楽食楽酒 三鶴(みつる)の「お通し」(カツオの刺身)と「本日の刺身3品盛り」(ホタテ・ネギトロ・イワシ)と「自家製 和牛もつ煮込み」・・・

 

八千代市八千代台南の「楽食楽酒 三鶴」(みつる)にお邪魔しました・・・

 

住所は 八千代市八千代台南1−6−5 石井国際ビル1F、京成本線「八千代台」駅東口より、真っ直ぐ伸びた大通りを千葉方面に向かって約150m進み、右手にある「美容室カグー 八千代台店」脇の路地へと右折し、少し進んだ左側です・・・

 

 

こちらは、楽食楽酒 三鶴「お通し」(カツオの刺身)です・・・

 

最初にこちらのお通しがテーブルに運ばれた際には、我が目を疑いました・・・だって、これ程立派なカツオの刺身が、まさか「お通し」なんて・・・オドロキ!

 

この時季ですので、おそらく「戻りガツオ」だと思いますが・・・濃厚な旨味を帯びた、何とも魅力的なカツオの刺身で・・・いやはや、益々期待が高まります・・・

 

お通しがカツオですので、やはり魚介類に絶対の自信がおありのお店かと・・・

 

 

こちらは、楽食楽酒 三鶴「本日の刺身3品盛り」(ホタテ・ネギトロ・イワシ)です・・・

 

写真奥のホタテの刺身の脇には、ホタテの「ヒモ」(ミミ)がきちんと添えられていました・・・コリコリッとした食感が心地良い、何とも魅力的な酒の肴です・・・

 

ちなみに村上柏腰痛センターさんのTwitterによると、ホタテのヒモは実は「目」で、何と80個以上の明るさセンサーがあるそうで・・・(ちょっぴり怖い・・・)

 

濃厚な旨味を内包したネギトロの美味しさは言うまでも無く・・・しっかりと脂の乗った新鮮なイワシの刺身は、臭みが全く感じられず・・・お、美味し〜い!

 

イワシやアジ等の青魚には、動脈硬化や心筋梗塞等を予防するEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれるとか・・・

 

それにしても、このお値段にビックリ!(・・・あのぉ・・・安すぎませんか?)

 

 

こちらは、楽食楽酒 三鶴「自家製 和牛もつ煮込み」(2人前)です・・・

 

居酒屋では定番のメニューですが、こちらの煮込みは下拵えがしっかりされているお蔭だと思いますが、余分な脂が全く感じられず・・・これもまた美味しい!

 

そして、和牛のもつの柔らかさも特筆もので・・・しっかりと噛み切れる柔らかさですが、味はしっかりと染みていて・・・(2人前を注文して大正解でした・・・w)

 

更に、和牛のもつの旨味をたっぷり内包した汁がじんわり中まで染み込んだ、柔らかい大根の美味しさと言ったら・・・嗚呼、これぞまさに至福といった按配で・・・

 

品揃えが豊富な日本酒に、魅力的な酒の肴の数々・・・勿論、再訪決定っ!

 

営業時間は 17:00〜24:00(LO 23:00)定休日は 月曜 です・・・


居魚家 いがらしの「本日のおすすめ五点盛り」「稚鮎」「鯛かぶと」「鮪の中落ちと納豆のにんにくタルタル仕立て」・・・

 

我孫子市布佐の「居魚家 いがらし」にお邪魔しました・・・

 

住所は 我孫子市布佐2760−5、JR成田線「布佐」駅東口より、茨城方面に向かって約200m進み、「布佐駅入口」交差点を左折し、約30m進んだ右側です・・・駐車場は、布佐駅入口交差点からほど近い場所にもあります・・・

 

 

こちらが、居魚家 いがらし「本日のおすすめ五点盛り」です・・・

 

この日のお勧めは、スズキ・カツオ・ホンマグロの赤身・活タコ・シマアジといったラインアップで・・・活タコは久し振りに頂きますが、心地良い食感が印象的で・・・

 

ホンマグロの赤身は、とろりとした口当たりが心地良く・・・多分これは、冷凍ものではないマグロ独特のものではないかと・・・マグロの脂は何とも魅力的で・・・

 

程良く脂が乗ったシマアジも、個性的な旨味が身上のカツオも、どちらも美味しい!

 

 

こちらが、居魚家 いがらし「稚鮎」です・・・

 

川魚独特の仄かな風味を纏った身と、腸のふくよかな苦みを共に味わえるのが、稚鮎の魅力かもしれませんね・・・やはりここは、是非揚げたてを頂きましょう・・・

 

熱々の稚鮎の身をほおばり、噛みしめると・・・微かではありますが、あの青々とした風味が口の中に拡がり・・・腸の苦みが、これまた心地良く感じられて・・・

 

稚鮎が力強く川を上るイメージを活かした形・絵柄の器を選んで下さいました・・・

 

 

こちらが、居魚家 いがらし「鯛かぶと」です・・・

 

鯛かぶとは調理に時間がかかるので、早めに注文するのがお勧めかと思います・・・まぁ、美味しい料理は時間が掛かって当たり前・・・期待しながら待ちましょう・・・

 

ご覧の通り、見事な色をした大きな鯛かぶとが運ばれて来ました・・・箸で身を解し、軽く煮汁に浸して頂くと・・・口の中に拡がっていく濃厚な旨味・・・お、美味しい!

 

その旨味がじんわりと染みたエリンギや豆腐も、これまた美味しい・・・

 

 

こちらが、居魚家 いがらし「鮪の中落ちと納豆のにんにくタルタル仕立て」です・・・

 

和食のイメージが強いお店ですが、この様な「変化球」もお持ちだとは・・・いやはや、これは侮れない・・・油断ならないお店ですね・・・期待感が更に高まります・・・

 

鮪の中落ちに、嫌味の無いニンニク風味のソースを軽く絡めて頂くと・・・美味しい!・・・意外と納豆も合いますね・・・鶉の玉子が円やかさを上手に演出し・・・

 

いやはや・・・私達の予想以上に懐の深いお店でした・・・勿論、再訪決定です・・・

 

営業時間は 17:00〜23:00(LO 22:30) (日・祝 11:30〜22:00(LO 21:30))定休日は 月曜、第1・3日曜 です・・・


食い処 あだちの「岩ガキ」(徳島産)と「あだち風 魚貝たっぷりサラダ」と「ハチノス煮込み」・・・

 

佐倉市鏑木町の「食い処 あだち」にお邪魔しました・・・

 

住所は 佐倉市鏑木町2−7−17、JR「佐倉」駅北口より北へ約500m進み、国道296号線を左折して約30m進んだ左側です・・・

 

 

こちらは、食い処 あだち「岩ガキ」(徳島産)です・・・

 

ご覧の通り、見事な岩ガキです・・・軽くレモンを絞って頂くと、濃厚な旨味が口の中に拡がり・・・おお、これぞまさに「海のミルク」!!・・・♪シアヽ(*≧∇≦*)ノワセ♪

 

こんなにも大きな岩ガキを頂く機会は、滅多にないかも・・・あまりにも大きいので、ご覧の通りカキの身には縦に包丁が入れられています・・・この方が食べ易い・・・

カキにはビタミン類や亜鉛・鉄・アミノ酸・タウリン等が豊富に含まれているとか・・・

 

 

こちらは、食い処 あだち「あだち風 魚貝たっぷりサラダ」です・・・

 

サラダと言えば普通は野菜がメインですが、こちらはカツオ・ハマチ・トリガイ・etc・・・これぞまさに「海鮮」!・・・新鮮な刺身が主役で・・・☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆ 

野菜は勿論ですが、海藻類もたっぷり使われているので、身体にも良い気がします・・・何だかサラダにするのが勿体無い様な、そんな新鮮な刺身の美味しさに脱帽!

 

味もさることながら、見た目にも何とも綺麗なサラダで・・・嗚呼、シアワセ!

 

 

こちらは、食い処 あだち「ハチノス煮込み」です・・・

 

皆様も良くご存知かと思いますが「ハチノス」は牛の第二胃の俗称で、胃の内側のくぼみが蜂の巣をイメージさせるのでこう呼ばれ、様々な料理に使われます・・・

 

歯応えがしっかりとしていて、これもまた美味しい・・・下拵えがしっかりしているお蔭だと思いますが、臭みはまったく感じられず、美味しい味噌味の煮込みです・・・

 

肉の旨味を内包した食後の汁を、ご飯にたっぷりとかけて食べたい・・・w

 

営業時間は 11:30〜14:00(LO 13:30)、17:30〜22:30(LO 22:00)定休日は 水曜 です・・・


釜めし・串焼き・旬彩創作料理 平家の「鶏ネギ間」と「鶏レバー」と「鮪中落ちおむすび」・・・

 

佐倉市ユーカリが丘の「釜めし・串焼き・旬彩創作料理 平家」にお邪魔しました・・・

 

住所は 佐倉市ユーカリが丘2−2−11、ユーカリが丘線「公園」駅のすぐ向かい側です・・・

 

 

こちらが、釜めし・串焼き・旬彩創作料理 平家「鶏ネギ間」です・・・

 

香ばしい焼き色が付いた鶏肉は柔らかく・・・余分な脂が落ちているので、美味しく頂く事が出来ます・・・鶏肉の脂が程良く染みた長ネギが美味し〜い!・・・☆ヽ(嬉´∀`嬉)ノ☆.:

 

ねぎまを最初に考え出した人が目の前に居たら、感謝状を贈呈したい位で・・・

 

 

こちらが、釜めし・串焼き・旬彩創作料理 平家「鶏レバー」です・・・

 

食感が私の予想以上に柔らかく、それでいて臭みが感じられない・・・何ともレベルが高い「鶏レバー」で・・・タレの味わいも程良く、もう一本頂きたい位の美味しさで・・・

 

細かく刻んだ長ネギに、タレがしっかり染みて・・・これがまた美味しい・・・

 

 

こちらが、釜めし・串焼き・旬彩創作料理 平家「鮪中落ちおむすび」です・・・

 

長皿で運ばれて来たのは、何とも可愛らしいおむすび・・・海苔の上にちょこんと座ったおむすびの上には、綺麗な色をしたマグロの中落ちが・・・上品な味わいが魅力的で・・・

 

奥座敷も広々としていて・・・何とも居心地の良い居酒屋です・・・(・∀・。)(-∀-。)ウン♪ 

 

営業時間は 17:00〜0:00(LO 23:00)定休日は 月曜(※祝日営業の場合も有)です・・・


食い処 あだちの「富津金谷港 黄金アジ」(刺身とタタキ)と「生ガキ」(岩手産・北海道昆布森産)と「黄金アジの骨の素揚げ」・・・

 

佐倉市鏑木町の「食い処 あだち」にお邪魔しました・・・

 

住所は 佐倉市鏑木町2−7−17、JR「佐倉」駅北口より北へ約500m進み、国道296号線を左折して約30m進んだ左側です・・・

 

 

こちらは、食い処 あだち「富津金谷港 黄金アジ」(刺身とタタキ)です・・・

 

アジには回遊するアジと浅瀬に根付くアジがいるそうで、根付くアジは餌が豊富なので脂が乗るとか・・・そして金色を帯びるので「黄金アジ」と呼ばれるそうで・・・

 

まずは刺身を頂きます・・・アジの身にはしっかりと脂が乗っていて、その割にはさっぱりとした後味で・・・お、美味しい・・・上品なタタキも、アジの魅力を損なわず・・・

 

黄金アジを頂いたのは、初めてかも・・・忘れ難い、何とも魅力的な味わいで・・・

 

 

こちらは、食い処 あだち「生ガキ」(岩手産・北海道昆布森産)です・・・

 

ご覧の通り、見事な岩ガキです・・・軽くレモンを絞って頂くと、濃厚な旨味が口の中に拡がり・・・おお、これぞまさに「海のミルク」!!・・・♪シアヽ(*≧∇≦*)ノワセ♪

 

北海道・昆布森は年間を通じて気候が涼しく、海水温が低いので、年間を通してカキを頂く事が出来るそうで・・・岩手産のカキも、豊かな環境の産物なのでしょうね・・・

カキにはビタミン類や亜鉛・鉄・アミノ酸・タウリン等が豊富に含まれているとか・・・

 

 

こちらは、食い処 あだち「黄金アジの骨の素揚げ」です・・・

 

私達が食べ終えた黄金アジの骨を、お店の方がわざわざ素揚げにして下さいました・・・背骨の部分は勿論、多少歯応えはありますが頭の部分も頂く事が出来ます・・・

 

きちんとレモンまで添えて下さり・・・いやはや、何ともありがたい事で・・・この様に食材を無駄にせず、最後まで美味しく調理して下さるお店こそが、真の名店では・・・

 

こちらのお店の料理は、盛り付けが美しいのも大きな魅力ではないかと・・・

 

営業時間は 11:30〜14:00(LO 13:30)、17:30〜22:30(LO 22:00)定休日は 水曜 です・・・


釜めし・串焼き・旬彩創作料理 平家の「だし巻き玉子」と「オクラの肉巻」・・・

 

佐倉市ユーカリが丘の「釜めし・串焼き・旬彩創作料理 平家」にお邪魔しました・・・

 

住所は 佐倉市ユーカリが丘2−2−11、ユーカリが丘線「公園」駅のすぐ向かい側です・・・

 

この日は、職場の元同僚の方々とお会いして、久しぶりに旧交を温めて・・・

 

 

こちらが、釜めし・串焼き・旬彩創作料理 平家「お通し」です・・・

 

この日は「うどん」「油揚げと青菜の澄まし汁」「蒸し鶏」「竹輪のマヨネーズ和え」・・・って、お通しのみで、こんなにも品数が豊富だとは・・・ウーロン茶で申し訳ない・・・w

 

では・・・まず初めに、こちらの人気 癸吋瓮縫紂爾鬚願いしましょう・・・

 

 

こちらが、釜めし・串焼き・旬彩創作料理 平家「だし巻き玉子」(一本)です・・・

 

ここのだし巻き玉子はハーフもありますが、あまりにも美味しいので、あっと言う間に食べ尽くしてしまう事必至の一品ですので・・・私達は迷う事無く「一本」でオーダー・・・

 

肌理が細やかで、箸で摘むと崩れてしまうだし巻き玉子ですので、ご覧の通り巻き簀(まきす)に乗って供されます・・・火が通り過ぎず、尚且つ熱々の状態を頂きましょう・・・

 

まずはそのまま頂いて・・・ほっこりとした熱々のだし巻き玉子は、ふんわりとした食感が絶品で・・・美味しい!・・・絶妙な味加減も文句無し!・・・大根卸しを乗せてもOK!

 

さすが、平家イチオシの人気メニュー 癸院ΑΑ最━━ヽ(≧∀≦)ノ━━高!!!! 

 

 

こちらが、釜めし・串焼き・旬彩創作料理 平家「オクラの肉巻」です・・・

 

綺麗な色とその姿から「レディースフィンガー」(淑女の指)とも呼ばれるオクラ・・・ネバネバの成分のペクチンは、血液中のコレステロール値を下げる効果が期待され・・・

 

塩をこすりつけてから茹でると、産毛が取れて味が染み易くなるとか・・・カリッとした豚肉と、ネバネバしたオクラとの絶妙なバランスが、このメニューの一番の魅力かと・・・

 

奥座敷も広々としていて・・・何とも居心地の良い居酒屋です・・・(・∀・。)(-∀-。)ウン♪ 

 

営業時間は 17:00〜0:00(LO 23:00)定休日は 月曜(※祝日営業の場合も有)です・・・


居酒屋 はませんの「コ・マ・ネ・チ」と「焼鳥の盛り合わせ」(レバー・ぽんじり・せせり)と「ジャンボコロッケ」・・・

 

佐倉市上座の「居酒屋 はません」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上座520−8、京成本線「ユーカリが丘」駅より、南口ロータリーを出てすぐ目の前の交差点を渡り、「ジョナサン」佐倉・ユーカリが丘店と「炭火焼肉 牛角」ユーカリが丘店に挟まれた道路を少し進んだ右側です・・・駐車場はお店の裏手です・・・

 

 

こちらが、居酒屋 はません「コ・マ・ネ・チ」です・・・

 

白い妖精と呼ばれたルーマニアの体操選手と同じ名前をメニューの中に見つけた方々は・・・はて、これは一体どんな料理?・・・と、思わず首をひねるのでは・・・

 

出てきた料理が、こちらの写真で・・・皆さんは、この料理の素材とネーミングの理由がお判りでしょうか?・・・では、順番に・・・ンビーフ・ヨネーズ・ギ・ーズ・・・

 

そう・・・それぞれの頭文字を取って・・・コ・マ・ネ・チ・・・(・∀・。)(-∀-。)ナルホド・・・ボリュームのあるコンビーフにさっぱりしたネギ、更にマヨネーズにチーズとくればもう・・・

 

酒の肴としては文句無しの組み合わせでございます・・・勿論、美味しい・・・

 

 

こちらが、居酒屋 はません「焼鳥の盛り合わせ」です・・・

お皿に盛られているのは・・・レバー・ぽんじり・せせり・・・酒の肴としては、文句なしのラインアップでございます・・・レバーと言えば、やはりタレ・・・定番の一串ですね・・・

 

鶏の首の剥き身で、一羽から取れる量が少ない「せせり」は良く動く部位なので、心地良い食感が・・・モモ肉よりも脂身が多く、旨味をしっかり内包している部位です・・・

 

尾骨の周りの肉「ぽんじり」は脂が多い部位ですが、ここも良く動く部位なので、筋肉が発達しているとの事・・・ふっくらした柔らかい肉質が絶品!・・・こちらもお勧め・・・

お任せでこういった嬉しいラインアップをチョイスされると、何とも嬉しい・・・

 

 

こちらが、居酒屋 はません「ジャンボコロッケ」です・・・

コロッケの長さは20cm位はありそうで、これぞまさに「ジャンボ」!・・・ホクホクしたじゃがいもの風味の中に、仄かな甘さが感じられ、まるで肉じゃがの様な味わいで・・・

素朴な味わいのコロッケは、ソースをかけなくても十分に美味しい・・・のですが・・・コロッケとソースとの相性の良さは、皆様も良くご存知・・・周知の事実でして・・・

 

そしてその相性の良さに抗える程、私の意志は固くはございません・・・ちょっぴりソースをかけて頂くと・・・おお、これまた美味しい!・・・少しレモンを絞っても美味しい!

 

酒の肴が美味しい居酒屋は、左利きだけでなく下戸の食いしん坊も嬉しい・・・

定休日は 不定休 、営業時間は 17:00〜翌0:00 です・・・


手打そば 嘉亭の「鴨肉天ぷら」と「獺祭」・・・

 

佐倉市中志津の「手打そば 嘉亭(かてい)」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市中志津4−20−1、京成線「ユーカリが丘」駅南口ロータリーより、ジョナサン手前の交差点を左折し、下志津小学校方面に向かって約1.5km南へ進み、中志津ふれあい公園・スーパーカワグチの前を通り過ぎて約200m進んだ左側です・・・

 

 

こちらが、手打そば 嘉亭「鴨肉天ぷら」と「獺祭」です・・・
 

揚げたての鴨肉の天ぷらを、山椒塩で頂きます・・・まず初めに、山椒の辛さが立ち・・・そして次第に、鴨肉の持つ滋味溢れる旨味が、じんわりと口の中に拡がり・・・

 

鴨肉の持つ個性的な肉の旨味を引き立てるには、やはり塩で頂く方が宜しいのでしょうね・・・私は下戸ですので、獺祭はカミさんが頂き・・・にしても、旨そう・・・w

 

蕎麦屋で「ぬき」を頼んで、日本酒を頂く・・・なんて、粋な真似をしてみたい・・・

定休日は 日曜 営業時間は 11:30〜14:00 、17:00〜20:00 です・・・


食い処 あだちの「豆腐とジャコのサラダ」と「鹿児島産 新じゃがいも揚げ」と「若鶏の半身揚げ」・・・

 

佐倉市鏑木町の「食い処 あだち」にお邪魔しました・・・

 

住所は 佐倉市鏑木町2−7−17、JR「佐倉」駅北口より北へ約500m進み、国道296号線を左折して約30m進んだ左側です・・・

 

 

こちらは、食い処 あだち「豆腐とジャコのサラダ」です・・・

 

主な食材は、豆腐・水菜・ラディッシュ・紫キャベツ・プチトマト・・・そしてサラダにトッピングされているのは、食感が心地良いジャコ・・・カルシウムが豊富な食材です・・・

 

ちなみに、生シラスを釜茹でしたのが「釜揚げしらす」で、釜茹で後に少し乾燥させたのが「しらす」で、十分乾燥させたのが「ちりめんじゃこ」なのだそうです・・・

 

目にも鮮やかな、具沢山のサラダですね・・・自ずと期待が高まります・・・

 

 

こちらは、食い処 あだち「鹿児島産 新じゃが揚げ」です・・・

 

鹿児島と言えば、安納芋に代表される「サツマイモ」が思い出されますが、新じゃがもなかなか・・・ほっこりとした食感が嬉しい、何とも魅力的な味わいです・・・

 

この一片のバターが、ホクホクの新じゃがを更に美味しくしてくれます・・・

 

 

こちらは、食い処 あだち「若鶏の半身揚げ」(2〜3人前)です・・・

 

ご覧の通り、このボリューム!・・・2〜3人前とは申しますが、それ以上の食べ応えがありそう・・・注文してから運ばれるまで時間がかかりますが、その価値は十分!

 

若鶏の半身を時間をかけてゆっくりと揚げているので、軟骨も柔らかく・・・楽々と齧る事が出来ます・・・にんにく醤油で食べるも良し、柚子胡椒で食べるも良し・・・

 

香ばしい若鶏を、思う存分頂く事が出来るメニューです・・・(ノ*´∀`)ノ嬉嬉嬉嬉嬉

 

営業時間は 11:30〜14:00(LO 13:30)、17:30〜22:30(LO 22:00)定休日は 水曜 です・・・


食い処 あだちの「鹿児島産 〆鯖刺身」と「勝浦産 小金目鯛の煮付け」と「握り寿司 盛り合わせ」・・・

 

佐倉市鏑木町の「食い処 あだち」にお邪魔しました・・・

 

住所は 佐倉市鏑木町2−7−17、JR「佐倉」駅北口より北へ約500m進み、国道296号線を左折して約30m進んだ左側です・・・

 

 

こちらは、食い処 あだち「鹿児島産 〆鯖刺身」です・・・

 

錫と思しき器に細かい氷を敷き詰めて、見た目にも涼やかな小鉢の上に盛られた〆鯖は、小ぶりながらもしっかりとした自己主張が感じられる美味しさで・・・

 

脂が乗った〆鯖は、山葵で頂いても良し・・・蓼(たで)で頂いても良し・・・

 

 

こちらは、食い処 あだち「勝浦産 小金目鯛の煮付け」です・・・

 

ご覧の通り、なかなか存在感のある一品です・・・脇に添えられたのは、お麩・人参の飾り切り「ねじり梅」・麺撮りされた里芋・・・ラディッシュ・小葱・白髪ネギ・・・

 

ふっくらした金目鯛の身に、とろみのある甘辛い煮汁がしっかり絡み・・・美味しい!・・・勿論、煮汁が染みたお麩や白髪ネギも絶品の味わい・・・ヽ(嬉≧∀≦)ノウレシイ♪

 

この煮汁・・・自宅に持ち帰って、白いご飯にかけて食べたいっス・・・w

 

 

こちらは、食い処 あだち「握り寿司 盛り合わせ」です・・・

 

ネタはトリガイ・イワシ・タイ・イカ・マグロ・・・その他は何だろう?・・・一口サイズのお寿司で、食べ易い大きさなのが有り難い・・・勿論、美味しい!

 

こちらのお店の料理は、盛り付けが美しいのも魅力ではないかと・・・

 

営業時間は 11:30〜14:00(LO 13:30)、17:30〜22:30(LO 22:00)定休日は 水曜 です・・・


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    幹事長 (08/11)
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    末吉 (08/10)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    幹事長 (07/24)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    末吉 (07/24)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM