横須賀市の「めだかの学校」童謡碑・・・



こちらは、横須賀市小川町の「めだかの学校」童謡碑です・・・

皆様も良くご存知の童謡「めだかの学校」は、作詞:茶木滋氏・作曲:中田喜直氏の作品です・・・昭和26年(1951年)NHKのラジオ番組で発表され、その後も多くの人々に親しまれ・・・平成19年(2007年)には文化庁が選定した「日本の歌百選」に選ばれました・・・



そして、童謡碑の裏手の小学校ではご覧の通り・・・桜の花が綺麗に咲いていました・・・

私たちがお邪魔したこの日は風が一寸強めで、空はあいにくの曇り空・・・それでも桜の花は曇天の下、横須賀の街並みに艶やかな春の彩りを添え・・・確かに、高く晴れ上がった空の下での観桜も良いのですが・・・曇り空の下での桜のお花見も、なかなか乙なもので・・・

恵まれた環境は誰もが望むものですが・・・足りない物がある方が、実は幸せなのかも・・・

ヴェルニー公園から見た「横須賀 軍港」・・・その2


先日、こちらでご紹介した・・・「ヴェルニー公園」から見た横須賀 軍港の続きを・・・

改めて、この日の我が家の行動をご説明致しますと・・・始めに、記念館「三笠」を見学し・・・横須賀 軍港でイージス艦を見かけたので、車を停める為に「ショッパーズプラザ 横須賀」に立ち寄り・・・そして、艦船を近くで見る為に「ヴェルニー公園」にお邪魔したという訳で・・・



こちらは、アメリカ海軍のミサイル駆逐艦「マッキャンベル」「ジョン・S・マケイン」です・・・

左側の「マッキャンベル」は、2002年に就役したアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の35番艦で、2007年より横須賀港に配備・・・2011年の東日本大震災の際には、災害救助・救援及び復興支援活動・・・いわゆる「トモダチ作戦」に派遣された艦船なのだそうです・・・

右側の「ジョン・S・マケイン」は、1994年に就役したアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の6番艦で、第7艦隊に所属・・・2009年には貨物検査を行う目的で某国貨物船「カンナム」を追跡したり、中華人民共和国の潜水艦と接触してソナーを損傷した事もあるそうです・・・

この日は「建国記念の日」でしたので・・・ジョン・S・マケインは「満艦飾」という連なった旗を掲揚して、建国記念の日を祝う気持ちを表現して・・・(まぁ、リップサービスでしょう・・・w)



そしてこちらは、海上自衛隊の護衛艦「みょうこう」・・・こんごう型護衛艦の3番艦です・・・

1996年に就役した「みょうこう」は、1999年の能登半島沖不審船事件の際には不審船を追跡し・・・2004年にはテロ対策特別措置法によりインド洋に派遣・・・2009年にはミサイル防衛機能を備える改修を終え、模擬弾道ミサイルの迎撃実験に成功したそうです・・・

映画「亡国のイージス」に登場した護衛艦のモデルになった艦船と言われています・・・

定係港は舞鶴だそうですが・・・建国記念の日の為に寄港したのかもしれませんね・・・


(よし・・・今度こちらにお邪魔した時は、是非
「YOKOSUKA軍港めぐり」を体験するぞ!)

ヴェルニー公園から見た「横須賀 軍港」・・・その1


横須賀市汐入町の「ヴェルニー公園」にお邪魔しました・・・

今日一日の我が家の行動をご説明致しますと・・・まず始めに、記念館「三笠」の見学にお邪魔して・・・その途中、横須賀 軍港でイージス艦を見かけたもので・・・「どこか近くで見学出来る場所はないの?」・・・という事で、「ショッパーズプラザ 横須賀」にお邪魔した訳で・・・

ショッパーズプラザの駐車場に車を停め・・・そこの2階で、私たちにとっては何とも懐かしい・・・あの「ドムドムハンバーガー」を見つけて、30年ぶりにあの味を堪能しました・・・w


「わざわざ横須賀まで来て『横須賀バーガー』よりも『ドムドムバーガー』を選ぶとは!」


・・・で、ショッパーズプラザ・2階の展望フロアから「横須賀 軍港」を眺めてみると・・・



「な・・・何だあれは?・・・潜水艦から白い煙が・・・もしや、火事!?」

いや、だって・・・産まれて初めて見た「潜水艦」から、白い煙が上がっていれば・・・それはもう、誰だってパニックになっても致し方ないのでは?・・・ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!

すると・・・私たちの隣にいらした男性の方が・・・「あれは、ディーゼル機関の水蒸気が立ち昇っているので・・・大丈夫ですよ」・・・と親切に教えて下さいました・・・(((;-д- )=3 ホッ


その方としばらくお話をさせて頂きましたが・・・お住まいは、ここ横須賀港から程近い場所だそうで・・・殆ど毎日こちらにいらしているそうで・・・なので、兎に角船舶関係にお詳しい!

その方のお話によると・・・上の写真の左側の2隻が「おやしお型潜水艦」で、一番右が「ゆうしお型潜水艦」なのだそうです・・・そういえば、艦橋(セイル)の形が少し違う様な気が・・・



こちらは、ヴェルニー公園側から撮影した潜水艦の「艦橋」(セイル)の写真です・・・

左側の「おやしお型潜水艦」の艦橋の表面には、サメの皮膚の様な模様が確認できますが、これが「無反響タイル」なのかな?・・・右側の「ゆうしお型潜水艦」には見られません・・・


「それにしても・・・私たちが知らない事、まだまだ沢山あるんだなァ」・・・( ゚Д゚)ポカーン


今日初めてお会いしたこの男性の、実に親切で丁寧な説明のお蔭で、私たちにとって今日一日が実に充実した一日になった事は言うまでもありません・・・出会いに感謝ですね・・・


(さて・・・今度こちらにお邪魔した時は、是非「YOKOSUKA軍港めぐり」を体験するぞ!)

箱根町塔ノ沢の「上湯大衆温泉」・・・



足柄下郡箱根町塔ノ沢の「上湯大衆温泉」にお邪魔しました・・・

住所は 足柄下郡箱根町塔ノ沢112、場所は下の地図をご参考に・・・



駐車場は道路の向かい側、「塔の沢 キャトルセゾン」のお隣り・坂の下側にあります・・・縦列駐車で2台×2列・・・計4台分のスペースがありますが、詳細は受付でご確認を・・・

こちらは、ご近所にある有名な老舗旅館・・・あの「環翆楼」と同じ源泉を使っているそうで・・・そして、箱根の公衆浴場では数少ない「源泉かけ流し」の温泉なのだそうです・・・

浴室に石鹸はありませんが、受付での購入が可能です・・・脱衣場にはロッカーはありませんので、貴重品等は受付前の小さなロッカーに預けた方が宜しいでしょうね・・・



こちらが、男湯「脱衣場」の様子ですが・・・ご覧の通り、いたってシンプルです・・・w

いやぁ・・・こういった雰囲気は、好きだなァ・・・「温泉マニア」にはたまらん・・・?



こちらは、男湯「浴室」の様子・・・こちらもご覧の通り、シンプルでございます・・・

他にはお客様がいらっしゃいませんでしたので、湯船は息子と「貸し切り」状態・・・

ここの泉質は「単純温泉」で、源泉の泉温は「39.6℃」・・・どうやら加温している様子です・・・適応症は「神経痛・筋肉痛・関節痛・うちみ・関節のこわばり・・・」等です・・・

入浴後、受付の方から「源泉」を頂き、飲んでみたのですが・・・意外とすっきりとした飲み口なのでビックリ・・・特別に源泉で淹れた麦茶も頂きましたが・・・美味しい・・・

どうやら2階は「休憩室」のようです・・・食事を提供する施設はなさそうですので、そういった場合には持ち込みが可能なようで・・・でも、一日中いるのは無理かな・・・w



こちらが、現在の「営業時間一覧表」です・・・もしかすると、変更している場合もあるかと思いますので、もし伺う際は、念のため・・・電話 0460(85)7683 でご確認を・・・

受付の方から頂いたパンフレットによると、こちらの温泉は利用者の減少により、ただ今存亡の危機に直面しているとか・・・確かに建物も小さく、駐車場も狭いので「家族連れにぜひオススメ」・・・とはお世辞にも言いづらい温泉です・・・が、私はこの様な温泉が大好きです・・・

私たちがお邪魔した際、受付にいらした女性からお話を伺いましたが、こちらの温泉の存続を強く望んでいらっしゃる様子がひしひしと伝わって来ました・・・そして、私たちに源泉で淹れた麦茶を勧めて下さったり、温泉の効能を熱心に説明して下さったり・・・更に、温泉の存亡の危機を記したパンフレット自体も、たぶん手作りではないかと・・・そう思います・・・

ただし、誤解の無い様・・・「サービスをしてくれたから良い」というのではなく・・・何と言うか、そこで働く方々の「熱意」や「ぬくもり」・・・そういったものが感じられる土地や場所に、私はこの上ない魅力を感じます・・・そしてこれからも、そういった場所をご紹介したいと・・・

なので、今回は敢えて電話番号を載せさせて頂きました・・・我が家から箱根は遠く、頻繁にお邪魔する事は出来ませんが、これからもぜひ存続して欲しい温泉です・・・

たとえ施設は小さくとも、一所懸命に頑張っている人がいる・・・だからこそ、魅力がある・・・

※ 入浴料:500円、休憩:200円(1時間)、入浴・休憩:1,200円(1日)

箱根 仙石原「リ・カーヴ箱根」の料理・・・その2



夏の旅行の際、私達が宿泊した箱根 仙石原の「リ・カーヴ箱根」の料理の一部です・・・

奥左側より時計回りに・・・「ハマチと西麗野菜のサラダ」「お造り」「鮭の飛竜頭揚げ」「鮎の有馬山椒煮」「焼きおにぎりの青海苔あんかけ」「豆乳豆腐」・・・その数は60種類とか・・・

とても手の込んだ、魅力的な小鉢のメニューが充実しているのが嬉しいですね・・・


息子の一番のお気に入りは、もちろん・・・「フライドポテト」・・・w

夜の「横濱中華街 関帝廟」 ・・・



こちらは、夜間ライトアップされた横濱中華街 関帝廟(かんていびょう)です・・・

横濱中華街 関帝廟は、1873年に居留民の方々によって小さな廟が建てられたのが始まりで、その後次第に境域が拡張され、本格的な廟の改築等が行なわれたそうです・・・

祭神は後漢から三国時代にかけて活躍した三国志の英雄である関羽を主神とし、他には玉皇上帝・観音菩薩・地母娘娘・土地公といった神々がこちらに祀られているそうです・・・

昼間の賑やかな横濱中華街 関帝廟とはまた異なった魅力が感じられます・・・

「横濱媽祖廟」からの眺め・・・



「横濱媽祖廟」(よこはま まそびょう)の廟の前から牌坊(はいぼう/門)を眺めています・・・

「媽祖」は実在した人物で、子供の頃から才知に長け、16歳の時に神通力を得、邪気を払い、人々の病を治し、世のために尽力したとか・・・そして修行を終えた28歳の時に天に昇り、その後紅い衣を纏った彼女が海の上を飛び、難民を救助している姿が目撃されたので、中国では廟を建て、海上の安全を守る女神として彼女を祀るようになったそうです・・・

ここ「横濱媽祖廟」の開廟は2006年3月と比較的新しく、媽祖を始めとした三神が祀られていて、恋愛成就や安産をお祈りする参拝者が多いそうです・・・ちなみに、女性の神様なので、ご神体の周りの掃除は男性が行なうのだそうです・・・

日本の神社仏閣の侘びた佇まいも素敵ですが、鮮やかな中国の寺院も魅力的ですね・・・

横濱中華街 関帝廟 本殿の龍・・・



こちらは、横濱中華街 関帝廟(かんていびょう) 本殿の屋根の上にいる「龍」です・・・

横濱中華街 関帝廟は、1873年に居留民の方々によって小さな廟が建てられたのが始まりで、その後次第に境域が拡張され、本格的な廟の改築等が行なわれたそうです・・・

祭神は後漢から三国時代にかけて活躍した三国志の英雄である関羽を主神とし、他には玉皇上帝・観音菩薩・地母娘娘・土地公といった神々がこちらに祀られているそうです・・・

現在の廟は1990年に完成した「4代目」ですが、こういった屋根の上の見事なガラス細工を見ると、由緒があるだの何だの、そんな事はどうでもいいと思う程に心を奪われます・・・

商売繁盛、平和祈願、家内安全・・・神様に祈る心は、人類みな同じです・・・

横濱媽祖廟の彫刻・・・



こちらは、「横濱媽祖廟」(よこはま まそびょう)の建物の彫刻です・・・

「媽祖」は実在した人物で、子供の頃から才知に長け、16歳の時に神通力を得、邪気を払い、人々の病を治し、世のために尽力したとか・・・そして修行を終えた28歳の時に天に昇り、その後紅い衣を纏った彼女が海の上を飛び、難民を救助している姿が目撃されたので、中国では廟を建て、海上の安全を守る女神として彼女を祀るようになったそうです・・・

ここ「横濱媽祖廟」の開廟は2006年3月と比較的新しく、媽祖を始めとした三神が祀られていて、恋愛成就や安産をお祈りする参拝者が多いそうです・・・ちなみに、女性の神様なので、ご神体の周りの掃除は男性が行なうのだそうです・・・

世の奥様方、旦那様に暮れの大掃除をさせたい際にはぜひこの話を引き合いに・・・
もし逆らった場合には、「お前は神に逆らう心算か?」と蹴り倒しましょう・・・w
(我が家の場合は、決してシャレになっておりませんので、割愛させて頂きます)

日本の神社仏閣では、この様に屋根を支えている部分を尾垂木(おたるぎ)と呼ぶのですが、はたして中国の建物の場合は、何て呼ばれているのだろう・・・?

箱根 仙石原「リ・カーヴ箱根」の料理・・・その1



夏の旅行の際、私達が宿泊した箱根 仙石原の「リ・カーヴ箱根」の料理の一部です・・・

中央奥より時計回りに「湯葉と茄子の野菜あんかけ」「鴨ロースと白葱の焼き葱あん」
「冬瓜蒸し」「海老しんじょ」「もろこし豆腐」「鰻のけんちん蒸し」その数は60種類とか・・・

自分の好きな料理を少しずつ・・・そんな食事が嬉しくなってきた今日この頃・・・
(このブログ「時たま日記2」を見たら、あまり説得力はございませんが・・・)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
  • 2018年「新年」のご挨拶・・・
    幹事長 (01/03)
  • 2018年「新年」のご挨拶・・・
    末吉 (01/02)
  • 憩い処 三陸の「煮魚定食」(日替わり:ソイ)・・・
    幹事長 (12/26)
  • 憩い処 三陸の「煮魚定食」(日替わり:ソイ)・・・
    末吉 (12/25)
  • 成田山の「紅葉」・・・その10
    幹事長 (12/03)
  • 成田山の「紅葉」・・・その10
    末吉 (12/02)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM