の化石です・・・

(もしもオイラが化石になったら・・・胃の中にラーメンが入っているのが確認出来る?)



こちらは、生命大躍進のグッズ売り場で発見した実物大の「ウミサソリ」のぬいぐるみ・・・

実物大と言う事は・・・そう、約2.2m!・・・複眼がチャームポイントともっぱらのウワサのこちらのぬいぐるみ・・・お値段はお手頃価格の・・・¥300,000・・・(勿論、税抜価格・・・)

(でも・・・朝起きて、枕元にコイツが横たわっていたら・・・心臓には良くないかも・・・w)

こちらの特別展は10月4日(日)迄、上野の国立科学博物館で開催される予定・・・

DIC川村記念美術館の「カエル」・・・


佐倉市坂戸の「DIC川村記念美術館」敷地内の「自然散策路」を散歩しました・・・

豊かな自然に囲まれた約30ha(約9万坪)という広大な敷地内では、約200種の樹木と約500種の植物が四季折々に美しい花を咲かせ、珍しい昆虫等も数多く見られます・・・

但し・・・県条例による自然保護林ですので、動植物の採取は一切禁止されています・・・ 



こちらは、DIC川村記念美術館・自然散策路の蓮池の蓮の葉の上の「カエル」です・・・

現在、日本には約39種類のカエルが生息しているそうですが・・・私の様な素人には、全く見分けがつかず・・・「カエルくんの生活」「カエルの検索表」を参考にして頂ければ・・・

何だか、座布団の上にちょこんとカエルが座っている様で・・・あっ!「笑点」見よう!

西志津スポーツ等多目的広場の「ヒヨドリ」・・・


西志津スポーツ等多目的広場
、河津桜の観桜にお邪魔しました・・・
 
先週は河津桜祭りが開催され、模擬店やお囃子・・・相撲甚句やお神輿も・・・

千葉県北東部の今日の気温は11℃・・・生憎の曇り空ですが、河津桜は色鮮やか・・・



現在、河津桜は多少葉桜になりましたが、「ヒヨドリ」も春の華の宴を楽しんでいます・・・

この「ヒヨドリ」は、日本国内でごく普通に見かける事が出来る野鳥の一種ですが、この様に桜の花に集まって蜜を吸ったり、また柑橘系の果実も好む様です・・・実際、我が家のユズの木にもよく顔を出します・・・平安時代には貴族に飼われていたという事もあった様です・・・

桜の下には、ご年配のご夫婦や親子連れ・・・様々な人々が笑顔で集っていました・・・

習志野市の「谷津干潟自然観察センター」・・・その6


習志野市秋津の「谷津干潟自然観察センター」にお邪魔しました・・・ 

住所は 習志野市秋津5−1−1、JR総武線「津田沼」駅南口バス乗り場10番「新習志野駅行き」に乗車して「津田沼高校」停車場にて下車し、徒歩約10分・・・車の場合は、京葉道路「花輪」ICで降り、JR京葉線「南船橋」駅方面に向かって進み、若松交差点を左折して、国道357号線を千葉方面に向かって約1km進むと左側に「谷津干潟駐車場」の標識が表れますので、そこから駐車場に入り、車を停め、そこから徒歩ですぐの場所にあります・・・

こちらの施設は、鳥が生息する湿地を守る為の「ラムサール条約」の登録湿地としても認定されている「谷津干潟」に飛来する野鳥を観察・学習するための施設です・・・来館者の方々の野鳥観察の手伝いの為に、指導員の方々による観察の案内等も行なわれています・・・


1階の観察フロアーで、指導員の方が丁寧に「カルガモ」親子の説明をして下さいました・・・

谷津干潟では年間を通して見る事が出来るというカルガモ・・・身体は褐色で、他のカモと比較するとメスの体色が濃いのだそうです・・・くちばしは黒く、先が黄色いのが特徴だとか・・・

今年の5月に誕生したカルガモのヒナは15羽・・・そのうち、無事に育ったヒナは13羽・・・天敵はカラスやアオダイショウだそうですが、ここまで大きく育つ事が出来るヒナは例年ですとほぼ半分だそうで・・・今年のお母さんは慎重で、周囲に気を配るタイプだったそうです・・・

この日説明して下さったのは、少しご年配の女性で・・・ですから、子育ての大変さはとても良くご存知の様子で・・・13羽のヒナをここまで立派に育て上げた母ガモに対して、賛辞を熱弁していらっしゃいました・・・が、ヒナが大きくなったので・・・どれが母ガモか分からん・・・

ちなみに、カルガモのオスは子育てをしないそうで・・・(カミさんの視線が痛い・・・(T▽T))



カルガモとタイマンを張っているカメは・・・どうやら「アカミミガメ」(幼体:ミドリガメ)ですね・・・

甲羅の大きさが、最大で約28cmにもなるというアカミミガメ・・・雑食だそうですが、幼体の頃は昆虫やミミズ等、動物食傾向が強く、成長するにつれて植物食傾向が強くなるとか・・・

(カミさんが見たら・・・「そろそろアンタもラーメン止めて、野菜を摂りな!」と言われそう・・・)


外来種のアカミミガメは、カミツキガメほど凶暴ではないので、現在は積極的な駆除は行われていないそうで・・・まぁ、カミツキガメだって何もしなければ、元々は大人しいというし・・・

自分たちが望まないのに、異郷の地に連れてこられて・・・彼らもまた被害者なのかも・・・


指導員の方々の説明が大変丁寧で、私達の様々な質問にも親切に答えて下さいます・・・

休館日は 月曜(祝日の場合は翌平日)・年末年始
開館時間は 9:00〜17:00 (入館は16:30まで) です・・・

習志野市の「谷津干潟自然観察センター」・・・その5


習志野市秋津の「谷津干潟自然観察センター」にお邪魔しました・・・ 

住所は 習志野市秋津5−1−1、JR総武線「津田沼」駅南口バス乗り場10番「新習志野駅行き」に乗車して「津田沼高校」停車場にて下車し、徒歩約10分・・・車の場合は、京葉道路「花輪」ICで降り、JR京葉線「南船橋」駅方面に向かって進み、若松交差点を左折して、国道357号線を千葉方面に向かって約1km進むと左側に「谷津干潟駐車場」の標識が表れますので、そこから駐車場に入り、車を停め、そこから徒歩ですぐの場所にあります・・・

こちらの施設は、鳥が生息する湿地を守る為の「ラムサール条約」の登録湿地としても認定されている「谷津干潟」に飛来する野鳥を観察・学習するための施設です・・・来館者の方々の野鳥観察の手伝いの為に、指導員の方々による観察の案内等も行なわれています・・・



1階の淡水池観察フロアーからは「セイタカシギ」(若鳥)が観察出来ました・・・

首・脚・くちばしが長く、とてもスマートなシギですね・・・脚がとても長く、成鳥では鮮やかなピンク色だそうですが、幼鳥はややくすんだ色だそうです・・・繁殖期は5〜6月だそうで・・・


池の中に頻繁にくちばしを入れていましたが、おそらく餌を探していたのでは・・・



同じく、淡水池観察フロアーから観察出来た「セイタカシギ」(若鳥)の後ろ姿です・・・

幼鳥は、頭や首の後ろが褐色で、背中と翼が茶色っぽいのだそうです・・・メスの頭は真っ白で、オスは頭と首の後ろが黒いそうなので、おそらく幼鳥なのでは?・・・
(自信は無い・・・)

指導員の方から教えて頂き、この日は1階観察フロアーから「ホウロクシギ」を観察する事が出来ました・・・望遠鏡で観てみましたが・・・大きい!・・・全長は約61cmもあるとか・・・

指導員の方々の説明が大変丁寧で、私達の様々な質問にも親切に答えて下さいます・・・

休館日は 月曜(祝日の場合は翌平日)・年末年始
開館時間は 9:00〜17:00 (入館は16:30まで) です・・・

DIC川村記念美術館の「シジュウカラ」・・・


佐倉市坂戸の「DIC川村記念美術館」敷地内の「自然散策路」を散歩しました・・・

豊かな自然に囲まれた約30ha(約9万坪)という広大な敷地内では、約200種の樹木と約500種の植物が四季折々に美しい花を咲かせ、珍しい昆虫等も数多く見られます・・・

但し・・・県条例による自然保護林なので、動植物の採取は一切禁止されています・・・



自然散策路の枝垂桜の枝で、「四十雀」(シジュウカラ)を見つけました・・・
 
林や市街地などでよく見かける「シジュウカラ」・・・胸からお腹にかけての黒いネクタイ模様が、この鳥のトレードマークのようですね・・・枝にいる虫か、桜の芽を啄んでいるのかな?

林の中で「ツピツピツピ・・・」・・・という鳴き声を耳にしたら、それはたぶん・・・

西志津 河津桜まつりの「ヒヨドリ」・・・


西志津スポーツ等多目的広場で開催された「第6回西志津 河津桜祭り」に伺いました・・・
 
数軒ではありましたが、模擬店があり・・・お囃子や相撲甚句・・・お神輿も出た様です・・・

千葉県北東部の今日の気温は16℃・・・風が少し強く吹きましたが、日差しは温かく・・・

 

現在、河津桜は8分咲き程でしょうか・・・「ヒヨドリ」たちも、春の華の宴を楽しんでいます・・・

この「ヒヨドリ」は、日本国内でごく普通に見かける事が出来る野鳥の一種ですが、この様に桜の花に集まって蜜を吸ったり、また柑橘系の果実も好む様です・・・実際、我が家のユズの木にもよく顔を出します・・・平安時代には貴族に飼われていたという事もあった様です・・・

桜の樹の下には、ご年配のご夫婦や親子連れ・・・様々な人々が笑顔で集っていました・・・

「魚偏」の漢字に挑戦・・・その4



お待たせしました・・・こちらが「魚偏の漢字に挑戦・・・その3」の答えです・・・

問題は、全部で30問・・・一問を3.3点で計算して、+1点で「100点」!

でも・・・前回よりも、難易度はけっこう高いのではないでしょうか?

「ここまで意地悪な問題を出すなんて、性格悪いブログね!」


_| ̄|○スイマセン_| ̄|○))ユルシテクダサイ_|\○_コノトオリデス・・・


(でも・・・この中で私が食べた事がある魚って、どれ位あるのかなァ・・・?)

「魚偏」の漢字に挑戦・・・その3



静岡県沼津市の「沼津港」を散策していると・・・この様な立看板が目に留まり・・・

さすが沼津! 魚偏(さかなへん)の漢字が幾つ読める?という事ですね・・・

では・・・せっかくですので、皆様も是非チャレンジしてみては・・・?


キミハ・・・ワカル?? (*´・д・)ノ(・д・`*) ボク?・・・ウウン、ワカラナイ・・・


答えは・・・次回の更新までお待ちを・・・(*_ _)人


(ちなみに・・・前回の問題はこちら・・・)

こ・・・これが噂の「ちりめんモンスター」!?


今日は家族で香取神宮に、昨年の破魔矢をお納めして、新たな破魔矢を頂きに・・・

参道沿いは、まだまだ出店が数多く軒を並べており・・・また、成人式の影響か、自動車道も比較的空いていた様な気が・・・家族でお参りを済ませ、破魔矢を頂いて参りました・・・

その後は、佐原の「水の郷 さわら」でお買い物・・・それにしても、店内はとても賑やかで・・・買い物客の多さと言ったら・・・もっとも、こちらの道の駅は品揃えが充実していて・・・ 



こちらは、カミさんが購入した兵庫県産の「ちりめん」・・・無添加の新物だそうで・・・

温かいご飯のお供にはもってこいの一品ですね・・・ああ、夕飯が楽しみだァ・・・



ところで・・・さっきから、何だか・・・小さな「視線」の様なものを感じるのですが・・・

気のせいかな?・・・いや、小さなジャコに混じって、少し大きな目がこちらを・・・

ほらほら・・・写真の中央に、ほんの少し大きめの・・・黒い目が見ていて・・・



はたして、その正体は・・・ジャコに混じっていた、可愛い「イカ」の赤ちゃん・・・ヾ(≧∀≦)ノ

ジャコに混じってしまったのでしょうね・・・これが噂の・・・「ちりめんモンスター!?

私にとっては初めての経験ですが、子供が夢中になる気持ちも分かる・・・w


ちょっぴり可愛そうな気もしますが・・・ジャコもイカも、大切な「生命」という点では変わり無し・・・「ジャコなら良くて、イカは可愛そう」では、どこかの団体と言ってる事が変わらん!

小さな命、大きな命・・・生命の重さは皆一緒・・・生命の「器」(身体)が違うだけ・・・


チリモン積もれば山となる・・・細かい事を言ってノケモンにならぬ様に・・・

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM